toggle
2017-07-29

株式会社ミスズ「ハイゼック」ローンチパーティ&半田晴久社長の「ヤーマン&ストゥービ」 プレジデント就任


いろいろと、深見東州先生(半田晴久ミスズ社長)のビジネスに関する動きが活発になっています。今年はワールドメイトの活動もですが、公益活動とビジネスに力を入れると言われていましたので、ビジネスに関して大きな動きが出てきています。

これまで生業として、40年前から会社を経営されていたとはいえ、近年の芸術活動やスポーツの支援、様々な社会に益する公的な活動など、多忙を極めておられました。そのためビジネスに関しては、そこまで大きく広げられているようには見えませんでした。しかし今年になって海外ブランド時計のブティック店や、国内外の有名時計の路面店を矢継ぎ早にオープンされ、また、「ヤーマン&ストゥービ」の会社を買い取りオーナー社長になられていました。そして今回は、株式会社ミスズが、新たにハイエンドなスイスの高級時計ブランド「HYSEK(ハイゼック)」の総輸入元になったそうです。

 

時計のショップオープンに関しては、以下の記事を参考にしてください。

「ハンダ ウォッチ ワールド」(HANDA Watch World)西荻本店

HANDA Watch World 時計の恋人 キッスは手にして・西荻本店

さらに今後は、吉祥寺で自社物件による3店目のショップが、おそらく年内にもオープンするかと思われます。

 

すでにいくつかの新聞にも掲載されていましたが、スイスの高級機械式時計メーカーで、ゴルフ専用に特化したブランドの「ヤーマン&ストゥービ」を買い取り、オーナー社長に就任されたことを改めて発表されています。

大手資本ではM&Aが過去あったそうですが、日本の会社がスイスの時計会社を買い取ることは非常に珍しく、時計業界では、かなりの驚きだったそうです。

 

先方から話が持ちかけられたそうですが、スイス時計メーカーのオーナーになることによって、スイスの他のメーカーとのつながりも持てるようになるようです。それによりスイスの高級時計メーカーが、日本でより良い展開ができるように架け橋になられるつもりなのかもしれません。

日本市場は、腕時計に関してとても目が肥えているようです。世界の時計ブランドが日本市場に注目しているのは間違いありません。しかし、詳しくはわかりませんが、スイスの時計企業のやり方と、日本市場にはどうもギャップがあるのかもしれません。それで、より高い見地から、日本に合うビジネスのやり方を導入すれば、さらに時計業界も活性化し、結果として消費者である私たちも恩恵を受けることになるのかもしれません。

もしそうであれば、深見東州先生(半田晴久ミスズ社長)がスイスの時計企業のオーナー社長になられることには、単に1企業にとどまらない大きな意義がありそうです。

 

さて、今回のローンチパーティでは、様々な趣向があったようです。招待された知人に聞いた話では、ゲストがとても多彩だったそうです。

すでにインターネット上でも、いくつか取り上げられています。

 

 

まず、錦野旦さんです。深見東州先生が、「空に太陽がある限り」をよく歌われてましたので、若いワールドメイト会員も知っているかと思います。現在68歳だそうですが、若々しいのに驚いたと知人が言ってました。そして、深見東州先生が、「空に太陽がある限り」の一節をアカペラで歌うと、釣り込まれて一緒に歌ってくれたそうです。

ゴルフが上手なモデルの三枝こころさんと登場して、ランウェイを歩いたそうです。

 

錦野旦が平尾昌晃さん悼む「優しい人でした」 (日刊スポーツ)

歌手錦野旦(68)モデル三枝こころ(30)が26日、高級時計ブランド「ハイゼック」「ヤーマン&ストゥービ」発表会に出席した。

 

日本テレビやテレビ朝日でも、様子が放映されたようですね。

錦野、平尾さんとの思い出語る(テレ朝news)

錦野旦 平尾昌晃さんとの思い出明かす(日テレNEWS24)

 

