深見東州(半田晴久) 氏の年間イベント一覧
ワールドメイト分派騒動で起きた事件(2)〜霊感商法裁判〜

今回は前回からの続きになります。前回はワールドメイトで起きた分派騒動のこと、それを起こしたワールドメイトの元幹部M氏について、またそのM氏の女性秘書だった2名によって起こされたセクハラ訴訟の真相について書いてきました。分派騒動については、その前の記事から読んでいただけると、より理解できると思います。

この分派騒動に端を発する事件や問題は、M氏という首謀者とその仲間達により、複合的におこされてきました。今回は、当時元コスモメイト(現ワールドメイト)幹部のM氏と昵懇だった二組の会員によって提訴された、霊感商法裁判について記述していきます。

今回も、主に以下の週刊報道サイトの記事を参考にしながら書いています。

やや日刊カルト新聞総裁藤倉善郎飛ばし記事劇場開演 その4 約30年前の「ワールドメイトは霊感商法だ」「教祖・深見東州からセクハラを受けた」というM分派騒動での主張は全てデタラメだった!このデタラメM劇場は全てMの演出脚本だった!

http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20221017l.html

ワールドメイトで起きた霊感商法裁判の結末

まずは、週刊報道サイトの取材によって、問題となる霊感商法裁判では、以下のようなやりとりがあったことを初めて知りました。

残るは、Mの知人らが起こした「ワールドメイトは霊感商法だ」という2件の訴訟だ。
当時取材したジャーナリストから、裁判記録を入手したが、不可解な点がある。
それは、うち1件の「本人調書」(被害を受けたと訴えた原告に、ワールドメイト側の弁護士が、法定で質問した記録)にあった。
原告(Mの知人)は、訴状で大々的に打ち出した「被害額」を、裁判が進むにつれて減額したという。

理由をワールドメイト側弁護士が尋ねると、原告は、訴状に書いた「被害額」は「およその数字でした」(本人調書14頁)と、実際の額ではなかったことを告白。

さらに「領収書関係は、私の場合は、とっておかなかった」(同3頁)と、支払った証拠が無い旨を述べている。
なにか振り込んだ証拠や、領収書等を出さなければ、「全体として非常に主張がいい加減になっても仕方が無いと思いませんか」(同15頁)と弁護士が尋ねると、本人も「仕方がないと思います」(15頁)と回答している。

ようするに、提訴した金額が、いい加減なものだったと自白しているのだ。
金額や根拠を明示できない原告を見て、なにか察したのか、裁判長も思わず、「はっきり金額の根拠というものがあって、この表をつくったのですか」(同56頁)とズバリ問うた。
さらに、「お金がどういう流れであなたの手元にきて、そしてそれを相手のほうに渡したのかと、それは直接の資料がないのですね」(同58頁)とも問うた。

原告が「支払った」というカネが、どこから来たのか?、また本当に払ったのか?、その証拠や根拠の曖昧さに、たまらず出た裁判長の発言であったのだろう。
当時実際に取材したジャーナリストの武藤勇らが、一連の訴訟を、「Mがそそのかした」と論評した理由は明らかであろう。

ワールドメイトからも、この件に関する説明は会員に向けてされてきました。上の記述にあるような詳細な説明ではなく、自ら出向いて原告や相手の弁護士、裁判長と丁寧な話し合いを行い、最終的に誤解による行き違いがあったことを互いに理解して和解で解決したという内容だったと思います。原告の二組の方については、批判されるわけでもなく、むしろ神業に貢献された人だったという説明でした。結局、裁判は取り下げになったわけですから、それ以上、僕も関心は持っていませんでした。

今回、週刊報道サイトのジャーナリストが書いた、上に引用した裁判の内容の一端を見ると、深見東州先生は神業に貢献した相手に対する誠意を持って、ワールドメイト会員にも説明されていたのだなと思いました。和解した相手の方を慮って、批判的なことはあえて言われなかったのでしょう。

実は原告は家族の分も含めた交通費や宿泊費、食事代なども賠償額に含めていたそうなので、そもそもおかしな訴訟だなと僕は思ってはいました。今回の記事を見てもわかるように、かなりアバウトな賠償額の算出だったようです。にもかかわらず反訴することもなく、丁寧な話し合いを通じて誠意を持って解決する道をとられたのだろうと思います。

ただ、僕の本音としてはそんなことよりも、相手の方が霊感商法という誤った認識を持ったことが、誠に残念です。おそらくこの方は、ワールドメイトでさまざまな祈祷や研修などを受けた、もともとは理解のある熱心な方なのだろうと思います。それがM氏にそそのかされたとはいえ、ワールドメイトでやってきたことが偽物だと誤解して、霊感商法であるかのように提訴したのだろうと想像します。

