深見東州(半田晴久) 氏の年間イベント一覧
深見東州著「神霊界」〜超能力と念力〜

今回は、深見東州先生の2作目の著作「神霊界」の第2章に書かれていることを参考に、ワールドメイトで感じたこと、また、自分自身の体験などを書いてみることにします。

この章には、まず「念力と超能力」について書かれています。ワールドメイトに入会する前から、スピリチュアルな世界には興味がありましたが、超能力になると、眉唾物だなと、その程度の認識しかありませんでした。

70年代は、ユリゲラーやノストラダムスの大予言など、摩訶不思議なものが流行った時代と言われていますが、スプーン曲げとか空中浮揚のようなものには、あまり興味は湧きませんでした。世の中は広いし、そんなことができる人もいるのかも知れないと、全否定まではしていませんでしたが。

ただ、ノストラダムスの予言は、僕も遅まきながら本を読んでいました。それで、これは本当に未来が見えていたのではないかと、当時の多くの人がそう思ったように、半信半疑ながらも信じていたと思います。

なのでワールドメイトに入会してすぐ、古くから深見東州先生と活動されていたスタッフの人に会える機会が会った時に、いきなりノストラダムスの予言は、当たるんですかと問いただした記憶があるほどです。

今からすると恥ずかしい限りですが、その時に相手の方は優しく、ノストラダムスそのものについては否定も肯定もされませんでしたが、心配されなくても人類が滅んだりすることは絶対にありませんよと、そんな話を聞かされたことを覚えています。

入会してしばらくすると分かったのは、ワールドメイトは当時、スプーン曲げなど、世の中で流行っていたような摩訶不思議なものに関心を持つような、そんな団体ではないのだなと思いました。もっと人間として本質的に大切なもの、文化的なもの、現実世界に役に立ち、人の幸せにつながるものに対して目を向けられていることが、だんだんわかってきました。

ただ、会員の中には超能力に興味を持つ人もいたせいか、スプーン曲げにしても、空中浮揚のような類にしても、もしそれができたとしても、人の幸せには何の関係もありませんよねと、そんな話を深見東州先生がされていたことも覚えています。予言についても、もし怖いことが起きる未来が変わらないのであれば、そんな予言は聞かない方が良いですよねと、そんな話もされていたと思います。

そして、摩訶不思議なことの全てが偽物というわけではないことも理解できました。摩訶不思議なことができる霊能力者は、太古の昔から、日本にも世界にも存在していることも知りました。ただし、そのような人たちは表の世界には出てきません。現在ならテレビにホイホイ出演することもしないようです。

月並みな表現ですが、ワールドメイトに入会すると、今までの自分の考えの浅はかさに気がつくことが多々あり、目から鱗が落ちる日々でもありました。また、漠然と疑問に思っていたことの答えも、明快にわかることが多く、今回書いてきた超能力に関することもその一つでした。

深見東州先生の話から、念力と、霊能力、超能力の関係がよくわかりました。これは著作「神霊界」でも、あっさりと解説はされています。超能力、霊能力を得るための方法の一つとして念力があることが書かれています。「今、心で描いたことを強く、そうなる、絶対にそうなると信じ、強く思い込める力」が、超能力に還元できる念力なのだそうです。

その根拠は、仏教の「唯識論」に詳しいと書かれています。唯識論については、著作ではあっさりとした説明ですが、「この世の森羅万象は、心で描いている世界の現れであり、この識の世界が真実無二の世界である」という説になるようです。

その心の力が凝結して物質世界に顕現するという理論的根拠を得て、天台密教も真言密教も成り立つと書かれています。どうやらこれが、霊力や超能力の原典と言えるものであり、マーフィの法則、引き寄せの法則、そして巷で流行っていた摩訶不思議な超能力などの一部は、これで説明がつくこともわかりました。

ワールドメイトではさらに詳しく解説が聞けました。マーフィの法則などを実践している人が陥る重大な問題点も的確に指摘されています。長くなるため今回は触れませんが。

そして、なぜこの世では、悪人と言われる人が、よほどよい人生を送っているのか?良い人ほど、損をしているのか?その理由も明快に理解できました。この世では念力の強弱によって、多くのことが左右されてしまう事実を知って、長年の謎がガラガラと氷解したことを思い出します。

念力が強い人間が、この世では幅をきかせるわけですが、だからといって闇雲に念力を強くするのも、やり方によってはかなり問題があります。念力を強くするために、どのようにするのが一番良いのか。そのあたりが、だんだんわかってきました。それだけでも、かなり強運の人生に変わっていくと思います。


超能力も、霊能力も、人の幸福や幸運につながらなくては、何の意味もないと言うことは、「神霊界」を読むと理解できますが、念力についても同じです。ワールドメイトでは、それを使いこなして現実をよくすることができるようになります。さらにもっと素晴らしい、他力を使いこなす方法まで、たくさん学べるところなのです。

おすすめの記事
新着記事