山梨県側で、先週、地鳴りがあったとか。また、地震雲の専門家が、明日24日までに首都圏で地震が起きる可能性があるとか言ってるそうです。富士山の噴火を、どこかで感じてる人は、けっこういるようです。何もなくても富士山噴火というのは、専門家もそろそろおきてもおかしくないと思ってるそうです。

ただワールドメイトの富士箱根神業が、ひとまず無事に終わりましたので、個人的にはひとまず安心しました。今後は台風、洪水、地震などによる被害が出ないように願いたいです。火山噴火もそうですが、せっかく好調に向かいつつある日本経済の腰を折らないように、なにより被災して苦しむ人が出ないことを祈ります。

 

現在日本に向かって、猛烈な台風が2つ同時に接近しています。滅多に無いことです。また、このところ世界の太平洋プレートの境目で大きな地震が連続しておきています。日本もけっして油断なりません。それらの地震と連動するように、今月、静岡大学の地震学の教授らが、地震をおこすエネルギーが世界のどこに溜まっているか調査した結果を発表したようです。それによると、北海道沖、沖縄を含む南西諸島、小笠原諸島付近も、M9クラスの巨大地震を起こすだけのエネルギーを溜めているそうです。

 

http://www.asahi.com/tech_science/update/1004/TKY201310040341.html

20131023_591456

 

ただここには、この100年あまりのデーターで計算したせいか、南海トラフのような1000年に一度クラスの巨大地震の可能性のものが入ってない気がします。いずれにしましても、日本の周辺は、大地震がいつおきてもおかしくないというのだけは、改めて理解できました。ワールドメイト会員の私としては、このように人間の力ではどうしようもないものでも最大限の対策はしますが、最後はワールドメイトの神事に希望を託したいと思います。

おすすめの記事