ISPSハンダワールドカップゴルフ出場チーム

ISPSハンダワールドカップゴルフ初日、日本勢は、石川遼がイーブンパー71の13位タイ、谷原秀人は1オーバー72の21位タイで終えています。とりあえず順調とまではいかなくとも、明日以降に大きく期待できる位置にはつけています。ロイヤル・メルボルンGCは、かなりトリッキーなコースだそうです。グリーンも硬く難コースということです。ぐっと我慢のゴルフで、耐えぬいた初日と言うところでしょうか。

 

ISPSハンダワールドカップゴルフ初日結果
ISPSハンダワールドカップゴルフ初日結果

 

このサイトは、ワールドメイトや深見東州先生に関するブログですが、ゴルフ関係のブログに間違われそうですね(笑い)。この大会を主催するISPSの会長が深見東州(半田晴久) 先生ということで、大会期間中は結果を交えての更新にしようと思います。

さて、2選手の合計ストローク数で争われる団体戦では、トップの米国、デンマークに6打差の8位タイにつけています。6打差ですから、あと3日間もあれば十分挽回可能です。一日一日が勝負ですね。まったく気が抜けない戦いが続きます。アメリカ男子ツアーのオフィシャルサイトでは、日本勢が豪州チームに次いで優勝候補に挙がっていたそうです。その豪州チームは、初日日本と同じ8位タイです。個人の優勝候補筆頭に挙がっているアダム・スコットが、ちょっと崩れて4オーバーの75を叩いたのが痛かったようです。もう一人のジェイソン・デイは、3アンダー68という、まずまずの好発進です。ちなみに、先日フィリピンを襲った史上最強の台風によって、ジェイソン・デイ選手の身内が8人も亡くなられたそうです。その悲しみを超えての渾身のプレーなのだと思います。

ちなみに初日団体トップの米国は、マット・クーチャーがイーブンパーで13位タイ、ケビン・ストリールマンが5アンダーで目下トップです。 デンマークチームも、団体トップにつけています。今日の2日目が楽しみになってきました。

 

ISPSハンダワールドカップゴルフ出場チーム

ISPSハンダワールドカップゴルフ出場チーム

おすすめの記事