東京では、7月にお盆の行事をするところが多いですが、全国的には8月ということで、この時期になると、お盆の行事が気になる人も多いでしょう。そこで今日は、ワールドメイトで聞いたお盆のお話などを、久しぶりに書いてみようと思います。

ところで、お盆というと、現在は全国的には8月の15日になっていますが、もともとは旧暦の7月15日がお盆だったそうです。それが明治政府の新暦採用にともない、東京などは新暦の7月15日、つまり今の7月15日ですが、政府が決めた新暦に沿った形でやっていくところが出てきました。ところが地方の農業が盛んな時代ですから、農作業の忙しいこの時期はなじまず、相変わらず旧暦の7月15日か、あるいは一ヶ月遅れの新暦の8月15日に、つまり今のお盆と言われる時期に全国的には行っていたそうです。

ちなみに旧暦の7月15日というのは、今でいうと、昨年の平成26年でしたら8月10日です。今年平成27年は8月28日になります。そして平成29年になると、9月5日となります。そのように、年によって大きく変わるため、現在では8月15日にするようになったそうです。ただし沖縄県は、いまでも旧暦の7月15日にお盆をしています。私がワールドメイトに入会した頃、沖縄から出てきている人の、9月の初旬頃にお盆で帰省しますという話を聞いて、初めて旧暦の7月15日のお盆のことを知りました。今は東京や沖縄など以外では、8月15日のお盆が大勢を占めていますが、それも戦後のもっと遅い時期になってからのようです。最近東京でも、それに合わせて8月15日にする人が増えているとか聞きます。お盆休みがその時期ですから、だんだんそうなっていくのでしょう。ちなみにワールドメイトでも、以前は7月と8月の2回ともお盆の供養をしていましたが、今は8月だけになっています。私も、以前は7月に供養しないと、どうも気分的にすぐれなかったのですが、最近は8月だけでも全然問題なくなってしまいました。

お盆に供養するのはなぜ

ところで、なんで、お盆になると供養するのかなと、疑問に思うことがあると思います。昔から日本では、年に二度、先祖の霊が子孫のところを訪れるという風習があったと言われています。なので祖霊祭のような行事をしていたようで、それが一つは正月となり、もうひとつが、仏教の盂蘭盆会と混じって、お盆になったのではないかと言われています。

本来の仏教には、先祖供養という思想は無いそうですが、日本には、昔からそういう先祖を大事にする習慣があったということになります。日本では、先祖崇拝が信仰の中核にあるわけです。もっというなら、先祖をどこまでもたぐっていくと、最後は神様にいきつくというのが、日本人の精神の根底にあるわけです。藤原氏でしたら、中臣氏から天児屋命まで遡るようなものです。だから、自分たちの大先祖は神社の神様、八百万の神々という思いが残っているのでしょう。

そして、ここからが大事なのですが、供養というと、浮かばれない霊を救済するようなイメージを私は持っているのですが、実際の供養の意味は、死者の霊に供え物をして冥福を祈る。または、仏法僧の三宝を敬い、これに香・華・飲食物などを供えることだそうなので、必ずしも救済の意味ではないようです。

供養はあまりやりすぎない

ここで、ワールドメイトで聞いた話ですが、供養はあまりやりすぎないほうがいい、ということでした。というのも、年中先祖供養をしている人が、実際にいるそうですが、まず供養が必要なのは、生前の行いがあまり芳しくなく、良い霊界に行ってない先祖なのだそうです。良い霊界に行ってる先祖は、基本的に供養を必要としていません。別に子孫に救ってもらわなくてもいいわけです。

そして良くない霊界に行ってる先祖を供養するにしても、時期が大事なのです。たとえばお盆の時期は、霊界から許されて帰ってきていますから、する必要があります。あとは回忌供養とか限られた時にするもので、年中やってると、霊界に帰ってゆっくり修行することもできず、霊も困ります。そして、そういう霊が始終そばにいることになれば、子孫の運気も悪くなってしまい、ろくなことはありません。供養のやりすぎは、考えものというのは、こういう理由を知れば納得できます。ちなみにワールドメイトでは、高い霊界に行ってる先祖にも喜んでもらえる供養がありますが、それは特別なものなので、深見先生のような方がお取り次ぎされなければ難しいでしょう。

それから家系を何代も遡ると、膨大な数の先祖がいますので、良くない霊界に行ってる先祖も、当然たくさんいることでしょう。なので、私は毎年のお盆供養は大切に行います。だいだい、自分や家族、親戚縁者をみてみると、先祖のレベルも多少はわかろうかというものです。ただ、先祖供養をしようと思っても、そこでときどき問題がおきます。たとえば、私の母方の実家ですが、お坊さんが酒飲みで、お経も短く、そのわりには何十万もお布施をおさめてるそうです。それで供養になるのかと、少々腹を立ててます。しかし、父方の実家は、丁寧なお坊さんで、しかもお布施も数万しかかかりません。まあ、いろんなお坊さんがいるのでしょう。葬式仏教などという批判も世間ではあるようですが、どこまで供養になっているのかは、私にはよくわかりません。私は、個人的にワールドメイトでも供養を申し込みますので、それで満足していますので、それ以上、実家の供養についてまでは顔を突っ込まないようにしています。聞けば、結構同じ悩みをお持ちの人は多いものです。そういう人も、ワールドメイトに入会してからは、安心されるようです。

