街はきらびやかな電飾の飾り付けで、X'masムード全開です。あとは当日を迎えるだけという感じですね。そして、キリスト教でなくても、神道のワールドメイトにもX'masセミナーがあります。そして、今年も児童擁護施設の子供たちがプレゼントを待っていてくれているでしょう。ワールドメイトでは、毎年全国の児童養護施設の子供達にクリスマスプレゼントを贈っているのです。12000人くらいの子供たちに、今、渡すことができていると聞きました。

クリスマスプレゼント

ワールドメイトでは、毎年クリスマスに、日本全国の児童養護施設の子供達に、文具や時計など、毎年中味をかえたクリスマスプレゼントを贈ってます。サンタクロースの、装束に身を包んだボランティア達が、全国の施設の子どもたち一人ひとりに、クリスマス・プレゼントを配って歩きます。最初は、1施設10人に満たない子どもを対象に始めたこの試みも、今では全国約200の施設、約12000人の子どもたちに膨らんでいます。これは、日本全国の孤児数の3分の1に相当する数字です。

ワールドメイトホームページより

そして、これはワールドメイトではありませんが、深見東州先生は昨年からXmasディナーショーを始められました。その収益金をアフリカのエイズ撲滅のために寄付したり、去年は南アフリカの子供病院を建設するプロジェクトに寄付されるなど、世界的な支援活動に役立てていらっしゃいます。

今年のディナーショーは昨日開催されました。少しでもお役に立てればと思い、思いきって私も今回は参加しました。

いやあ~、その面白かったこと楽しかった事。ディナーショーがあんなに面白いとは知りませんでした。感想は次の機会にでも書こうと思います。今日は、昨日楽しみすぎて、少しばて気味ですので・・・。

おすすめの記事