世界遺産アンコールワット展」で挨拶される半田晴久在福岡カンボジア王国名誉領事

世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」が、「行ってよかった海外観光スポット」を発表しました。それによると、1位は、3年連続でカンボジアのアンコールワットが選ばれたそうです。これは1年間に投稿された日本語での口コミを評価し、決定したものだそうです。つまりこの3年間はアンコールワット遺跡群が、日本人が行って良かったと思う海外スポットの、ずっとNo1だったんですね。カンボジアびいきのワールドメイト会員としては、カンボジアが選ばれたのは正直嬉しいです。しかも3年連続だそうですから、なかなかすごいことです。いったいどうしてこんなに人気が出たのでしょう。

 

福岡市博物館で開催された「世界遺産アンコールワット展」
福岡市博物館で開催された「世界遺産アンコールワット展」

ワールドメイトの深見東州先生は、フンセン首相の希望で在福岡カンボジア王国名誉領事に2008年のおわりごろ就任されました。もちろん、国内の領事館ですから外務省も承認しています。その後、在福岡カンボジア王国名誉領事館のホームページを見ると、積極的にカンボジア観光の架け橋になっていたようでした。

そして、カンボジア観光の目玉といえば当然アンコールワットです。2010年に、在福岡カンボジア王国名誉領事館は、7月10日から福岡市博物館で開催された「世界遺産アンコールワット展」を後援してました。日本初公開となる「クデイ仏」など、クメール文化の粋を集めた至宝の数々を4万人以上の人が観たそうです。

アンコールワット展開会式 こちらから動画も見れます。

世界遺産アンコールワット展」で挨拶される半田晴久在福岡カンボジア王国名誉領事
「世界遺産アンコールワット展」で挨拶される半田晴久在福岡カンボジア王国名誉領事

 

在福岡カンボジア王国名誉領事館は、カンボジアと九州をつなぐさまざまな交流を促進し支援していて、「アンコールワット展」後援もその一環だったそうです。そして他にも、定期的にさまざまな支援活動をされているようです。もしかすると、そういう地道な努力が気運となって、人気につながったのかもしれません。時期的にもぴったりですから。

 

実はワールドメイトの深見先生は本当に不思議な方で、何かを始められると、数年後にそのジャンルの事柄が世の中で脚光を浴びはじめることがたびたびあります。たとえば能楽を熱心に支援され始めると、能楽が世間から注目を浴びはじめるとか、とにかく偶然とは思えないです。先見性があるからなのか、あるいは強い影響力が作用するのか、いずれにしろ常人ではありえないことがおきます。そんな深見先生の強運の運気にあやかれるワールドメイト会員は恵まれてますけどね。

 

ということで、本日の元ネタになった記事を最後に掲げておきます。そのうち、全部行ってみたいところです。

 

今回のランキングは、昨年の7月から今年の6月に、5段階評価の満足度および口コミの投稿数などをもとに集計したもの。1位は、アンコールワット遺跡群(カンボジア)、2位はウユニ塩湖(ボリビア)、3位はマチュ・ピチュ(ペルー)、4位はルーブル美術館(フランス)、5位は最後の晩餐(イタリア)、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院にあるレオナルド・ダ・ヴィンチ作の壁画が選ばれた。ちなみに、1位に選ばれたアンコールワット遺跡群(アンコールトム、タ・プローム、バイヨン寺院などを含む)に対する口コミ評価は、「来たばっかりで、もうまた来たいと思える!」「朝、昼、夕方の楽しみ方のある世界遺産」「アジアの誇り」など、絶賛のコメントが並んだ。そして2位にランクインしたウユニ塩湖には、「想像以上の絶景」「一生に一度は見ておきたい景色です」といったコメントが寄せられた。3位に選ばれたペルーのマチュ・ピチュには、「長年の夢がやっとかないました」「まさに異次元の世界」「期待を裏切らない」など、苦労して訪れた旅行者の意見が集まった。ランキング全体の傾向としては、昨年に引き続き、ヨーロッパの観光スポットが32ヶ所と過半数を占め、アジアからは4ヶ所のランクインにとどまる結果に。国別ではアメリカが最多の11ヶ所(ハワイ2ヶ所を含む)、次いでスペインが6ヶ所、イタリア、トルコ、スペインが5ヶ所と続いた。また、50のスポットのうち、31ヶ所が世界遺産に登録されているスポットとなった。

おすすめの記事