ワールドメイトに入会した会員が、深見東州先生のことを評して「いろいろな宗教を巡ってきたけども、ワールドメイトに来て一番救われたのは、教祖さんのギャグです」とか、「いろんな宗教を巡ったけど、どこにもない特色は、教祖さんが堂々とギャグをいうことです。それが楽しいし、救われます」というようなことをときどき言うそうです。たしかに深見先生はその通りの面白い方ですし、教祖然としてふんぞり返ったりされることもない、和気に満ちてるというのか、飾らない気さくな方です。

深見東州ギャグ

本当は教祖の権威づけを行い、とりまきのスタッフをぬかずかせ、いかにも宗教の偉大なる宗祖という風にした方が、宗教団体の運営として信者の定着を考える上ではよほど良いと思いますけどねと、笑いながら言われたりもしますが、実際にそういうことをされたことはありません。

大きな宗教団体の中には、権威のありそうな教祖と巨大で立派な伽藍があって、その威勢に圧倒されて素晴らしいと思い、信者が増えていくのかもしれません。そういうところが多いと思います。しかし深見東州先生は、神様のお取次者に過ぎませんからと言われて、傲慢ではなもちならないことはされません。そんなことをしたら神様のお取次ができなくなるからでしょう。深見先生はただ神様が動いていただきやすいようにと、ひたすら己を磨かれる日々を送られていると思います。

なにをやるにしてもトップになろうとか、そんな目的でされるのではなく、みんなが喜んで、感動したり驚いたりするような、斬新なものを生み出していきたいと思ってされているのでしょう。ワールドメイトも日本で50番目ぐらいの宗教でいいんですよと言われたりします。そんなことよりも、実質がどうなのかを大事にされていると思います。

自分一人でやっているのではなく、神仏とともに、みんなとともにやっているのだからと言われます。だから、たとえ組織が大きくなっても有名になられても関係なく、すべて神仏のおかげでやれているし、みんなとともにやっていて、一人でやれるわけでないからと謙虚にされているのでした。

権威で縛りつけるようなこともなく、ギャグを言われて楽しくされています。でも本当は大きな使命がある方であり、教団の運営の責任もあるし、多くの会社も経営され、公益組織の長も複数されていますから大変な苦労があると思います。

そして外国の宗教者は、人間として素晴らしい人がトップについているそうで、人望があり面白い人が多く、そういう人が残っているそうです。深見先生もそういうことをご存知なので、そのような生き方が自然とできるのでしょう。

おすすめの記事