昨日の深見東州先生のラジオ番組、「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」を聞いた方は既にご存じでしょうけども、また、本日の読売新聞にも広告が出ていましたので、それをご覧になった人もいるでしょうけども、3月17日から深見東州バースデーフェスティバルと称して、3つのイベントが行われる予定です。

深見東州バースデーフェスティバル

毎年、この3月18日には、深見東州バースデー書画展が開催されていました。もちろん今年も開催されますが、今年は1日づらした3月19日からラフォーレミュージアム六本木での開催になっています。毎回進化していく深見先生の絵画作品ですが、今年はどんな作品を新たに描かれているのか楽しみです。

それで、3月18日には、「世界の医療と、国際政治」サミットが行われます。これは六本木ヒルズ内にあるグランドハイアット東京で開催されるそうです。無料ですが、1000人程度しか入場できないようです。エボラウイルスの発見者であり、生涯をHIV/エイズの流行と闘い続けているピーター・ピオット氏などの専門家を世界から招き、世界開発協力機構の主催で行われるパネルディスカッションになるようです。今や、グローバルヘルスは、先進国首脳会議などでも主要課題に取り上げられる、重要な課題となっています。今回は、その現状の課題や、国際政治の中での推進などについて、とても示唆に富んだ討論となるのではないかと思います。昨年の世界人権サミットに続いて、とても重要な世界の問題に取り組まれます。

そして、3月17日は、「深見東州と、友人達のコンサート」が、舞浜アンフィシアターで開催されます。ここは、以前、ビル・クリントンやコリン・パウエルを招いて世界オピニオンリーダーズサミットが開催されたところです。 元々はシルクド・ソレイユの専用会場として造られたところでした。半円形の独特なステージがあり、上から見下ろすような観客席で2000人程度の収容人数だそうです。こちらで開催されるコンサートでは、さぞかし華やかなステージが繰り広げられることでしょう。

今回のコンサートは、何と言っても出演者が、またまた信じられないほど素晴らしいです。昨年のカレーラス、ドミンゴと共演されたコンサートでも、みんな驚いていましたが、今回は、世界的に有名なプロデューサーのデイヴィッド・フォスター、全米で大ヒットを飛ばしたプロデューサーのベイビー・フェイス、シカゴ最盛期のリードボーカリストのピーター・セテラ、英国の歌姫キャサリン・ジェンキンス、スパイス・ガールズのメラニー・チズム(通称メルシー)、そしてマイケル・ポルトンの6人という、超豪華スターたちとの競演になります。

スパイス・ガールズは、とてもキュートなメンバー揃いで、しかも一人一人が個性的でした。ベッカムの奥さんのヴィクトリア・ベッカムは、今でもよく話題になりますが、1990年代後半、日本でもスパイス・ガールズは大人気でした。ソロになってからも、今回来日するメラニー・チズムはかなり成功を収めているようです。ヴィクトリアは、ベッカムと一緒になり、また、ファッションデザイナーとしても成功し、今は音楽活動はしてないようです。ただ、2012年のロンドンオリンピックでは、閉会式にスパイス・ガールズが再結成して歌いました。

 

メラニー・チズムは、今回、どんな歌を披露してくれるのでしょうかね、とても気になります。

メラニー・チズム

スパイス・ガールズの曲でしたら、こんな曲を聴いてみたいですね。

かっこいいPVです。これで世界中を虜にしたんでしょう。人気が出ないはずがないですね。

それから記念すべきデビューはこの曲でした。

歌って踊れるガールズグループとして、あっという間に世界中で大ヒットしました。弾けるような魅力に溢れてますね。

そして、スローなナンバーですが、この曲も好きでした。

もう一曲だけ聴いてみます。

これもイカしたダンスナンバーです。

 

2000年に活動を停止した後、ソロの歌は、あまり馴染みがありませんが、なかなかかっこいい歌を歌ってます。

メラニー・チズムのソロから、2曲聴いてみましょう。

メラニー・チズム

 

そして、キャサリン・ジェイキンスというイギリスの歌手ですが、この方も綺麗な方ですね。幾つか動画を聞くと、完全なクラシックの歌い方です。ただ、ポビュラミュージックも上手に歌うようです。

キャサリン・ジェイキンス

ライブからアメイジング・グレイスを聴いてみましょう。

メゾソプラノの声質のようです。とてもキュートで、しかも素敵な声に、癒されます。デビュー早々、イギリスで大ブレイクしたそうですが、それもうなずけます。デビュー年に、クラシックのジャンルにおいてマリア・カラス以来の最大で最速の売り上げを記録したそうです。

次は、ハレルヤを聞いてみましょう。あのメサイヤのハレルヤではありません。レナード・コーエンが作曲したもので、これも大好きな曲です。多くのアーティストがカバーしてますが、このキャサリン・ジェイキンスの歌うハレルヤも泣けてきそうです。

次は超有名な曲で、タイム・セイ・グッドバイです。深見東州先生が歌われたタイム・セイ・グッドバイが、私はとても好きですが、今回のコンサートで、もしデュエットが聞けたらもう最高ですね。

それにしても、うっとりするようなPVでした。

次はミュージカルの曲で、ミュージック・オブ・ザ・ナイトです。レパートリーもですが、幅広いジャンルの歌を歌えるようです。深見東州先生ほどではないかもしれませんが。

では、次はデュエットで歌っているのを聴いてみます。ケルティック・ウーマンのユー・レイズ・ミー・アップです。これもとても好きな曲です。

個人的に好きな曲ばかり選んでますが、とても素敵に歌っています。

次は、アベ・マリアですが、深見先生作曲のアベ・マリアも素晴らしい曲ですが、こちらも定番の素晴らしい曲です。

では、ラストになりますが、今回来日するデイヴィッド・フォスターがピアノを弾いています。アンドレア・ボチェッリとのデュエットで、アイ・ビリーブです。

 

キャサリン・ジェイキンス

追記
観てきた感想などを書きました。よかったら以下もご覧ください。

デイヴィッド・フォスター出演「深見東州と、友人たちのコンサート」を観て

おすすめの記事