ワールドメイトでは、三宝荒神、蔵王権現、三面大黒天をお台所などに祀ってますが、個人的に、家に祀っているワールドメイト会員もかなりいると思います。考えると、経費削減や資金繰り、売上増進、人のつながりが広がるなどは、誰にでも必要なことです。会社を抜きにした個人レベルでも、収入が増え、無駄な出費が減り、家庭のやりくりが上手くいくことは、現実問題として最も切実な部分です。

ときどき宗教をやってる人で、お金儲けなんか考えてはいけないとか、まるで、お金を得るのがわるいことのように考える人がいます。お金よりも、もっと大事なものがあるということを言いたいのでしょけど、しかし、現実にはお金がなければ、何もできません。あたりまえのことですが、お金を稼ぐことに罪悪感を持つことには、私は抵抗がありました。しかし阿漕なことをして儲けるのは、これは多くの人を不幸にするので問題です。そんなことまでしてお金を得た場合、どういうことになるか、ワールドメイト会員はよく知っています。

また、お金があれば、そのぶんだけ幸せかというと、深い関連はあるでしょうけど、けっしてイコールとは言えないと思います。そのあたりのことは、深見東州先生の大金運に詳しく書かれています。とにかく、日本の神様のいいところはたくさんありますが、現生利益を否定されないところも、その一つだと思います。困ったときには、本当に助けてくれました。ギリギリまで努力は必要ですが、必ず、最後はなんとかしてくださるという、そんな気持ちになれるのが、日本の神様だろうと思います。ワールドメイトで、具体的に色々な神様の働きを知ると、ますます、そのことを確信しました。そして確実に、何回でも助けてくださる接し方、祈り方も知りました。そして、ちょっとづつ違う次元に引き上げてくださるのでした。
20150903_1472237
熊野本宮大社

前回は三宝荒神さんについて少しだけ書きましたが、次に蔵王権現さまがいらっしゃいます。この神は、現実界におけるありとあらゆる知恵を持つ神と、ワールドメイトでは聞いています。なので、会社でしたら、売上を推進するノウハウのアイディアやひらめきを与えてくれるありがたい神様です。そして降魔調伏の神でもあるので、どうもおかしな考えばかり浮かんでくるとか、ぐちゃぐちゃしているときなどに祈ると、つきものが落ちたようにすっきりして、頭が冴えてきます。元気もいただきます。

そもそも権現というのは、神仏習合思想の一つで、本地垂迹の考え方からきています。日本の神々は本地である仏様の垂迹であり、仮に現れるという意味で権現と言いました。ワールドメイトでは、神々の化身であり、次元界を下げて肉体や心の次元に最も近く現れたのが権現様で、そういう意味でパワーが強い、メイドインジャパンの仏様と言われています。三宝荒神さんや三面大黒天もそうですし、箱根権現、熊野権現もそうです。物質次元に顕現する力が強い、すなわち、一般的にいうところの、おかげというものに密着している次元といえるでしょう。

おすすめの記事