深見東州先生は「強運」というベストセラーの著者でもありますが、そこに書かれてない、強運になる秘訣を今日は紹介します。

その前に、深見東州先生の言われる強運とは、そのニュアンスの奥に「強かに生き延びていく」という意味があるそうです。

どんな環境であっても、どんな逆風が来たとしても、強かに生き延びていくだけの実力と運を、誰でも持ちたいと思いますよね。

もしそんな人が経営者であれば、その会社も強かに生き延びていくでしょうと言われていました。

 

では、そんな強かに生き延びていく強運の人は、どんな人かというと、3つの要素を挙げられていました。

それは、念力が強い。粘着気質で最後まで諦めない。勝気で闘争心が萎えない。の3つでした。もちろん、これ以外の要素もあるわけですが、強運な人に必ず備わっているのが念力の強さだと言われていました。

 

これには、私も心から納得できたことがあります。私はワールドメイトに入会する前、一つの大きな疑問を持ってました。それは何かと言うと、世の中は、悪い人間ほど成功し、善人ほど損をしているように思えてならないことでした。

こんなことでいいのだろうか、世の中は何か間違っていないかと、20代の頃に真剣に思っていたのです。

とっても優しくて、本当に良い人なのになと思える人ほど、世の中では不幸な目にあい、逆に何という性格の悪さ、人間として尊敬できない人ほど、強かに成功して良い目を見ている。世の中は相当に理不尽だなと、憤慨することもありました。今思うと、かなり偏った見方をしていたなと思います。しかし、世の中の真実の一端を示していたのも事実でしょう。

 

その疑問が、ワールドメイトに入会すると、あっという間に解けていきました。人間は、念力の強弱によって、運の良し悪しの大部分がきまることに気がついたのです。

厳密にいうと、念力の強弱だけで運の良し悪しは決まりませんし、もっとたくさんの要素があります。しかし現実を見ると、念力が強いと思える人ほど、成功してお金が入ってます。性格が悪かろうが、悪い人間だろうが、何であんな人がと思いますが、それが事実だから仕方ありません。逆に念力は弱そうだけど、人が良くて親切な、あんないい人がなぜ虐げられて苦しまなければいけないのだろうかと思うケースは、よく見かけます。

それで、ワールドメイトで念力の大切さを知って、ようやく悟りました。

 

成功する人間の多くは欲望が強く、何が何でも金儲けしてやると強く思っている人が多いのでしょう。男なら、「いい女を絶対モノにしてやる」と思っている人もいます。権力を握って自分の思いのままにしたいと思っている人もいるでしょう。その欲望が強烈であればあるほど、いつも強烈に思っているわけですから、当然念力が強くなるわけです。その結果、実際に周りを巻き込み、お金を呼び寄せ、そうなっていくのです。それは、人間の中身の良い悪いの問題ではないわけです。

人当たりがよく親切で、人を恨んだりもせず、相手を蹴落としてまで出世しようなどとは思わない人は、あっさりとした性格の人の良い感じの人が多いです。過度な欲望も持っていません。ある程度幸せに普通に暮らせたらいいと思っています。そんな人は、念力を強くする機会を全く持っていないので、だから念力が弱く、念力が強い人間に翻弄され、やられてしまうのです。理不尽な目にあってしまうわけです。

これが世の中の実態だと悟りました。

 

 

何だ、そんなことは当たり前だろと言われそうですが、私にとっては、ワールドメイトに入会したおかげで、世の中の真実を知った思いでした。

で、一般的な結論として、この世の中では、「念力が強い人が勝つ」。これが真実であり、強運の人は皆念力が強いということに納得がいきました。

 

先ほど、ワールドメイトに入会して疑問が解けたと書きましたが、正確には理由がわかっただけであり、本当に疑問が解決したのは、それからかなり経ってからでした。

念力が大事なことはわかりました。では、どうすれば念力が強くなるのでしょう。また、念力を強くするために、過度な欲望を持つ必要があるのなら、それも何かおかしなことです。

悪いことをしてでも成功する人は、間違いなく念力が強いですが、だからと言って、それを真似したいとは思いません。かといって無欲では念力が弱いままで、やられっぱなしで卯辰が上がりません。悪い欲望を強烈に思うことで念力が強くなるのは嫌ですが、では、正しいやり方で念力を強くする方法などあるのでしょうか。その答えは祈りの習慣にありました。

 

祈りの習慣について書くと、膨大になるので、今日は簡単にしか書きません。ワールドメイトでは、念力が確実に強くなる祈りの方法を教えてくれます。

ただ、その時に大事なことがあります。善なる強い志を持つことが大事だそうです。念力を強くするために、強烈な煩悩と欲望の限りを尽くした祈りになってしまうと、それではただの煩悩と自己の欲望のまにまに生きる悪人になってしまうのがオチです。

そうはなりたくありません。だったらどうすればいいのか。善なる強い志と理念で持って、強く祈り続ければ、善なる念力強化になるとのことです。悪に負けないくらいの善なるパワーで祈ればいいわけです。

 

 

ワールドメイトの深見東州先生は、まさにそのような方です。だから、宗教家としてどこまでも善なる道を貫きながらも、世間の荒波や悪巧みや逆風の中でもやられることなく、確実に目的を果たし続けておられます。強かに生き延びるということを、まさにご自身で実践してこられています。

経営者でしたらどうでしょう。「社員のため、家族のため、絶対にこの会社は潰さない。みんなを幸せにするために会社を発展させる」「絶対にこういう理想の会社にする。ライバルの悪に負けず、素晴らしい会社にする」というような前向きなビジョンや志、愛の念を持って祈ると良いそうです。そうやって、悪に負けない善なるエネルギーで、念力を強くしていくわけです。

さらに、正しく神仏に向かうことができれば、神仏からのひらめき直感により、経営方針を過つことなく、危機管理にも素早く対応できたり、普通でしたらありえないような知恵も出てくることでしょう。

 

強運になるには、まず念力が強くなることが必要というお話でした。強運自体に善悪はありませんが、悪に負けない、悪に打ち勝つ善なる強運を目指していきたいものです。

おすすめの記事