toggle
2013-10-26

アカスリ半田劇場、インターナショナルな共感を得る


今日は、アカスリ半田劇場5の紹介です。

 

10月23日スポーツニッポン紙面より
スポーツニッポン10月23日付紙面より

 

最近の深見東州先生は、海外の著名人を多数呼んでのスポーツ平和サミット、オピニオンリーダーズサミット、トップミュージシャンとの共演など、誰もやったことが無いようなすばらしい活動を次々と開催され、専門家やマスコミからも高く評価される大成功をおさめておられます。その企画から運営まで、すべて深見東州先生を中心に、スタッフさんたちでされているそうです。

海外の著名人たちを多数呼び、大成功するためには、高いコミニケーション能力が不可欠です。それも単に英語が上手に話せるというだけでは、真のコミニケーションにはいたらないようで、やはり相手の国の文化を学び実戦し、そして自国の文化を学び実戦し、そういう土台の上に堪能な語学力があって、はじめて友人としてのコミニケーションへとつながっていくようです。そこまでの深い信頼関係が大勢の著名人との間にできていたからこそ、これだけ大きな規模での開催ができて、さらに内容もすばらしいものになっていくのでしょう。それがわかっていても、なかなかそこまでやれる日本人はいないと思います。

 

それから、その海外の文化を学ぶにしても、海外に足を運び、わざわざ本場の一流の先生を探して学ばれるそうです。そこまでされるので上達が圧倒的に早く、相手国の文化の神髄をしっかりと吸収できるのでしょう。それには高いレベルの語学力が身に備わってなければ到底無理な話です。そういう意味で、大学時代を賭けて修得された語学力が、いかに大事なものであったかがわかります。学生時代に、今のような世界を相手にインターナショナルな活動するための基礎を、しっかりと培っておられたわけです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA