ワールドメイトの深見東州先生は、昔から超ハードな日々を送られていますが、ここ数年は、今まで精進努力を積み重ねてこられたことが、ひとつひとつ世の中の知られるところとなってきました。それはご自身の多岐にわたる創作活動、芸術活動が高い評価を得ていることもありますが、フィランソロピー活動として、芸術文化、スボーツ、医療、福祉、教育、学術などの分野で支援を続けてこられ、また人権、青少年、貧困、災害、政治、経済、外交などに関する社会問題にも関わり、大きな貢献をされてきたことが、次々と新たな次元の交流へと広がって、どんどんスケールが大きくなってきたからではないかと思います。そして、それにともない深見東州先生には、重要な公務が増え続けているのだろうと思います。

 

したがって、ワールドメイトの純粋な宗教活動以外に、想像を超えた多岐にわたる活動をされているのが、現在の深見東州先生ではないかと思います。逆に言うと、ひとつひとつのワールドメイトの宗教活動、いわゆる御神業が、本当に貴重なものになってくるのですが、次々と紹介したい活動が出てくるため、ワールドメイトのことをなかなかじっくり書けてないのが現状ですね。

 

本当はそれだけではなく、神仏の世界のことは、もともと言葉で表現できない部分が多いです。また、気持ち的にも大事に胸にしまっていたいものがあるのも事実です。かっこよく言えば、天機漏らすべからずとでもいうのか、大事なものは話すと離れてしまうのが体験としてあるのも、なかなか書けない理由の一つです。ということで、今回のワールドメイトのゴールデンウィーク神業についても、とにかく想像以上に素晴らしく、魂の奥まで揺さぶられるすごいご神業だった、ということで、終わりになってしまうのでした。

ワールドメイトにいると、驚きと感動のない人生とはおさらばしますので、人生に退屈を感じる暇はありません。いい意味で忙しい毎日を過ごさせでもらっております。

 

驚き

 

それから、ワールドメイトの深見東州先生のことを語るときいつも思うのは、わたしにはとても語り尽くせるものではないということです。今までごちゃごちゃと書いておきながら、今さら何をと言われそうですが、これはずっと変わらない正直な実感です。それゆえに無謀にもチャレンジし、書いてみたいという欲望もありますが、ワールドメイトのことをシッカリ書いたブログやサイトが少ないのも、おそらく皆同じような気持ちを持ってるからではないかと勝手に想像しています。と、あまり内容のあるものを書けないことに言い訳をしつつ、今日も書く気だけはあるのでした。

 

深見東州先生のことを、もしも一言で説明してくれと言われたら、それは一言では絶対に言えませんが、とことわりつつ、神人合一した人なんですよと言いたいところです。しかし、それではまったく意味がわかってもらえないので、具体的には、日本を中心とした世界平和のために活動をされる、芸術家であり、フィランスロピストであり、経営者であり、また宗教家でもあります。と言いつつ、具体的にいろいろな活動を紹介したりします。

最近なら武道館のコンサート、世界オピニオンリーダーズサミット、ワールドメイト救急病院など、ワールドメイトの活動と、それ以外のあらゆる取り組みとを、一応分けて説明するでしょう。で、それらの活動をつなぐ接点が、さきほどの「日本を中心とした世界平和のために・・」になると思いますが、要するにあらゆる角度から総合的にとり組まないといけないから、いろいろな活動が必要なんですと言うでしょう。それだけを説明するのでも、深見東州先生の多面的な活動を詳しく知って、かつスラスラ言えないと説明できませんので大変です。私が文章で書いているのは、ひとつはそうやって覚えているという意味もあります。

 

それで、相手が話の飲み込みの早い人でしたら、なんで一人の人間に、そんなたくさんのことができるのか、そこの疑問に繋がっていくでしょう。その理由は、深見東州先生も出口王仁三郎のように、神人合一してるからですと言うかもしれません。そこでまた、出口王仁三郎がいかにものすごい天才だったかを、語らねばならないでしょう。幸い私はワールドメイトに入会する前に、王仁三郎に関する本をかなり読んでいたので、またワールドメイトに入会していっそう詳しい話を聞いているので、ワールドメイトの支部では話しませんが、語ろうと思えばそれなりに語ることはできます。

 

そして深見東州先生は自分の趣味や好みなどまったく捨てられていて、それどころか家族も持たれず、すべてを神様のためにと思って活動されているから、神様の寵愛を受けてあれだけのことを一人の人間ができるようになったと、私は思いますと言うでしょう。同時に自己実現をしたいとか、ああなりたい、こうなりたいという次元でなく、神様の目から見てこうなってほしいという願いを、人間として極限まで努力して磨いてこられた結果だと思いますと言うでしょう。だから本当の意味での無私無欲で、神様への信仰一筋な方なので、神人合一して人間とは思えないようなことができるようになられたのでしょうと。

それはさきほどの出口王仁三郎と一緒ですし、その出口王仁三郎が予言していた真打が実は深見先生なんですよと、わかったようなことを言うかもしれません。だからワールドメイト教祖という宗教家ではありますが、出口王仁三郎もそうでしたように、宗教の枠を超えて、あらゆることに万能でなければ神人合一とは言えないわけですから、深見先生こそは出口王仁三郎の後継者といえる本物の人物だというでしょう。また神とは真善美の3つの局面を持つことについても説明すると思います。

その神様が人類の平和を望んでいるけど、神様には肉体がないし、この世のことは人間が努力しなくてはいけないわけですから、出口王仁三郎や深見先生をはじめ、世界のしかるべき人々に期待し応援されるのではないでしょうかと言って、とりあえす終りそうです。

ただし、これではますますわからないといわれそうですけどね。

おすすめの記事