仙台で開催された、深見東州先生のソロコンサート「ときめく・紅葉盛りコンサート」と、HANDA Watch World・仙台・たなばた時計店!のオープニングイベントに参加しました。

今回は、オリジナル曲のコンサートではなく、中島みゆきやの曲や、ダイアナ・ロスのIf we Hold on Together などがコンサートの予定曲に入ってました。個人的に、このダイアナ・ロスの曲や、中島みゆきの「地上の星」は大好きですので、とても楽しみでしたね。

 

ダイアナ・ロスは、モータウンの女王と言われ、シュープリームス時代からソロに転向した後も含めて、数々の名曲を残してきた偉大な歌手ですね。その中でも、日本では、最も人気がある曲の一つがこの「If we Hold on Together 」でした。日本では、私がワールドメイトと出会った頃に、大ヒットしていた記憶があるので、ひときわ思い入れがあります。

 

こちらがその曲ですが、ダイアナ・ロスをよく知らないという人でも、聞いたことがあるのではないかと思います。歌詞もとても素晴らしいですが、歌を聞いてるだけで涙が出そうになりますね。

 

 

この曲を深見東州先生は、オリジナルに忠実に歌われていました。英語の歌詞を歌うのは、日本人にとってはとても難しいと思いますが、しっかりと正確な発音で、かつ滑らかに歌うにはかなりの技術が必要になると思います。発音を適当に端折って、英語の雰囲気だけで歌ってる歌手も多いと思いますが、ここまで歌えるのは、さすがだなと感動しながら聞いていました。

今度は、「マホガニーのテーマ」なんかも聞いて見たいところです。

 

個人的な思い入れは、それくらいにして、このコンサートには、初っ端から深見東州先生が歌う「レッツゴー!!ライダーキック」に乗って、俳優の藤岡弘、さんが登場しました。

藤岡弘、さんの男らしい逞しい感じと、深見東州先生の軽妙なギャグが絡む、とても楽しいトークが、それからそれへと広がって行きました。

 

藤岡弘、さんはスターのオーラが輝いてましたが、とても誠実な方だなーとも感じました。藤岡弘、さんによると、日本古来から伝わる、東西南北の邪心・邪念を切るという意味がある、真剣斬りもされるそうです。それは日本人の心だと思うと言われてました。深見東州先生も、ワールドメイトでは似たようなことをされますので、お顔だけではなく、中身も本当に似ているのかもしれませんね。

それから世界中を回ってきて、カンボジアの現状もご存知だけに、深見東州先生のカンボジアでの支援活動を知って、ジーンと感動したことも、しみじみと語られていました。だから出会うべくして出会う気がしていたそうで、案の定出会いましたねと言われていました。

深見東州先生も、私とハートが似ているなと思ったそうですが、二人は相似形ですから、お互い社会を掃除して綺麗にして・・と、ギャグに走られました(笑い)。

 

 

実は、このコンサートの終了後にも、同じホテルの別会場にて、藤岡弘、さんとの対談が続きます。コンサート翌日が、HANDA Watch World・仙台・たなばた時計店!のグランドオープンで、そのテープカットの後に対談があるのかと思ってましたので、とてもラッキーでした。そこでは、さらにお二人の生い立ちにまで触れる、なかなか濃い、これまでのトークショーにはなかったような展開の対談となりました。

 

今回、HANDA Watch Worldのテレビコマーシャルに出演された藤岡弘、さんは、時計の音を聞いていると、心臓の音のように感じるそうです。ですので、時を刻むというのは、自分の命を刻んでいるんだなと、そう語られていました。また、「1秒を生きろ」という言葉がCMの中に出てきますが、1秒を大事にしない人は、自分の人生をおろそかにするのと同じで、1秒に自分の人生があると思う、と語られていました。

 

その藤岡弘、さんの言葉を聞いた深見東州先生は、臨済禅師の「即今目前聴法底の人」引き合いに出して、それは禅宗の「刻々のただ今に生きる」ということと同じだと思うと、まるで、ワールドメイトで聞くような話へと展開して行きます。

迎えず送らず。まだ来てない未来のことを考えすぎずに、過ぎたことに心を送らずに、目前の只今に生きるというのが禅の教えですが、これを藤岡弘、さんは剣禅一如で、体得されてるんですねと言われていました。

 

また、藤岡弘、さんは心臓が止まるまで生きるという思いで生きてるそうです。深見東州先生は、すかさず、心臓が止まると生きてられないと思いますけどと、ツッコミを入れられてましたが(笑い)。

深見東州先生によると、ギリギリまで来た時に生死を超えて飛び込んで行くことを禅では大死一番の底というそうですが、底とは腹という意味で、それが実は最も安全な道でもあるそうです。

藤岡弘、さんは何度も死にかかり、生死の境をさまよったことがあるそうですが、でもそんな時に必ず助けがくるそうです。何か自分を守ってくれているようなものがある気がするそうで、そういうものに対して感謝しているそうです。だから謙虚にならざるを得ないんですよと言われてました。そういう生死に関係なく、ここ一番で飛び込んで行く人だからこそ、そうなるのかもしれませんね。

 

ということで、すごくいいお話がたくさん聞けました。藤岡弘、さん自身も、今日はとても良い対談ができて良かったと、とても喜んでありました。また、聞く観客からも、すごくいい気が来る感じがするとも言われてましたね(笑い)。

 

グランドオープン前日のHANDA Watch World・仙台・たなばた時計店!

 

 

最後に、その藤岡弘、さんが出演するHANDA Watch Worldのテレビコマーシャルを紹介して終わりますが、藤岡弘、さんも改めて見るとすごいインパクトですね、と言われてました。たしかに、気合が入るコマーシャルです。

 

まず、15秒バージョンが2種類あります。「時計男」篇と「ダジャレ」篇です。それぞれの地域で、そこに近いお店の名前が入ったCMがテレビでは流れるようです。

 

 

 

 

そして、ダジャレ篇には、別バージョンがありました。こちらは、テレビでは流れないのかもしれません。個人的には一番インパクトを感じますが。

 

 

 

 

おすすめの記事