ここではっきりと申せば、僕はワールドメイトには霊感商法のカケラも無いと断言できます。ワールドメイトには、さまざまな悩みを抱えた人たちが入会してきますが、そんな人たちには、まずワールドメイトの救霊を受けることを勧められることが多いです。もちろん強制ではありません。

救霊の他に祈祷もありますが、大袈裟ではなく、それでどれだけの方の命が救われ、重病が回復したことか、把握しきれないほどです。命に関わる問題ではなくても、大なり小なり、さまざまなトラブルが解決したり、解決に向かったりします。

だから、救霊や祈祷を受けた人が、納めたお玉串(寄付金)を返してほしいとか、そんな人は僕の知っている範囲ではいませんでした。必ずしも自分の思った結果が出るとは限らないにも関わらずです。

救霊や祈祷は医術ではありませんし、医学的な治療でさえ、万全を尽くしたとしても、必ずしも願い通りの良い結果が出るわけではありません。人間には霊的、現実的な、さまざまな複雑な要因がありますから、霊的な対処であれ、現実的な治療であれ、よりベターなものはあっても、完全なものはありえないわけです。

しかしワールドメイトの救霊や祈祷が、全く霊力がないものであったならば、それが強制や脅かしなどをともなわず、高額な寄付を求めるものではなかったとしても、このお二組の訴訟に続くように、他にも声を上げる会員が出てもおかしくなかったと思います。実際には誰1人声を上げる人は出ていません。

また、もしも脅かしや高額な寄付などをともなう、霊感商法の類がワールドメイトに存在していたのであれば、僕をはじめ、多くの会員が続いて裁判を起こすことになったことでしょう。ところが僕は、ツユほどもそんなことを考えたこともありません。なぜなら、別にマインドコントロールなどではなく、脅かしを受けた記憶も一切無いですし、高額な寄付を求められたことも一度もありません。それでいて、当時すでに人生が変わるほどの素晴らしい体験を何度もしていたからです。

僕ほどの奇跡的な体験ではなくても、多くの人が何らかの形で神さまを実感したり、良いことが起きたという証体験を持っていました。それと並行して、深見東州先生の万能性や、博覧強記ぶり、深い悟りと精神性が常人ではないことを感じていましたから、誰一人としてM氏と昵懇だった二組の会員に続いて、裁判所に提訴する会員が出てこなかったわけです。

相手方の弁護士さんは、マスコミやテレビ局に対して情報を流し、積極的なアピールを行っていたそうです。当時は統一教会の霊感商法が大きく報道されていたこともあり、ワールドメイトも同じだろうくらいの勢いで、雑誌やテレビでも怪しく報道されていました。それでも同調して声を上げるワールドメイト会員が1人も出てきませんでしたから、さぞや相手の弁護士さんたちも、ガッカリしたのではないかと思います。

当時取材したジャーナリストは言った、
「もし本当にヨコシマな事をしていた宗教団体なら、あの『霊感商法だ裁判』や『セクハラされた裁判』などの後、我も我もと訴え出る者が続々と出たはずだ。ちょうど、後に『法の華(福永法源)』が問題を起こした際、1000人単位の追随訴訟者が出たように。ところがワールドメイトでは、それから30年経っても追随訴訟者は出てこない。結局、Mの仕掛けでしかなかった、という当時の取材が正しかったと思う。」

さらに今回、週刊報道サイトの取材でわかった、以下の新たな事実があります。

そして、このデタラメM劇場の「ワールドメイトは霊感商法だ」裁判は、原告側の「取り下げ」で終演した。

裁判における「取り下げ」とは、訴えについて「無かったこと」にする終わらせる手法だ。
当初は、ワールドメイトがM一派へカネを払って裁判上の和解をして終わらせたのかと思ったが、真相は違った。

裁判記録にある「取り下げ」した時の「口頭弁論調書」を見ると、そこにカネのやり取りはなく、原告がただ訴訟を「取り下げ」しているだけである。

ネット上には、ワールドメイトが霊感商法に認定されないよう、多額の和解金を支払って裁判を終わらせたかのように思わせる書き込みが、今回もありました。ネット上には、そのように勘違いしている人たちがかなりいると思います。しかし実際には裁判所の調書にお金のやり取りはなく、霊感商法と認定されるのを恐れたわけでもなく、丁寧な話し合いの結果、原告が納得の上での取り下げだったわけです。


