WSD世界人権サミット

深見東州先生が総裁をされる世界開発協力機構(WSD)の主催で、WSD世界人権サミットが開催されます。政財界、学界、スポーツ界から国際的リーダーが集い、グローバルな視点で人権問題を討論するそうです。

今回のサミットでは、世界が直面する喫緊の人権問題の一つ、人身売買に関する認識を広めることがテーマだそうで、外交問題として捉えるなら国の安全保障をハードとすれば、人の安全保障というソフトな面の問題と言えるようです。現在、人身売買を行う組織に対抗するため、国際的に様々な努力がなされているそうですが、それらの努力の成果や協力を高めるため、創造的な戦略を提言するとのことです。また、サミットなので横道にそれた話も興味深いそうです。

 

WSD世界人権サミット

 

第1部が13時から、世界的問題としての人身売買について。第2部が、14時30分から、人身売買と奴隷制度を終わらせる世界的戦略。となっています。日本からは、自由民主党の高村正彦衆議院議員、城内実衆議院議員も参加するそうです。あと、インドネシアやタイの元閣僚、シンガポールのアセアン元事務総長の参加もあるようです。そしてアセアン諸国を拠点とする人権リソースセンターの役員やアセアン各国の人権の専門家などの名前もあります。

 

日本のマスコミがあまり大きく取り上げることは少ないように思いますが、アジアにおける人身売買は大きな問題になっていると聞きます。ただ、なかなか実態が分かりにくいのでしょう。また、世界的に見ても様々な国で、特に開発途上国で人身売買が多いのが現状です。臓器売買の組織が摘発されたニュースは時々報道されます。子供に恵まれなくて自分の子供として育てたい人にも売られているそうですが、それはまだ、幸せになる場合もあるでしょう。でももし臓器売買のためでしたら、即、死を意味します。

 

また、殺されないにしても、女子は性奴隷にされたり売春をされられるケースが多いし、男子なら危険な作業や労働、また強盗やテロの手先として、また兵士として使われることもあります。それから東南アジアに行くと物乞いをしている子供たちがいますが、彼らの後ろには大人がいて、お金を取り上げています。そういうことにも使うのです。

また、スマトラの大地震や、ハイチの地震の時に報道されていたのが、災害に紛れた誘拐の多発でした。被災した子供を誘拐するなど、人道的な見地から見てどれだけ悪辣な行為であるか、とても人間の行為とは思えません。この手の話は、いくらでも残酷な話が出てきますので、ここでは書きませんけども、世界の闇の現実、人間の闇の深さを見る思いになります。

 

ワールドメイトでは、カンボジアで多くの孤児を引き取り育ててきたワールドメイト孤児院を支援していますが、本当にそういう施設は、まだまだ少ないようです。そして、そういう施設に入れない子供を狙って、犯罪組織が誘拐し売買するのでしょうから、このワールドメイト孤児院のような安全でゆきとどいた施設が、世界中にもっとたくさんできるといいのでしょうけどね。もちろん孤児でなくとも、親がいても平気で誘拐していきますから、国の取り締まりの体制を含め、やらなくてはならない課題がたくさんあるのだと思います。そういう今の現状を聞けるサミットになるのかもしれません。

おすすめの記事