入門先祖供養

ワールドメイトのお盆供養の証

ここで、少しだけ、ワールドメイトで体験したお盆供養の証を紹介します。私自身の体験と、別なワールドメイト会員から聞いたものを書いてみます。

⚫毎年欠かさずにお盆供養を申し込む私でしたが、ある年だけ、忙しくて申し込みがギリギリになってしまいました。今日が締め切りという時、その日の朝もバタバタしていると、突然、歯茎が痛み出したのです。おかしいな、虫歯のはずはないのになんでこんな時にと思う間もなく、どんどん痛みは増すばかりで収まりません。ひょっとして早く申し込んで欲しいという先祖からの戒告かなと、一瞬思いましたが、とにかく申し込むつもりでいたので、すぐ申し込みしたのですが、そうすると申し込み終わった途端に、あれ!!、歯の痛みが無くなってることに気がつきました。ああ、やっばり、先祖の関係だったのかなと思い、そんなにまでしなくても申し込むつもりだったのだからと思っていると、その日、ワールドメイトからメルマガがきて、その内容をみて吹き出してしまいました。それによると、今年は、歯茎が急に腫れて痛くなった人が何人も出ていますと書かれていたからです。あとから知ったのですが、わたしだけでなく、他にも同じ症状の人が、実際にいたのでびっくりしました。皆、申し込もうと思いながら、まだ申し込んでいない人でした。笑う場面ではないんですが、笑ってしまいました。ああ、ここまでしてくるぐらい、先祖もワールドメイトのお盆供養に期待しているんだなと、思い知らされた体験でした。

⚫今年もお盆供養はする予定だけど、あんまりお玉串も用意できないし、先祖には申し訳ないけど、少しだけにしておこうと思いつつ・・、でもなあ、1年に1回だけの先祖供養だし、ケチってたらダメだよねなんて、散々迷った末に、結局昨年並みの供養をしたのでした。すると、そのあとに実家に寄った時・・、えっ!、小遣いをなぜか親がくれたのでした。それも⚫十万も。先祖供養のお玉串なんてはるかにしのぐ、差し引いてもはるかに有り余るほどで、親よりも、先祖さんに感謝せずにはいられない私でした。くれたのは親なんですけどね。

⚫ある時、嫁ぎ先の分だけでなく、自分の実家の分も供養しようと思って、始めてそうしたところ、実家に大きな変化が起きました。母親に反発して仲が険悪だった弟が、なぜか母との確執が溶け出して、仲良くなってきたのでした。そして、母のことを気遣うようにさえなったので驚きました。さらに母親には、去年から始めたパート先での勤務待遇がぜんぜんよくなり、本人も驚いたようでした。また弟も、怒りッボイ性格だったのに、おおらかな感じになってきています。

⚫私の母方の祖母は大腸癌で亡くなりました。かなりお腹が苦しくて亡くなったようです。そして、お盆の前になった時、今度は母親がお腹が痛い痛いと言い出しました。それで病院に行くけども、原因がわかりません。私は、おばあちゃんじゃないかと思ったので、母に実家の先祖供養を進めて、ワールドメイトで受けさせました。そうしたら、嘘のように、お腹の痛みは消えてしまいました。そのあと、母は、夢の中で自分の母、つまり祖母が出てきて、なにかお礼を言っていたと言いました。私はおばあちゃんのお腹の痛みも無くなったのだと思いました。母もワールドメイトの供養の凄さを感じたようでした。

⚫うちの家族で、4人の兄弟姉妹のうち、一人一番上の兄だけが縁がなく、結婚していませんでした。いい歳になっていたので、もう兄も諦めていたようですが、ワールドメイトの先祖供養を初めて3年目のお盆のころ、突然縁談が持ち上がり、しかもとても気立ての良い人で兄も気に入り、とうとう結婚が決まりました。両親も、いい嫁が来てくれたと、本当に喜んでいました。

と、まだまだ無限に続きますが、これは全部事実です。似たような体験を持つワールドメイト会員は、他にもたくさんいます。正しい先祖供養の結果として、これらの証が出ていると私は思っていますが、ただし、必ず、こういう結果が出るとは限りません。その人やその家の持つ、さまざまな因縁の違いがあるからです。だけど、どんな人でもなにかしらの証を体験する機会はあると思います。もっと驚くような体験を持つ人も大勢いますし、小さな体験なら、日常茶飯事的に出ています。

体験すると本当の供養がわかる

最後に、お盆の時期になると、体がだるくなる人や、ボーとなる人がいます。もしもお盆に限らず年中そういう人がいたら、また別な問題になりますが、だいだい夏バテと思ってる場合が多いかと思いますけれども、事実はお盆のせいである場合がほとんどだったりする気がします。私も今はそこまではないのですが、お盆のころになると、毎年重だるくなっていました。でもワールドメイトに入会して供養を始めると、歴然と違いが出てくるのにびっくりしましたし、本当にお盆の時期は先祖が帰ってきているんだと確信しましたし、そして自分自身も救われました。

数年前、他の宗教団体から来た方が、はじめてワールドメイトのお盆供養で深見先生のなめらかな供養の言葉を聞いて、本当に感動してありました。これが本当の供養なんですねと、心底感じてあったようでした。たいていの人は、聞いているだけで涙が出てきますし、先祖霊が喜んでいるのを実感する人が多いです。わたしも、何度もそういう体験をしてます。特に一番最初の時は、今でも思い出しますが、供養が始まった途端に、まだなにもわからないうちから、勝手に涙が出てきたのです。なんで悲しくもないし、感動しているわけでもないのに、涙が勝手に流れるんだろうと思っていると、その次の瞬間に、先祖の顔が瞼に浮かんで、涙ながらに喜んでいる姿が見えました。そして同時に先祖の喜びが伝わってきました。ああ、これだったんだと、その時本当に嬉しくなって、もらい泣きした覚えがあります。これは、もちろん催眠術なんかではないですよ、言うまでもありませんが。だから、そんな体験をしていくと、ワールドメイトの深見先生が、いかに本物の宗教家であるのかが、わかってくるのでした。

おすすめの記事