それから、プロゴルファーのジャンボ尾崎、片山晋呉プロ、堀川未来夢プロ、長谷川祥平プロ、レジェンドレスラーの武藤敬司が登場し、やはりランウェイを歩き、深見東州先生とのトークショーもあったそうです。

 

 

 

 

 

 

動画もアップされています。

 


今年から国際スポーツ振興協会のアンバサダーになったジャンボ尾崎の、腕時計をするのは30年ぶりという話にはびっくりしましたが、ヤーマン&ストゥービの時計をたいそう気に入ってるので安心しました。ヤーマン&ストゥービのアンバサダーにも就任してましたね。

 

通算優勝回数 113回という、世界プロツアー最多勝利をするだけあって、深見東州先生も絶賛されてますね。なんでも、青木功プロから永遠のライバルだと言われた時に、俺はそうは思ってない、俺のライバルはタイガーウッズだからと、半分本気で言っていたこともあるそうです。それくらいの気持ちを持っているので、あの大記録が生まれたのかもしれません。また、今日まで現役でプレーし続ける気力も生まれるのかもしれません。

 

それから片山晋呉プロが、中学生の頃に「強運」を購入し、愛読書になっていたという話にも驚きました。パワーコールを活用していたんでしょうか?

「強運」の著者が、半田晴久会長だったことを知ったときの、さぞ驚いた姿が目に浮かぶようです(笑)。

 

そして、ハイゼックの時計を身につけた、ミスユニバースやモデルたちが登場し、ランウェイを歩いたそうです。今回参加したミスユニは、宮﨑京さん、今年のグランプリの阿部桃子さん、準グランプリで外科医の福岡佳奈子さんの3名です。

以下のサイトに写真がたくさん掲載されています。

 

阿部桃子:阿部祐二リポーターの娘が華やかドレスで 宮崎京や福岡佳奈子も(MAN TAN WEB)

「2017ミス・ユニバース」の日本代表で、リポーターの阿部祐二さんの娘・阿部桃子さんが26日、東京都内で開かれたスイス製高級時計のお披露目イベントに登場。阿部さんは、オレンジ色のロングドレスというファッションで、540個のダイヤモンドがちりばめられた1200万円の高級時計をアピールしながら、自身も日本人離れしたスタイルを披露していた。
イベントには「2017ミス・ユニバース・ジャパン」準グランプリの福岡佳奈子さんが紫のドレス、「2003ミス・ユニバース・ジャパン」の宮崎京さんはピンクのドレス姿で登場。3人で会場を華やかに彩っていた。

 

錦野旦、若さの秘訣は「お洒落すること。これからという気持ちもある」(livedoor NEWS)

▼ 株式会社ミスズの半田晴久社長(左から2番目)を挟んでのフォトセッション

イベントを催したのは、株式会社ミスズ。その他にも、長年愛されるスイスの高級時計ブランド『HYSEK(ハイゼック)』も来場者に紹介しようと、歴代のミス・ユニバース、2003年ミス・ユニバース日本代表の宮崎京、2017年ミス・ユニバース日本代表の阿部桃子、2017年ミス・ユニバース・ジャパン愛媛代表の福岡佳奈子らもモデルに起用。煌びやかな演出も繰り広げていた。

 

 

 

阿部桃子さんのオフィシャルブログでも、楽しかった様子を見ることができます。

桃子の桃色事件簿!!

 

お母様がプロゴルファーで、本人もプロゴルファーを目指しているそうです。モデルとしても、今年ミスユニバースのグランプリに輝いたので、さらに忙しくなることでしょう。

 

この日、ミスユニバースの3人は、合わせると2800万円もの時計をしていたそうです。どんなものなのか、ハイゼックの実物をしっかり見てみたいですね。

 

 

ちなみに阿部桃子さんと福岡佳奈子さんは、6月11日の東京ヴェルディと名古屋グランバスのJ2の試合にも登場し、キックインセレモニーなどで、会場を盛り上げてくれました。あの時は、まだ、グランプリに選ばれる前でしたね。

東京ヴェルディ劇的な逆転勝利!久々のJ リーグ観戦

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA