昨日は、関東全域にわたり、かなり大荒れの天候になりました。

 

なんと、千葉や横浜などでは、雷雨とともに雹まで降ったようです。

 

その原因は、上空にマイナス24度という、5月としては異例の寒気が流れ込んだためだそうです。そのため、上空と地上との温度差が非常に大きくなって大気が不安定となり、雹を伴う激しい雷雨や暴風に見舞われたり、積乱雲が発達して竜巻が発生したりするそうです。

幸いにも今回は、先日のような強い竜巻はおきなかったので、良かったですけどね。

 

ところで、ワールドメイトでは、今年もゴールデンウィーク中に神事が行われました。

私も休みを利用して参加してまいりました。

今にはじまったことではありませんが、ワールドメイトの神事に参加すると、本当にいろいろなことについて自分自身の勉強にもなります。今回は、日本の古代の歴史や神霊界のことについて、たくさん学ぶものがありました。

内容については、ここでは詳しくは書けませんが、神様のことを理解するのに一層役に立つ、ほかでは聞けないお話ばかりでした。

そして、単に知識を得た満足だけで終わるのではありません。その内容を知ることで祈りが通じやすくなります。結果として、世の中や個人にも、様々な形の良いことがおきたりします。今回も私の周りのワールドメイト会員に、さっそく何か良いことがおきていたようです。

私も新品の高価な服を譲ってもらうなど、ありがたいことがありました。ほかにも美味しい食べ物をたくさんいただいたり、そういうことがなぜか続きました。
別にそのことを神様にお願いしたのではありませんよ(笑い)。でも何か証があると、やはりうれしいものです。そして、なにより神様が実在されることを強く実感できますからね。その確信力が、ますます良い循環を生み出します。

おそらく神様も、そのことを教えるために証を出されている、そんな一面もあるのかもしれません。

実際のワールドメイトの神事では、日本と世界の平和や、人々の幸せを具体的に祈ります。

世のため人のために、大勢でそういう我が事を離れた純粋な祈りを捧げるから、神様も大いに喜んで下さり、参加したひとりひとりに対して、恵みを授けてくださるようです。
そして、その祈ったことについても、必ず良い方向へと自然に導いて下さいます。そこまで神様を信じきって、皆で祈るからこそ、大きく社会を変えていける神力を神様も出せるのでしょう。

そういうことで個人に出てくる証は、神様からのご褒美であり、その人の救済であり、信仰を深める教えという、一石三鳥になっているのかもしれません

おすすめの記事