人間の脳の働きは、近年、いろいろなことが解明されていますが、最近以下のような記事を見かけました。

 

アレン脳科学研究所の遺伝学者らは地球上の様々な地域に住む人々の脳に関する研究を行った。研究では人間とマウスの脳の遺伝子約1000個について分析が行われた。その結果、人間の脳はどんな人でもほぼ同じで、1000個の遺伝子のうち5パーセントのみが異なっていることが明らかとなった。

マウスと人間の脳の違いもそれほど大きくはない。例えば、人間とマウスの大脳皮質の視覚に関する領域の遺伝子地図は、79パーセントが一致しているという。

サイトArgumenti.ruより

 

つまり天才も凡人も95%までは同じで、わずか残りの5%の違いで、大きな差がついているということでしょうか。脳のわずかな部分まで使える人が天才になるのか、天才になったから脳が変わるのか?

おそらく、天才的な脳の使い方ができるように努力するから脳も変化し、やがて天才と言われるようになるのかもしれません。

 

ワールドメイトの深見先生と、誰が見ても天才的な人物ですが、ワールドメイト会員はもちろんそのことをよく知っています。

しかし最近は、ワールドメイト会員ではない、社会のそうそうたる方達が、深見東州先生の天才的な才能に気がついてきて、あらゆる方面への才能に驚かれているそうです。深見東州先生のことを知れば知るほどそうなることでしょう。

 

その深見東州先生を見ていると、やはり脳みその使い方が、どう見ても我々凡人とは圧倒的に違うことを感じます。もちろん、最初から天才だったのではなく、だんだん能力が磨かれてきたようです。

普通の人が、「もうここまでやったから良いだろう」と思うところから、深見先生の場合は、さらにひとひねり、ふたひねり、みひねりの工夫と研究をされていきます。そして、もうこれ以上はやれないというところまで努力したあと、さらに、人間の限界を超えたような努力をされ、これ以上続ければ死んでしまうのではないかと思えるようなところまで努力をされている、努力の権化のような人だと言えます。

そこまで努力されるから、誰も考えつかないような発想ひらめきが現れ、物事を成功させ、普通じゃない足跡を残してこれたのだと思っています。脳みその使い方が、圧倒的に違いますので、これが5%脳の違いなのかもしれませんが、常人の脳とは明らかに違うとしか他に言いようがありません。

 

 

ところで、最近ネットに「深見先生のプロフィールが多すぎて」と揶揄するような感じのことが書かれていました。「多すぎて・・」というのは簡単ですが、そのプロフィールの裏に、どれだけの血のにじむような、命を削る努力があったかまでは、全く想像もつかないのでしょう。私のような古いワールドメイト会員でさえも、いつの間にこんなことまでされていたのだろうと思うことが、度々ありますので、いっしょに活動されたことがない人にすれば、全く無理もないこととは思います。おそらく、何の苦労も実力もないのに、巧妙に肩書きを手に入れたと思われたのかも知れませせんね。

 

しかしながら、深見東州先生のプロフィールの全ては、現実的努力と、人望と、才能と、温かい人間的な魅力などの総合的な実力があって加わってきたものです。お金で買えるようなものではないし、またそんなことをするつもりもないでしょう。深見先生のプロフィールは、長い年月をかけて積み重ねてきたものの上に、結果として自然に備わってきたものであり、正真正銘の本物の実力からくるものばかりだといえます。

 

それが証拠に、深見東州先生から所望されて得られたものは皆無だそうです。社会や周りの人が高い評価を深見先生に与え、結果として、深見先生の身に肩書きとして加わってきたのでしょう。名誉や利権獲得に奔走する世俗な生き方などはされません。本当に私欲の無い誠実なお人柄を、相手も理解し、是非、深見東州先生にやっていただきたいと、公職や役職への就任が、相手側から要請されるのでしょう

 

カンボジアの政府顧問(閣僚級)や、在福岡カンボジア王国名誉領事、英国王立盲人協会(RNIB)副総裁、世界ブラインドゴルフ協会総裁、The LEGENDS Tour(米国女子シニアゴルフ協会〔WSGT〕)会長、一流大學の教授・・・などなどは、すべてそうでした。深見東州先生に対する敬意と信頼と、実力を見込んで生まれた結果であり、お互いの深い絆なのだと思います。そこからすばらしい人脈が、さらに生まれているのだと思います。

 

そういう深見東州先生の努力と、真心を感じる誠実な生き様を、古くからのワールドメイト会員は、時間軸で共有してきましたので、ある程度は理解していると思います。一朝一夕ではなく、ワールドメイトができる前からの、40年以上の歳月にわたる地道な努力の結果が、いま、ひとつひとつ実になって、世界から、社会から評価されているのだと、感慨を深くする次第でした。

おすすめの記事