3月17日舞浜アンフィシアター「深見東州と友人たちのコンサート」、観てきました。ゴージャスなすぱらしいコンサートでした。リハーサルの都合でしょうか、30分ほど開演が押しましたが、デイヴィッド・フォスター一行は、前日もバンコクでのコンサートが開催されていたそうなので、無理もないでしょう。ベイビー・フェイスとキャサリン・ジェンキンスは、日本で合流のしたようです。なんでも、デイヴィッド・フォスターは、バンコクで食べ物のトラブルがあったとのことですが、でも元気そうでした。

DVDでは観て知ってはいましたが、やはり、デイヴィッド・フォスターのステージパフォーマンスは素晴らしいですね。世界の超一流のエンターテインメントとは、彼のような人物のことを言うのでしょうか。そしてまったく気取らない、気さくな人柄に感じました。また、観客を楽しませようという、とても温かいものを感じますね。それは、いつも深見東州先生に感じていることと似ていますが。

まずは、深見東州先生が登場されて、日本歌曲やアニソンを数曲歌われました。ここ数年は、コンサートで何度も聴いてきた深見東州先生の歌声ですが、歌に力がありますね、パワフルなというよりも、エネルギッシュな力強さを感じます。65歳とは到底思えません。いや、年齢を聞かなければ、だれもそう思う人はいないでしょう。声に張りがあって伸びやかですし、20年前の声質とは違いますけど、とても若々しい声だと思います。

伴奏は、いつも弾いてる木村裕平氏でした。このときの歌は、さすがにデイヴィッド・フォスターも知らないでしょうからね。途中からニュージーランドから連れてきたというピアニストに交代してました。

デイヴィッド・フォスターのステージは、1988年カリガリーオリンピック公式テーマ曲のウィンターゲームから、始まりました。 いい曲です。これもデビット・フォスター作 というのは、最近まで知りませんでした。

ここでデイヴィッド・フォスターは、この中に偉大なシンガーはいないの、と、客席のみんなに向かって呼びかけます。一瞬エッとなりますが、だれかが名前を挙げると、デイヴィッドは、その人を前に呼んで、ちょっとしたリハーサルをします。それで、OKということになって、その人はそのままステージにあげられ、なんとアメイジング・グレイスを演奏に合わせて堂々と歌われました。素晴らしかったです。こんなこともされるのかと驚きますが、まるで、映画のシーンのようでした。単なるファンサービスというよりも、まさかこうやって、新人のご当地シンガーを掘り当てているのかなと感じたのは、私の思いすごしでしょうか。でも、アメリカとだったら、本当にこんなことから歌の才能を見出され、その後大スターの道を歩んだ人がいますからね。マイケルブーブレなんかも結婚式で歌ったことで、デイヴィッド・フォスターから見出されました。あながち夢ではないかもしれません。この後も、もう一回、今度はホイットニーヒューストンが歌った、「アイ・ハブ・ナッシング」を歌えないかいと聞かれて、再びステージで熱唱しましたから。プロの方のようですし、今後の成功につながるといいですね。

深見東州先生も、この日2度目のステージに登場され、デイヴィッド・フォスターと楽しくお話しのやりとりをしつつ、数曲ジャズなどのナンバーを歌われます。本来は他にいろいろなことをされるので、生粋のミュージシャンというわけではありませんが、それでも、こういう海外の一流ミュージシャン達に混じってのステージでも、まったく違和感を感じないのがすごいですね。海外の音楽を愛していても、それに負けてたまるかという、深見東州先生の日頃の気骨が、堂々たるステージになっていく秘訣なんでしょう。音楽の世界のものすごいキャリアと実績を持つ人たちばかりなのに、まったく見劣りすることなく、引け目も負い目もなにも感じさせないところにも感心してました。

そのケニー"ベイビー・フェイス"エドモンズ、ピーター・セテラ、メラニー・チズム、キャサリン・ジェンキンスのステージも、最高でした。詳しく書いてると長くなるので、次回に譲りますが、ラストでは、イマジンを皆で熱唱され、手を取り合って、いつもの挨拶をして終演となりました。時間もあったのでしょうけど、アンコールは、深見先生のオーソレミヨとデイヴィッドの曲で、名残惜しい、夢心地のすばらしい一夜が終わりました。

あっ、それから、深見東州先生のために、出演者の皆さんと、来場者で、ハッピーバースデーの祝福の歌を贈りました。このようなすばらしいステージを日本でみることができるように尽力してくださったことにも感謝します。イチゴのホールケーキを見事なパフォーマンスでカットされたのも楽しかったです。65歳のお誕生日おめでとうございました。

3/17深見東州と、友人たちのコンサート

おすすめの記事