昨日の東京国際コンサートのことが、ネットのニュースで報道されていました。

「世界一のソプラノ」ルネ・フレミング 美声で新国立劇場の聴衆魅了

世界芸術文化振興協会(IFAC)主催「東京国際コンサート」が18日、東京都渋谷区の新国立劇場オペラパレスで開催された。
「世界一のソプラノ」と称される米国の歌姫、ルネ・フレミング(55)のコンサートをメーンに、IFAC半田晴久会長(63)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の歌や演奏が会場を魅了した。
「日本全国の皆さんに当代随一と言われるソプラノ歌手の円熟した歌唱を聴いていただきたい」。そんな半田会長の願いから、親交の深いフレミングのコンサートが無料で公開された。場内はもちろん満席で、半田会長は第1部でモーツァルトの歌劇「ドン・ジョバンニ」の「窓辺においで」などに乗ってバリトンを響かせた。
クライマックスは第2部。8年ぶり3度目の来日となったフレミングはモーツァルトのコンサート・アリア「私の感謝をお受け下さい」を皮切りに美しい歌声を披露した。13年にグラミー賞最優秀クラシック・ソロボーカル賞を受賞したほか、今年2月のNFL王座決定戦「スーパーボウル」ではクラシック歌手として初めて国歌斉唱を担当。世界的歌手の美声は、この日会場に集った全員を感動させた。[ 2014年6月19日 09:47 ]スボニチ
 世界的な超大物歌手のルネフレミングが日本に来るというだけで、クラッシックファンを中心に、大騒ぎだったのではないでしょうか。私は、そこまでのクラシックファンというわけではありませんが、ドキドキしながら観に行きました。幸いにしてチケットが当選したものですから、大変なラッキーでした。また、くわしい感想は後日にでも。
20140618-tokyo-concert
おすすめの記事