Mの知人だった原告のうち1人は、訴訟取り下げ直後、深見東州とこんな会話を交わしたという。

深見東州「どうか、これからご家族がお幸せになりますように」

原告(Mの知人)「ありがとうございます。」

深見東州「それにしても、こんなにお互い行き違ったのは・・・。M氏を通してコミュニケーションしていたからですね。そこが残念でなりません」

原告(Mの知人)「私もそう思います」

分派騒動の影響は今でもネット上に存在

ネット上には有意義な情報もたくさんありますが、間違った情報が簡単に書き込まれることも多々あります。そんなことは誰でも知っていることですが、特にワールドメイトへの批判的な内容に関しては、それが酷いなと思うことがあります。

僕が思うに、ワールドメイトの宗風も影響しているのかもしれません。人間で言うなら明るく面白く爽やかだけど、あまりに人が良すぎるタイプという感じでしょうか。だから一部のよく思わない人たちから、書かれたい放題になったのかもしれません。

この分派騒動に端を発したネガティブな報道は無くなりましたが、得体の知れない書き込みは、今に至るまでなくなったわけではありません。これらのことを取材した週刊報道サイトのジャーナリストは、以下のような感想を書いていました。

なお、この約30年前の一連のM一派の分派騒動におけるデタラメな主張の一部を切り取って、ワールドメイトを貶めることを目的とした事実と異なる悪意に満ちた印象操作に使うアンチらが現在も存在する。

だが、前述したデタラメM劇場の内幕を観れば、約30年経った現在に存在しているアンチらの主張が、約30年前のMと同じくワールドメイトを貶めることを目的とした、事実と異なる悪意に満ちた印象操作を目的とするデタラメな情報であることは明らかである。

僕の感想を書くと、そのようなアンチ的な活動をする人々は、組織的な影と繋がっている人たちもいれば、そうではなく、単に、ワールドメイトの人間関係などで嫌な思いをしたか何かで、腹いせのようにワールドメイトの悪口を書いている人もいるように思います。

時々思うことがあります。この人たちは、自分自身の人間の実力や器量は20点くらいで、95点もある深見東州先生のことをよく批判できるなと。これは、僕自身も同じですけどね。総合的な人間力に圧倒的な差があると、相手があまりに大きすぎて全貌が理解できないです。だから平気で批評したり、批判もできるわけですが。でも実際には正しく理解できていないわけなので、批評も批判もあたらないわけです。

仮に自分自身が20点の人間力なら、99点までの人間はよく理解できるかもしれません。しかし桁が変わり、200点、300点になると、なかなか理解するのが難しくなり、3000点になるとさらに困難で、数万点、数十万点になるともうお手上げの状態になるのでしょう。猫の尻尾に住むノミに巣食うバクテリアが、猫の姿の全貌を把握出来ないようなものでしょうか。

先ほどは95点と書きましたが、本当は深見東州先生と僕の間には、それくらいの圧倒的な差があると思っています。

偉そうに深見東州先生について案内するサイトを書いてはいますが、本当の深見東州先生の中身を正しく理解しているわけではありません。ただ、その足跡については現実に存在するものなので、それをベースに紹介することで、少しは正しい方向で紹介できるのではないかと思って、厚かましく書いているだけなのです。

次の記事で書く予定ですが、この分派騒動から派生したトラブルには、ワールドメイトの脱税疑惑というものもあります。これにはマルサや政治が絡み、もっとも長く尾を引くことになります。他にも前回の記事で書いたセクハラ訴訟、そして労働争議や暴力問題や金銭問題など、驚くほど複数事柄に及んだのがこの分波騒動による仕掛けでした。

よくもこれだけ多くのことを捏造し、ネガティブキャンペーンを起こせたものだと感心します。それをそのまま鵜呑みにし報道する名の知れたメディアが、当時、いくつも存在したわけです。メディアを思いのままに巻き込む、その手腕というものは凄いなと思います。

ちなみにM氏はコスモメイト時代には、教団の顔としてマスコミ対応を任されていたそうです。そして本人によるとシナリオライターでもあるそうですから、やはりその方面の対策や工作には、大変長けていたのでしょう。

さらに詳細を知りたい方は、当時の事件の真相に迫った雑誌の記事を、下記のサイトから読むことができます。僕のサイトでは、主要なものだけを取り上げています。

http://page.holy.jp/index.htmll

分派騒動を仲直りで集結させた深見東州先生

それで、この分派騒動の結末は、メディアにとっても意外な形で集結します。僕らワールドメイト会員からすると、さすが深見東州先生らしい収め方だと感心しましたが。

それはワールドメイトと、分派騒動を起こしたM氏らが、お互いに仲直りをしたことです。さらにそれを報告する共同記者会見を開きます。1994年の9月のことでしたが、不覚にも、僕はその内容を見損ないました。

その会見で、造反して離れていった側は、以下のような見解を述べたそうです。


「私たちは、かつてともに宗教団体コスモメイト(現パワフルコスモメイト)に所属しておりました。昨年、組織内部において、教祖深見青山氏をめぐる様々な問題から、あるものは組織を追われ、あるものは辞職に追いやられました。そして、その際に、一部のものがコスモメイトは世に問われるものとの信念のもと、いくつかの内部資料を持ち出しました。

これらの資料の一部は、マスコミ関係者の手にわたり、また、他の一部は昨年末のコスモメイトに対する国税局の査察の捜査の際に任意提出されたものです。しかし、私たちの信念に基づいた行為ではありましたが、その後引き起こされた事態により、予期せぬ人々を圧迫し、傷つける事態におちいり、深く反省するに至りました。(中略)

この上は、私たちも信念上のこととはいえ、不法な形で持ち出した資料を所有者であるパワフルコスモメイトに返却するのが道理であると思われます。また、国税当局の質問顛末書において述べたことなどでも、当時の一時の感情から、いきおい誤って言い述べたものであり、是正または取り下げすべきものであると思われます」

この内容だと、全面的に自分達の非を認めたようには思えませんが、仲直りですから、お互いに相手の非は問わないということなのでしょう。それでも内部資料を持ち出してマスコミや国税に提出したこと、一時の感情から勢い誤って述べたことを認め、それを是正、または取り下げすべきと述べていますね。

内部資料についても、それが捏造や改竄したものだとはさすがに言えなかったでしょうけどね。

ワールドメイトの顧問弁護士らは、M氏とその一派から受けた被害に対して訴訟をおこし、相手側の責任を問いたかったそうです。弁護士ですから、普通はそのように考えるでしょうね。証拠も揃っているわけですから。

しかし深見東州先生は、裁判で争うことをせずに、仲直りする道を選ばれたわけです。あれだけ酷い目に遭いながら、その後もまだ余波が続くことになるのに、なぜなのでしょう。

それは、ワールドメイトが天啓宗教であり、深見東州先生はその神様を取り次ぐ宗教家であることを、ある程度理解できないと、おそらく説明しても納得できないでしょう。そう思いつつも、理解してくださる方もいるだろうと思って書いてみることにします。

これまでワールドメイトの真実について、丁寧に書いてきたつもりですが、実際にメディアが大騒ぎするほどの問題が起きたのだから、何かやましいものがあったのではないか。あるいは本当に神様がいる宗教ならば、なぜそんな問題が起きるのか?というような疑問を持つ人もいるかもしれません。

しかし天啓宗教には、法難というものがつきもののようです。宗教の歴史を知っている方なら、ああ、あれのことかとわかると思います。

天啓宗教ですから、本当の神様が降りてないと天啓宗教とは言えません。そんなところには、なぜか言われなき中傷や弾圧、裏切りなどが起きた例が多々あります。誰でも知っているところでは、12使徒の1人、ユダに裏切られたイエスは磔にされました。(ワールドメイトの解釈では、これに関しては別な深い内容がありますが)

また、お釈迦様も、弟子のダイバダッタから妬まれて毒殺されそうになります。役行者も弟子の讒訴により処刑されそうになります。日蓮の法難も有名ですし、近年では出口王仁三郎の大本も戦前に弾圧されました。これらは、何か悪質な問題を起こして裏切られたり、迫害や糾弾されたものとは違います。

法難とは、神様が宗教者の信仰力を練り鍛え、さらに大きく脱皮させるためのものであり、あるいは法難によって離れていく人、支え続ける人を見極めるために起きるものでもあるようです。たとえ裏切りにせよ、問題が起きたわけですから、教団にも問題があったのだろうと考えることもできますが、本当は神様がそのような目的で起こした試練であり、神試しである、というのが真実なのでしょう。

そのように考えると、法難の後には、イエスの教えが広がってキリスト教が成立していきました。お釈迦様の仏教も然りです。役行者は修験道を確立し、その後の日本の宗教者に非常に大きな影響を与え、道が広がっていきました。戦後は日蓮宗系と大本の流れを汲む宗教団体がたくさん勃興しましたが、それも日蓮と出口王仁三郎がまいた種があったからであり、いかに卓越した宗教家であったことの証明だと言えるのかもしれません。

