2014年10月27日東京スポーツ

2014年10月27日東京スポーツの紙面より

本当にそうそうたるメンバーですね。ワールドメイトの知人は、これだけ世界的な人が一同に介しているのに、この会費は安すぎるねと言ってました。去年のクリントン元大統領と、コリンパウエル元国務長官のときも考えられないような豪華な顔ぶれでしたが、今回もそうですね。また三人のメインゲストに隠れてしまいましたが、米国のカートキャンベル氏も、ふつうでは会えない人でしょう。

深見東州先生は、なんでもその道の一番トップの人から習うとか、もっとも素晴らしい作品とかに触れる機会を持つことを推奨されていました。超一流の人には、そこまでのトップになった世界というものがありますから、そこにふれることで感化されて行くのでしょう。だから私もワールドメイトの知人も、できるだけそういう機会があれば参加したいと思っています。しかしそういう機会が仮にあったとしても、ある程度高額な金銭が必要だったりするのでなかなか思うようにはいきません。ところが深見先生が主宰する団体が行うと、極めて良心的なので本当にありがたいです。しかも、どこよりも素晴らしい人が来られますからね。

先日の世界の歌姫ルネフレミングの公演もそうですし、武道館で共演されたロッカーたちもそうでした。また年に一度、一流の能楽師による東京大薪能も開催されています。本当に日本の社会に貢献されてるなあと、つくづく思います。

芸術や文化面だけではありません。今回の世界オピニオンリーダーズサミットは、これから社会のリーダーになるような人にとって大きな刺激になったことでしょう。そして世界の平和と繁栄にとっても第一歩となるのではないかと思います。ますますこれからの活動に期待したいです。

おすすめの記事