高校生国際美術展入賞者の全作品を、HANDA.TVで見ることができます。

優秀な作品に関しては、本人へのインタビューなども適宜挿入されていました。

主催は世界芸術文化振興協会で、深見東州先生(半田晴久IFAC会長)は、その会長を務められています。いうまでもありませんが、ワールドメイトとは全く別の団体です。

そして「高校生国際美術展」実行委員会最高顧問に文化功労者で東京芸術大学名誉教授の絹谷幸二氏が、「高校生国際美術展」実行委員会名誉会長に亀井静香衆議院議員が就任されています。

さらに今回も、文化庁、外務省、総務省、また複数の新聞社、たくさんの各国大使館が後援していました。

 

17回高校生国際美術展

 

入賞者の全作品を見たわけではありませんが、とにかく書も絵画も美術もレベルが高いです。この美術展を見ると、現在の日本の高校生のレベル、才能の豊かさを感じることができると思います。

絵の評価の基準のようなものは、私にはわかりません。写実的な絵画に関しては、ある程度の良し悪しはわかる気もしますが、そうではない、抽象的な絵画になると、ますます比較することなんて困難な気がしますね。

深見東州先生が言われていたのは、入賞するような作品というのは、その作品の前に立ったときにわかるということでした。良い作品というのは、何か訴えかけてくるものが、他の作品よりも強いのかもしれません。

ちなみに審査は、深見東州先生がされているのではなく、芸大や美大の教授、書家の方々がされているようです。ブリキのおもちゃ博物館館長の北原照久氏も審査委員の一人だそうです。

 

とにかく高校生が書いたとは思えないような作品ばかりなので驚きます。高校生には、まだ子供のようなイメージを持ってしまいますが、作品に関しては、少なくとも大人顔負けの才能をすでに発揮しています。深見東州先生によると、高校生は大人の始まりだと言われていました。

ただ高校生の場合は、荒げずりな才能であり、日本のきっちりと完成度を求める一般の大人の展覧会に出品しても、才能の芽を評価されないことが多いようです。ですので高校生だけに絞った美術展が大事になるのでしょう。

そういう才能の芽を評価し、キラリと光る才能を評価の基準にする高校生国際美術展の存在は、日本の将来を担う若い才能を育てる意味で、非常な大きな役割を担うように思います。

高校生のうちに、その才能を評価されることで、そのあともますます芸術活動に取り組んでいくことになるかもしれません。また入選して、立派な表彰式に参加できることは大きな自信にもなり、将来、プロとして活躍する道に進む人も出てくるでしょう。

そして、もう一つの大事な国際交流というものを通じて、インターナショナルな、早くから世界に視野を持つ高校生が出てくることでしょう。少なくとも、美術を通じて世界を意識する高校生が増えることは、日本にとっても、世界にとっても素晴らしいことだと思います。

 

それから海外の作品も、レベルが高くなっているなと思いました。毎年ずっと見ているわけではないので、単純な印象にすぎませんが、以前見た作品に比べると、東南アジアの国の高校生の作品などは随分と進化しているのではないかなと思いました。タイ、ラオス、ベトナム、カンボジア、フィリピン、ミャンマー、シンガポール、インドネシアなど、それぞれのお国柄を感じる絵にもなっています。

イギリスやロシア、アイルランド、イスラエルになると、また違った雰囲気を持ってますが、同年代の作品でも、国によって特徴が出るところも非常に面白いです。

 

 

今回の高校生国際美術展の様子がわかるものが、HANDA.TV以外にも、ユーチューブにもありました。作品をじっくり見ることはできませんので、それはHANDA.TVで見るようにしてください。

あと、最近は各県の知事賞も増えているようですね。内閣総理大臣賞や、マスコミによる賞など、もともと素晴らしい賞がたくさん用意されているのもこの美術展の特徴でしたが、そこにさらに知事賞も増えてきているようです。すばらしいことではないかと思います。

 

最後に、書の部と美術の部で内閣総理大臣賞に輝いた、お二人の高校生の感想を載せておきます。

書の部内閣総理大臣賞 「香紙切」
埼玉県立大宮光陵高等学校3年君島千帆さん

「大変素晴らしい賞をいただき本当に光栄です。今回受賞した香紙切に取り組んだことで、様々な表現力を高めることができました。古典を鑑賞しながら個性を味わうことが面白く、これからも書の文化にかかわっていきたいと思います。指導してくださる先生や、支えてくれる家族、仲間への感謝を忘れずに努力していきます」

 

美術の部内閣総理大臣賞 「春の目覚め」
愛知県立蒲郡高等学校3年山口岬姫さん

「素晴らしい賞をいただき、ありがとうございました。春には穏やかでやさしい印象がありますが、春の花の華やかさを取り入れることにより、生命感あふれる色彩豊かな絵を心がけました。日本の文化をデザインで伝えたいと日本画を学んできた経験を、これからの人生に生かしていきたいと思います。」

おすすめの記事