法難については、イエスは弟子の裏切りによって殺されますが、迫害する相手を許し、無抵抗の愛によって法難をこえたわけです。お釈迦様も無抵抗と寛容と禅定で持って法難を越え、役行者は無抵抗と神通力を持って越えたと言うことです。

では深見東州先生は、これら一連の分派活動から生じた問題や混乱を、どのように捉えて、越えようとされたのでしょうか。話は逸れますが、実はそのような問題がワールドメイトで表面化する1年くらい前でしたか、神試しによる大きな試練がワールドメイトにも来ますよと、深見東州先生が言われていたことを思い出します。

そして本当に、僕が想像もしなかったような大きな事件が立て続けにワールドメイトに起きるわけです。それは僕個人にとっても、家族からの猛烈な反対にあうなど、辛い一面がありました。しかしその一方で、祈りの力も極まるのか、神様の証を実感できることが次々と起きて、自分でも信じられないほどでした。また自分自身の内面性も、驚くほどの良い変化があったのもその頃でした。最終的には、現実面でもすごく良い変化が立て続けに起きて、僕にとっては奇跡の類と言えるものの連続でした。

僕個人のことは置いとくとして、深見東州先生は、これら一連の出来事は深見東州先生ご自身と、スタッフの人たち、そしてワールドメイト会員を育てるために起きたことです。そして、それによってわれわれが得たものは計り知れないものでした、と、後に言われていました。

つまるところ、問題が起きたから、必ずしもその宗教や人物がおかしいというわけではありません。過去の宗教の歴史がそれを物語っているわけです。

話を戻しますが、深見東州先生はこの一連の騒動について、宗教者としてどのように乗り越えるべきかを思案されていました。周りからは相手に対して訴訟を起こすか、何らかの責任を問わせる方向で動くべしという申し出があったそうです。

しかし深見東州先生は、法難として、神試しとして受け取っているため、それらの申し出を断ったそうです。深見東州先生にとっては、単なる勝ち負けで終わらせるのではなく、宗教者として、どのように神試しを越えるかがより重要だったわけです。

「何度も浮かんできたのが、聖徳太子の有名な言葉でした。

『善人と悪人がなぜ仲良く和が保てないのか。それは、善人が善を行っていることに誇りがあり、悪人が悪を行っていることを開き直り、ひがんでいるからである。だから、善人と悪人が仲良くするためには、まず善人の方から善を行っている誇りを捨て、悪人に近づくしかない。そうして、悪人は心を開いてひがみを捨て、善人と仲良くする努力をするべきだ』

 私は何度も浮かんだこの言葉に従ったのです。怒りや怨みを越えて、和を以て尊しと為そう。だから、自分の方から近づいて仲直りができたのです。やはり、争うにはお互いに言い分があるのですから。その言い分に耳を傾ける寛容性が、和を確立するためには必要なのです。」(深見東州のメールマガジンより)

宗教団体の内紛騒ぎ、内部分裂という話はよく耳にします。そのほとんどは徹底して争い、分裂するところもあります。今でも闘争が続いているところもありますよね。

深見東州先生は、そのような道を選ばずに、分派騒動を起こしたM氏と仲間達と仲直りをするために、出向いていかれます。そして先ほど書いたように共同で記者会見まで開いたわけです。これは宗教団体の内部紛争の解決の仕方としては、非常に画期的なものだったと言えます。

それは、いくら袂を分かったと言っても、信仰を同じくしていた仲間たちだったからこそ、そうされたようです。同じように誤解から離れていく仲間がもし出たとしても、今後もそのようにされることでしょう。

相手に対する愛情と理解を持って、自分が正しいという誇りを捨てないとできないことですけどね。宗教団体における内部の造反に対し、そんなふうな解決をしているところを僕は他に知りません。

しかし、もっと大きな最大の理由が存在しました。それは10代の頃、深見東州先生は世界救世教に入信し、大学時代は大本に入信していた時期がありました。実はその時も、やはり分裂騒ぎを、目の当たりにしたそうです。

上の人たちが争うのには、それなりの理由があるとは思います。ただ、そこに属している末端の信者の気持ちは置き去りになってしまいます。悲しみや憤りなど、良い思いを抱く人は少ないと思います。親身に行く末を心配してくれる人もいるとは思いますが。

深見東州先生もその当時、「お互いに神さまに仕える者同志なのに、なぜ小異を捨てて大同に帰し、仲良くなれないのか。末端の信者の気持ちも考えてほしい」と思ったそうです。そのような思い出があり、ワールドメイト会員の気持ちを考えて、「和を以て尊しと為す」で締めくくることを決心し、相手と仲直りする道を選ばれたのでした。

 

おすすめの記事
新着記事