大阪のオリックスホールで開催された、「進撃の阪神ロックコンサート」をHANDA.TVで視聴できます。もちろん一部ですが。ロックコンサートと言っても、演歌あり、アニメソングあり、ドラマの主題歌となった歌謡曲まで歌われます。そして、深見東州先生の歌を聞いてると、なんとなく気持ちが良くなってきますね。曲の調べやサウンドもそうですが、やはり深見先生の歌の奥にある、澄み切ったものがそうさせるのかなと思います。

冴えない時、元気がない時などにも、ワールドメイト会員は聞く人が多いです。そうすると、聞いてる人を元気にするだけでなく、良いことが起きたりすることもあるようです。もちろん歌唱力も声も抜群に素晴らしいのは言う迄もありませんが、それにさらにプラスαがついているんでしょうね。毎日でも聞いていたい深見先生の歌でした。

今週の金曜日には、「進撃の阪神 巨人演歌コンサート」が開催されますので、それも楽しみにしています。演歌好きなワールドメイト会員もいるので、見に行く人もいるでしょう。また、小林旭さんのファンの人も、おそらく全国から集うのでしょう。どんなステージになるのか想像つきませんが、きっと熱いステージになるかと思います。

進撃の阪神 巨人演歌コンサート

 



この歌は、小林旭さんの大ヒット曲のひとつですが、とてもいい歌ですね。小林旭さんの中では一番好きな歌です。

小林旭さんは、きちっと楽譜通りに歌うというより、そのときの乗りで、味のある歌い方をされる人だなと思います。ワールドメイトで、深見先生が歌いかたについてお話されたとき、音符通りに歌うこともできるけど、本当に上手な人は音符どおりにきちっと歌わないと言われていました。日本では、きちっと歌うことを教えるようですが、世界的な歌手になると、テンポやリズムを微妙に変化させて歌ってるそうです。アゴーギグとか、専門用語では言うようです。小林旭さんも、そのように歌ってるのでしょうか。そのほうが歌心を表現できる気がしますね。あさってはワールドメイトの知人と、「進撃の阪神 巨人演歌コンサート」を渋谷公会堂まで観に行きます。小林旭さんのすべての歌を聞いたわけではないので、できるだけネットで探して事前に聞いておこうと思ってます。

本コンサートは“進撃の阪神”深見東州と、“演歌の超大型巨人”で編成された、“東州演歌2人組”がヒット曲を歌うチャリティコンサートです。深見東州が、チャリティのために招聘した演歌の友人です。ゴルフの友人でもあります。プロデュースと司会も、深見東州が務めます。
今回の深見東州コーナーは、最初から最後まで演歌です。小林旭の歌以外の、素敵な演歌を歌います。超大型巨人の小林旭は、多くのヒット曲があり、何を歌っても素晴らしい歌手です。そして、心にいつもチャリティがあるのです。
なお、本公演は、エイズ撲滅のためのチャリティコンサートです。そのために2人は結集しました。収益金は、全て南アフリカのレソト王国にある、チャリティ団体「サンタバリー」に寄付されます。レソト王国は、人口180万人の小さな国です。しかし、エイズ発生率が世界3位で、国民の約23%がエイズに感染してるのです。この状況を、何とかしようと立ち上げたチャリティ団体が、「サンタバリー」なのです。本公演は、「サンタバリー」のエイズ撲滅運動を後押しする、チャリティコンサートでもあります。

おすすめの記事