今年も、あっという間に過ぎ去った感じがするのですが、人は、年を経るほどに1年が早く感じるという話もあります。かといって、今更、どうにもなるものでもありませんので、藤岡弘、さんの1秒に生きろというCMの言葉にもあるように、来年も、毎日の日々を充実させて、肉体の衰えに鞭打ちながら(笑い)、心だけは若々しく頑張っていきたいと思っています。

ということで、今年も、これが最後の記事になるかと思います。

 

ちょうど先日、ニコラス・ケイジが来日し、ウェスティンホテル東京でのクリスマス絵画コンサート・ジュエリー・時計展示会に来場していた頃、東京ヴェルディに新しい胸スポンサーが決まったというニュースが報道されていました。この2年間は、深見東州先生が会長をされている国際スポーツ振興協会がメインスポンサーでしたので、どうしたのかなとワールドメイト会員の仲間とも話していたのですが、先日、その理由が国際スポーツ振興協会のホームページに掲載されました。真相を知って、正直私もびっくりでしたが、深見東州先生も思い切った発表をされたものだなと感じていました。

 

 

 

 

いきなりスポンサーを降りることになったので驚きはありましたが、このようなケースは、おそらく社会の色々なところで起きていることなのでしょう。だからといって、やって良いこととは思えませんし、当然、良識を疑うというような意見も、インターネット上にたくさん見られました。

ただ、深見東州先生とヴェルディのフロントの間には、何の行き違いも、問題もなかったことも書かれています。ゼビオさんの、社会通念上の良識や礼節のなさ、それに対する我々の怒りを文書で表明し、ヴェルディの選手やサポーター、他のスポンサーに対し、説明をする責任を感じると書かれていましたね。

 

その上で、大口株主になると思われるゼビオさんの意向に逆らってまで、法的な措置をとり、ことを荒立てても、なんの解決にもならないどころか、せっかくの上昇機運に水を差しますし、サポータやファンをがっかりさせてしまうし、また、フロントの方達も困ってしまうと、思われていることもわかりました。

それだったら、こんなことを公にしなくても、黙って去って行って欲しかったというような意見もありましたね。私も最初はそれでも良かったのではないのかなと思いました。深見東州先生は、礼節や信義を非常に大事にする方なので、今回のような対応に対しては、はなはだ遺憾に思われているとは思います。だからと言って、大人の事情というのか、ビジネス優先の企業倫理も熟知されている方なので、グッと堪えることくらいは慣れていて難しいことではないかと思います。

 

 

ただ、もう一度しっかりと読み返してみると、このような内容を発表した方が、やはり良かったのではないかと思えてきました。

これは個人的にそう感じただけなので、実際のところは違うかもしれませんが、一つだけ引っかかる部分があったからです。

それは、フロントの方達の話が真実だとして、ゼビオさんは明確な理由を言われなかったという部分でした。インターネット上には、ゼビオさんの意向もよく理解できるという意見もたくさんあるように、だいたいの想像がつく理由ではありますが。

 

でも、それをはっきりとは言われなかったようです。それはそれで構いませんが、でも、これは案外大事な部分だなと感じました。万が一、このようなケースで係争になってしまうと、なぜスポンサーを降ろすような言及をしたのか、その明確な理由も述べなくてはいけなくなるかと思います。でも、果たしてそれが、常識的にみて問題のない理由になるのだろうかと感じたからです。

国際スポーツ振興協会に対する一般的なイメージとしては、かなり誤ったイメージも日本ではあるように思いますが、世界的には、全く違う評価を得ています。それは簡単に証明できることかと思います。

もしかするとゼビオさんには、全く違う理由があるのかもしれませんので、そうなるとまた話は違ってきますが。

 

 

 

あくまで想像していた通りの理由であるとするならば、私の思いつきの話ではありますが、宗教に対する誤った見識や、差別的な対応に対する、一つの問題提起の意味もあったのかなと感じた次第です。

もちろん国際スポーツ振興協会は宗教団体ではありませんし、ワールドメイトから大きな寄付を貰っているというだけのことです。法的に問題もなく、欧米などの世界的な組織や著名人からの高い評価を見ても、非常に優れたスポーツ振興団体であるにも関わらず、このようなことが起きてしまう日本の現状と、ワールドメイトに対する過度に誤ったイメージからくると思われる良識を欠く対応に対する、ささやかながらも今後の課題として、あえて残されたのかもしれません。

もちろん、サポーターやファンの人たちへ、不本意ながら残念な結果になったことへの本当の理由の説明責任が、メインではあると思います。

 

いずれにしても、これで持って国際スポーツ振興協会も、また新たなチャレンジと社会貢献を、来年も続けていかれると思っています。そして、東京ヴェルディは、より強力なバッグアップ体制を確立し、素晴らしい選手たちの活躍とサポーターの力でもって、今度こそJ1に昇格し、J1での躍進を遂げられることを心より願います。

おすすめの記事