toggle
2014-05-15

みすず学苑は、地域・社会に貢献する成長会社


深見東州先生(半田晴久氏)が学苑長をされている「みすず学苑」のことが、中央公論の今月号(6月号)に掲載されています。「地域・社会に貢献する成長会社2014」トップへのインタビューという特別企画のようです。

激動期の今こそチャンスととらえて、中小企業にベンチャー精神を大いに発揮してほしいという企画側の思いがあるのでしょう。その良い指標となる、元気な会社がいくつか選ばれて紹介されていました。

みすず学苑の優れたノウハウについては、ワールドメイトではなく経営者やビジネスマン対象の菱研などで、何度か聞いた覚えがあります。今回の特集記事では、その一端も書かれていました。

深見東州先生(半田晴久学苑長)は、「生徒を100%合格させる予備校を目指して、本当に心のこもったマンツーマン指導を続けてきました」といわれるだけあって、実際に成績が伸びて志望校に合格できるよう、あらゆるノウハウを持たれているのを感じます。その素晴らしい研究力、徹底した工夫・努力は、予備校経営に限らず、深見東州先生のすべての活動においていえることだと思います。

要するに、深見東州先生は、人を幸せにする最高のプロフェッショナルだと言えるでしょう。興味のある人は、読んでみられると良いかと思います。

こちらは数ヶ月前、朝日新聞に掲載されていた広告です。このほかにも、みすず学苑のテレビCMなどは、強烈なインパクトがあるユニークなCMとして有名ですが、これにも志望校合格につながる意外な秘密があり、それが明かされてました。

 

 

みすず学苑広告みすず学苑広告みすず学苑広告

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA