ワールドメイトの深見東州(半田晴久)先生は、ワールドメイトができる10年くらい前に、会社を創業されています。

現在、関東において少数予備校として有名なみすず学苑、そしてファッション時計のパイオニア的な役割を果たした時計の事業を始められます。正しくは株式会社ミスズの中にみすず学苑などの教育事業部と、時計の製造や輸出入販売を行う商事部などがあるようです。

今回、新聞に掲載されていたのが、その株式会社ミスズの時計事業部が、イタリアの「ロベルト・カヴァリ by フランク ミュラー」の日本における販売代理店になるというニュースでした。

こちらが夕刊フジに掲載されたものです。

 

夕刊フ12/29

2015年12月29日付夕刊フジの紙面より

 

他にもネットで検索すると、たくさん出てきます。フランク・ミュラーといえば、機械式腕時計として独自の世界を築き上げた最高級ブランドですが、今回の商品は、イタリアのファッションブランドのロベルトカヴァリとのコラボで製作されたものなので、ファッションアイテムとして、お洒落で手軽につけられる感じに見えました。

ちなみにフランク・ミュラーのコレクションは、数百万から数千万する時計がほとんどで、中には億の時計もあるようです。誰が買うのでしょうかね、お金持ちの人しか買えませんが、フランクミュラー全体では年間4万本生産して1万4千本は日本で販売されているというから驚きます。著名人や芸能人でもつけてる人は多いそうで、独自にパーティなど開いて販売していくようなスタイルでも販売しているようです。高級セダンかスーパーカーを買う感じに近そうですが、どちらにしてもとても買えるものではありませんね。

 

ところで、今回のコラボで販売されるものは、そんなに高くないようです。と言っても10万20万くらいはしますが、あのフランク・ミュラーの名がつくものとしては、信じられないほど買いやすい設定になっています。ミスズの半田晴久社長(深見東州先生)によると、今回のは機械式ではなくクオーツを使用するので値段をかなり抑えられたとのことです。機械式になると、庶民にはなかなか手が出せない金額になってしまいますが、これならなんとかいけるかもしれません。

ところで、ミスズの代理店販売の発表会の様子が、なかなか華やかで良いですね。HANDA.TVでも、現在その様子を放映中です。数人のモデルによるファッションショーも見れます。土屋アンナも来てたそうですが、それは残念ながら放映されてませんでした。土屋アンナのツイッターには簡単な報告が書いてありました。

 

モデルや歌手として、タレントや女優としても活躍している土屋アンナですが、映画「下妻物語」のヤンキー役は良かったですね。あの映画はかなり面白かったので、それから気になり始めましたが、こんな関係で見るとは思いませんでした。

そのつけている時計でわかるように、かわいい素敵な時計に仕上がっているようです。フランクミュラーの個人的なイメージとしては、世界最高級の時計で、とっても斬新なデザインというのがありました。文字盤がバラバラに配置されてあったり、ネジを押すと針が今の時間に動くとか、1千年分の時を表示できる文字盤つきとか、機能的にも変わった時計もたくさんあります。そういうイメージからいくと、今回のコレクションはエレガントでクラシックな比較的オーソドックスなデザインと言えそうです。

フランクミュラーの時計

フランクミュラーのエヴォリューション

 

 

 

 

 

 

 

左は、フランクミュラーのエヴォリューション3−1という商品ですが、2億近いお値段がします。永久カレンダーが組み込まれ、時計の精度で一番の問題となる姿勢差を克服した3重軸式のトゥールビヨンで、見とれるような構造美も魅力だそうです。とても複雑な仕組みなので、このタイプは、どれも高額になるようです。右は、クレイジーアワーズという時計で、文字盤がバラバラに配置されているようですが、今の時間のところに針が一挙に飛ぶ仕組みになっています。よく考えられています。

 

なを、「ロベルト・カヴァリ by フランク ミュラー」のコレクションは2013年にオートクチュールのコレクションで初披露されたそうです。そして、今回2015年12月8日から、深見東州先生の株式会社ミスズを日本の代理店にして、日本初上陸なのだそうです。

あと、今回の発表会を記念したローンチパーティーに駆けつけたゲストについて、これも深見東州先生の人脈なのでしょう、世界のセレブリティが多数駆けつけ賑わったようです。

 

ミスズのローンチパーティ

 

右から、水泳の五輪金メダリストのイアン・ソープ、タイム・マネジメント・サービスのマルコ・シーバーCEO、エリザベス女王の初孫・ピーター・フィリップス氏の妻オータム・フィリップスさん、半田晴久ミスズ社長、エリザベス女王の初孫娘ザラ・フィリップスさんの夫で元ラグビーイングランド代表の主将マイク・ティンダル氏、ロベルト・カヴァリ・アジアパシフィック及びジャパンの今村幸CEO、2012年元ミスカナダで女優のサハル・ビニアズさん

 

半田晴久(深見東州)社長は「素晴らしい方々に愛していただいて、着けていただいた。日本の総エージェントとしてブランドを世界的に育てたい。日本市場は世界のブランドが集まるところ。最も品質に厳しく、細かく、繊細な市場。ミスズは36年、時計をやっている代理店ですから、世界一の高品質なものになるよう、細やかなチェックとアドバイスをして、一緒に育てていきたい」と話されていたそうです。

 

深見東州先生は、ビジネスマンとしても、本当に驚くほど優れた方です。だからこそ、信用できると思う人は多いでしょう。他にもいろいろと忙しい中で、予備校や時計関係の仕事を40年近く続けてこれたのは、その才覚もさることながら、確固たる信用を築き上げてこられたからだと思います。そうじゃないと事業も続かないし繁栄しないでしょう。その誠実な姿勢は、ワールドメイトという違う分野においても感じるところです。

また、ワールドメイトという宗教の教祖であることしか知らない人だと、なぜ経営者もやってるのか理解できないかもしれません。でも、それは牧師さんやお坊さんなどのイメージが頭にあるからでしょう。本当に優れた経営者が宗教者でもある例はたくさんあります。だから、何も驚くことはないですし、驚くとすれば、組織の規模は決して大きいとは言えませんが、いずれにおいても抜群の能力を発揮されていることでしょう。

 

『roberto cavalli by FRANCK MULLER』2015年12月8日日本初上陸

当日集まったモデルや女優さんたちの写真が掲載されていました。

 

挨拶をされる深見東州先生

挨拶をされる半田晴久(深見東州)社長

 

「ロベルト・カヴァリ by フランク ミュラー」

今回のコレクションの一部

 

ネットの紹介記事。

⚫️フランク ミュラー&ロベルト カヴァリ豪華コラボ時計 / デイリースポーツ
⚫️イタリアブランド「ロベルト・カヴァリ」×世界最高峰「フランク ミュラー」ウォッチコレクションが日本初上陸 / PR TIMES
⚫️土屋アンナ・大石参月・木下ココが美の競演 SEXYドレスアップで集結 / model press
⚫️フランク ミュラーとロベルト・カヴァリが協業したウォッチコレクション上陸 / Fashionsnap.com news
⚫️スイス高級時計が普及価格帯に参入! 日本市場に寄せる期待とは!? / マイナビニュース

おすすめの記事