深見東州(半田晴久) 氏の年間イベント一覧
深見東州著「神界からの神通力」 〜霊能力に興味がある人へ 〜

今回は、深見東州先生の最初の著作となる「神界からの神通力」の第1章に書かれている6大神通力を参考にしながら、僕がワールドメイトで学んだこと、体験したことなどを書いてみることにします。

実は6大神通力という名称は、この著作にて初めて知りました。30年以上前のことですから、今のようにGoogleで調べるわけにもいきません。今では、Wikipediaにも「6神通」という名称で、説明が書かれていたことも最近知りました。

6大神通力について

深見東州先生の著作には、(一)天眼(てんがん)通力、(二)天耳(てんに)通力、(三)自他(じた)通力、(四)運命通力、(五)宿命通力、(六)漏尽(ろじん) 通力について、詳しく書かれています。

ざっくり言うと、天眼通力は、将来はどうなるのか、神様が霊眼で見せてくれるもの。天耳通力は、神様の意図がキャッチでき、神様の言うことがわかるもの。自他通力は、相手の心を写すことができ、相手の思っていることがわかるというもの。

運命通力は、過去にあった運命がわかり、未来の運命も予知できるもの。宿命通力は、前世と今世、来世のことがわかり、前世との因果や天命も知ることができるというもの。漏尽通力は、人の悩みや苦しみ、様々な問題を解決する能力のことを言うそうです。

ネットを調べると運命通力が見当たらなくて、その代わり神足通力となっています。内容も「自由自在に自分の思う場所に思う姿で行き来でき、思いどおりに外界のものを変えることのできる力。飛行や水面歩行、壁歩き、すり抜け等をし得る力」などと書かれています。古い仏典に、そのように書かれているようです。

それはそれで、尊重しなくてはなりませんが、それが本当だと、まるでマーベルの世界ですね。ドクター・ストレンジやウォンは、自由にいろんな場所に出入りできますし、X-MENのミスティークは、誰にでも姿を変えますからね。マーベルが、神足通力にヒントを得ていたのかどうかはわかりませんが、この通力だけ、摩訶不思議な、肉体的にも人間とは思えない超人的な能力と言えそうです。

僕としては人の内面性や生き方に関して、一見すると周りに神通力とは知られずにその力を活かせる、運命通力の方がしっくりきますね。他の5つも、内容は異なるものの、相手に知られずに力を活かせる点は同じで、一貫性を感じますので。

人の幸せにつながる神通力とは

ということで余談はこのくらいにして、僕がワールドメイトに入会し、非常に強く感銘を受けたことを、今日は2つ書きます。

一つ目ですが、深見東州先生による6大神通力の話では、すべてが漏尽通力に帰結するものでなければいけないということです。いくら天眼が開けていても、運命を予知できたとしても、それが人の幸せにつながるものでなければ、神通力を持つ意味がないわけです。

逆にいうと、他の5つの神通力を持っていなくても、漏尽通力を発揮して人を幸せにし、救えるのであれば、中途半端に霊能力を持つ人よりも素晴らしいと言われていました。

そのように人の苦しみや悩みを解決できる漏尽通力を発揮できる人は、若い頃から辛酸を舐めたり、患難辛苦を味わって苦労してきた人であり、そのような人でなけれは、到底、人を幸せに導くことはできないでしょうと言われていました。世の宗教家や宗祖が、あらゆる苦労を味わうのも、その漏尽通力の訓練のためでもあるそうです。

この話を聞いて、とても納得したことを今でも覚えています。そして、実際に深見東州先生の行動を見たり聞いたりするうちに、この方はそれを見事に実践されていることを確信しました。それが僕が感銘を受けた大きな理由です。

2種類の霊能力のことを知って救われる

もう一つのことも書きますが、こちらはとても難しい内容です。誤解を招きやすい面もあります。なので、著作を購入して読んでもらう方が良いと思うので、ここではさわりだけを書きます。

神通力は、霊能力、あるいは超能力という言い方もできますが、それらには正と邪の2種類があり、その知識があり、区別ができないと、知らないうちに大変なことになっていくことを知りました。

たとえばうっかり、邪な霊能力や霊能者に憧れでもしていたら、とんでもないことになる恐れがあるわけです。

ワールドメイトに入る前までは、そんなことを知るはずもないため、本当に危ないところでした。もしワールドメイトに入会していなければ、とんでもない人生になっていただろうなと、想像するだけでも身震いします。と同時に、心から納得がいく内容であり、人生に重大な影響を与える内容を教えてもらえたことに、深く感銘を受けたのでした。

さわりだけを書くつもりなので、今回はこれで終わっても良いのですが。

正邪を区別することを審神(さにわ)と言いますが、正直に言うと、これについて誤解を招かずに、文章で書く自信がありません。最低限、「神界からの神通力」や「神霊界」「大除霊」くらいは読んでもらうのが良いと思います。それでも、ワールドメイトに入会して教えてもらったことに比べると、基本的なことだけとも言えますが。

それくらい奥深いものなので、中途半端に霊能力に興味を持つくらいなら、持たないほうが良いと言われていたほどです。そのことは知っておいた方が絶対に良いと思います。

それでは最後に、「神界からの神通力」からの一節を紹介して終わります。

「霊的なことをする人は、必ず霊的なことで魔が入り、現実的な世界で生きる人は現実的な世界で過ちを起こす。理論で行く人には、理論の魔が入るのである。このように一つの世界に偏すると、そこに魔が入って人を誤らせるものになるのである」

世の中で成功者と言われるような人は、現実的な努力や苦労も人一倍にしていると思いますが、神仏への特別な信仰がなくても、運とか運命というものに関して、あからさまに否定する人を見たことがありません。科学では説明がつかない、運とかを大事にしている人が多いと思います。

また、人のために尽くすことは、目に見えない徳分を積むことと同じとも言えますが、そのようなことも大切にしている人が多いです。徳分は自分自身の幸せにもつながりますので、現実世界で成功する人は、やはり、現実世界のことだけに偏ってはいないのだなと思います。

野球の世界で異次元の活躍をする大谷翔平選手の、高校生の頃に書いたマンダラチャートを見たことがあります。運とか人間性とかを早くから意識していましたね。現実世界での才能と努力だけで、あそこまでなったわけではないんだなと思いました。

おすすめの記事
新着記事