ダスティン・ホフマンら豪華ゲストを迎え「クリスマス・てんこ盛りアート展示会!」がお台場で開催中

先月、映画「クレイマークレイマー」を久しぶりに見ました。

あの映画は、子供がいる既婚男性が見ると、必ず泣いてしまうと言われているらしいですが、私の場合は、自分がこの映画のようなことになりませんようにと(笑い)、そんなことを思って見た覚えがあります。

これは今の日本でも、十分におこりえる物語ですが、その当時(1979年)のアメリカは、同じような状況だったわけですね。現在の欧米では、育児に関する企業の理解が進んでいるようなので、時代に合わなくなっているかもしれませんが。

しかし、主演のダスティン・ホフマンとメリル・ストリープ二人のアカデミー賞常連俳優の演技が素晴らしくて、子役の演技もそうですが、不朽の名作の一つであることには違いありませんね。

その、ダスティン・ホフマンが、今年の東京芸術財団主催「クリスマス・てんこ盛りアート展示会」に来場することを、今週知った時は、さすがに驚きましたね。まさか、ダスティン・ホフマンが来るとは想像もしてませんでした。現在82歳ということですが、昔の面影も残っていますね。

数々の名作を残してきたダスティン・ホフマンですが、個人的には初めて見たときの「卒業」の印象が、一番強烈に残ってます。サントラのサイモン&ガーファンクルが好きだったのもありますが、なんと個性的な役者さんだろうという印象と、物語の破天荒なラストもとても有名ですよね。花嫁を略奪されたフィアンセは、あの後どうなったんだろうなんて余計なことを考えたりもしましたが。

そして、ハリウッドからはもう一人、スティーヴン・セガールも来場しますね。いずれも、映画芸術や演劇をテーマにしたトークショーが開催される予定です。

さらに、エリザベス女王の孫、ザラ・ティンダルさん、ゴルフワールドランク1位だったリー・ウェストウッドなど、錚々たるゲストが登場します。お二人とは、スポーツの力をテーマに、深見東州先生とのトークショーがあるそうです。

展示会の時計も、年々、有名なブランドが増え、ゲストも豪華さを増していくクリスマス展示会ですが、毎年、趣向を凝らして同じことをされない深見東州先生に感心しています。来場した人たちも、ゲストにも、みんなに喜んで楽しんでもらおうという、深見東州先生の気持ちが溢れるイベントに、今年もなるように思います。

明るすぎる劇団東州の特別公演も行うそうです。しばらくご無沙汰してましたので、楽しみにしている人も多いかと思います。

日程
2019年 12月6日(金)~10日(火)11:30開演 22:00頃終了予定

場所:ヒルトンお台場1F ペガサスの間
住所:〒135-0091 東京都港区台場1-9-1

主催:一般財団法人 東京芸術財団(TAF)
共催:株式会社ミスズ 株式会社たちばな出版
特別紹介:ISPS
お問い合わせ
TEL.0120-992-167

http://www.taf.jp.net
おすすめの記事
最近の投稿