WSD世界人権サミット

ワールドメイトでも、人権に関する話をすることはありますが、まとまったこれだけの情報を聞いたのは初めてでした。参加して良かったと思います。

はじめに深見東州先生が言われていましたが、中東や遠い国の問題で、日本には関係ないという認識を改めることも、今回のテーマということでした。おっしゃる通り、この話を聞くまでは、ある程度の知識はあったのですが、やはり他人事のような感覚でいたようです。そのことを反省しました。テロとも深い関係があるとのことで、インドネシア人がテロ組織に買われて日本に来る可能性だってあるとのことです。決して他人事ではないと思いました。

そして年間に、数百万人もの人が人身売買されている事実。また、その7割が女性や子供であるということですが、性的な搾取だけでなく、タイの元副首相の話では生産コストを下げるため、90ドル程度で強制労働の犠牲者になる人が80万人もいるそうです。

また、信じられないことに、発展途上国にPKOで派遣された隊員が派遣物資と引き換えに性的関係を求めるとか、少額のお金やお菓子を与えて少年との関係を持つなどの性的搾取が行われていることが、多数の国から報告されているそうです。これには少し衝撃を受けました。

背景には紛争や貧困があるのですが、人権被害にあってる人たちにその意識がなかったり、あるいは被害にあっても仕方がないと思ってる人もいるそうです。これも悲しいことです。

深見東州先生は、今回は世界開発協力機構の主催ですから半田晴久総裁になるわけですが、個人レベルでの意識を変え、同時に世界的な連携と、両方が必要と言われていました。

とても複雑な状況が入り組んでいるので、一筋縄ではいかないでしょうけども、人類の暗黒部分とも言えるこの問題の解決なしには、世界平和も来ないのかなと思います。

 

WSD世界人権サミット 12月19日スポーツ報知の紙面より

WSD世界人権サミット 12月19日スポーツ報知の紙面より

おすすめの記事