11月20日スポーツ報知の紙面より

本日21日(木)から24日(日)まで、オーストラリアのメルボルンで、ISPSハンダワールドカップゴルフ(ISPS HANDA World Cup of Golf)が開催されます。ISPSとは、半田晴久(深見東州)氏が会長を務める国際スポーツ振興協会のことです。この大会は世界8億人に放映されるそうですが、日本ではゴルフの専門チャネルである、ゴルフネットワークが独占生中継をするそうです。ゴルフネットワークの視聴方法はこちら

 

ISPSハンダワールドカップゴルフ放送予定
ISPSハンダワールドカップゴルフ放送予定

ワールドカップゴルフは、国別対抗の団体戦で世界一を決める大会です。1953年に始まり、今回で57回目となりますが、60年の歴史を持つ由緒ある大会です。ゴルフ4大メジャー大会につぐ権威ある大会といっても言いすぎではない、そんな伝統をもつ大会なのだそうです。2009年までは、ほぼ毎年開催されていましたが、それ以降2011年、2013年と、2年に1度の開催になりました。

日本からは、今回、石川遼選手と谷原秀人選手が代表として出場します。石川選手は「日本代表として初めて出場できることを大変嬉しく思っています。日本を背負って戦う大会なので今からとても興奮しています」とコメントしています。谷原選手は「今回は表彰式で日の丸を掲げられるように頑張ってきます」と言うコメントでした。24カ国から、60名の世界トップランカーが出場し、今年からは個人の72ホールストロークで行われ、個人戦と、二人のスコアを合計して国の順位を決める団体戦が行われます。日本の、お二人の活躍に期待しましょう。

 

ISPSハンダワールドカップゴルフ
ISPSハンダワールドカップゴルフ

 

深見東州先生が会長を務める国際スポーツ振興協会のことを含め、さっそくスポーツ新聞各紙で紹介されてましたので、その一部を掲載します。

 

11月20日スポーツ報知の紙面より
11月20日スポーツ報知の紙面より

 

今回の優勝候補はアメリカチームか、地元のオーストラリアか。しかしここはぜひ日本チームに3度目の優勝を飾ってもらいたいものです。そして、リオや東京オリンピックに向けて弾みをつけてもらいたいですね。先週の国内ツアー、三井住友VISA太平洋マスターズで優勝と2位になった二人ですから、好調ではあるはずです。しかも石川選手は、この同じコースにおいて、数年前のプレジデントカップでトム・ワトソンに勝利しています。いい条件が揃ってる感じです。

おすすめの記事