深見東州(半田晴久) 氏の年間イベント一覧
エンターテイメント満載の「ISPS HANDA 楽しく面白い シニア トーナメント」

オリンピックが終わり、私の周りの人たちからは、とても寂しいという声が多く聞こえてきます。開催前までは、本当に開催できるのか危惧されていましたが、嘘のように変化しました。予想通りとも言えますが。

オリンピックに感しては書きたいことがたくさんあります。ですが、キリがなくなるので今日は7月に開催された「ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」のメディアの報道、ライブ中継を見た感想などを書きます。

ゴルフの結果

シニアの部では、ISPSアンバサダーの井戸木鴻樹プロ(59歳)が、二日目に9アンダーを叩き出し、一気に28人のごぼう抜きで優勝を果たしました。井戸木プロは、国内では9年ぶりの優勝です。8年前の全米プロシニアゴルフ選手権での優勝以来、それが重荷となり、マグレと言われたく無いので早く勝ちたいという気持ちが強くなったそうです。それがパターの不調につながり、勝てそうで勝てない日々が続いていました。今回の勝利をきっかけに吹っ切れると良いですね。

本当は、同時期に開催中の全米シニアオープンへの出場権があったものの、ISPS半田晴久会長(深見東州先生)に声をかけてもらい、アメリカにいかず、こちらで勝てて良かったと喜びを語っていました。

スーパーシニアの部では、68歳の福沢孝秋プロが接戦を制して優勝しました。体は悪いところだらけだということですが、筋肉が衰えないようにと、ふだんは足に1キロの重りをつけて歩くなど、鍛えているそうです。

昨年は新型コロナの流行で、国内シニアツアーが軒並み中止となり、開幕が見通せない状況でした。その状況を知った半田晴久会長が、急遽開幕戦と第2戦の開催を決断し、素早く決行しました。しかも観客を入れての開催でしたが、対策がしっかりと行われたため、感染者は出ませんでした。そのおかげで、シニアツアーも無事に開幕を迎え、それに続いて、なんとか試合も増えました。

今年は試合は開催されていますが、無観客もあり、有観客もありで行われています。そんな中、ゴルフ文化の創造をテーマに、メジャーの公式戦以外のトーナメントは興行ととらえ、人々が試合に喜んで足を運び、男子ゴルフを活性化させたいということで、今年も開催されました。

昨年に続き、毎日先着千名のギャラリーには有名店のお弁当が出ました。さらにアイスの食べ放題もありました。ゴルファーには、とうもろこし、スイカの食べ放題に加えて、生簀釣り堀で高級魚を2日間で6匹まで釣りができるようにし、その場で捌いて冷凍パックで自宅に送るサービス付きでした。ゴルファーも美味しいものがあると、気持ちも上がるでしょう。嬉しい気持ちは観客に伝わり、会場の雰囲気があたたかくなるとのことです。ちなみに毎回生簀釣り堀は、早朝からゴルファーがつめかけるほどの、大人気だそうです。

史上初、プロレスをゴルフコースで開催

深見東州先生は、新しいゴルフ文化の創造ということで、これまでにもゴルフのトーナメント観戦だけではなく、さまざまなエンターテイメントの要素を取り入れてきました。その中でも、今回はひときわ目を引く仕掛けでした。

プロレスとゴルフを融合させるなど、誰も思いつかない企画ですね。そもそも、それが新しいゴルフ文化の創造になるのか、理解できな人も多いと思います。根っからのゴルフファンで、ゴルフの試合を見るのが大好きだという人にとっては、余計なものなのかもしれませんからね。

しかし、メジャー大会のように、世間からも注目され、大勢の人たちが見にくるような試合ならともかく、私のような一般的なスポーツファンからすると、ふだんのゴルフの試合には、そこまで興味を惹かれるとは言えません。ましてやシニアの試合になると、報道すら、ゴルフ関係メディア以外はほとんど見かけませんからね。

プロスポーツは人々に注目され、多くのファンがいてこそ成り立つと思います。今回、オリンピックを見て思ったのも、野球やサッカーのような人気スポーツと並んで、普段はほとんど目にする機会がないスポーツもたくさん報道されていました。それによって、そのスポーツの面白さが伝わり、注目され普及につながる効果は絶大なものがあるでしょう。オリンピックという一大エンターテイメントの中で、マイナーなスポーツにも光があたり、ふだん知ることのないアスリートの姿を見れることは、オリンピックの素晴らしい一面だなと感じます。

「ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」の場合は、プロレス観戦とのタッグにより、普段はそれほど関心の無い人でも観戦に行ってみようかとなれば成功だと思います。シニアトーナメントの試合も、今回は井戸木鴻樹プロが大逆転の勝利をおさめましたが、レギュラーの試合に負けず劣らず見応えがあるので、ファンが増えるのではないかと思います。

TOSHUチャンネルより「ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」

主催者の挨拶の中で半田晴久ISPS会長(深見東州先生)は、「皆さんに喜んでもらえたようで私も嬉しいです。ゴルフ界は地味で真面目すぎて面白さが全くありません。それでは観客がトーナメントを見に行こうとは考えないですよ。私はゴルフ文化を創造し、高めていくためにはどうしたらいいのかを常に考えています。そして、その一つが今回の野外プロレスです。ゴルフ場でプロレスをやったっていいじゃないですか。花火大会やコンサートなど、選手やギャラリーの皆さんに喜んでいただけるアイデアは、まだたくさんあります。ISPSがやっていれば、いつかは他のスポンサーの皆さんも、うちでもやろうと思って下さるようになることでしょう。他のスポンサーがやるまでISPSは、とことんやり続けますよ」と語られました。

「これからもわれわれISPSは、エンターテイメント性を高めて、お客さんも、プロゴルファーも、ゴルフ場の皆さんも、スポンサーも、全員が楽しめるようなものを目指します。それが、ゴルフ界のためにもなると考えています」とのことです。

実際に選手から、またギャラリーの声からも、概ね「こんなに楽しくて面白い、ワクワクするようなトーナメントは、ISPSだけですよ、他には無いですね」というほど好評だったようです。

関係者からも、今回の演出や企画に違和感はなかった、意外にマッチングしていた、と好評だったそうです。もちろん、トーナメントやゴルフ場はこうあるべきだという、既成概念や固定観念を持つ人からの批判もあると思います。それらもわかった上で何もしない傍観者にならずに、批判や同調圧力を恐れず面白いと思ったことは徹底的にやるのが半田晴久会長でしょう。

度胸と思い切りのよさは、長年ワールドメイト会員をやっている者なら皆知っています。とはいえ目立ちたくてされているわけではなく、全てみんなが楽しくハッピーな気持ちになれるようにとの思いからされていることも理解しています。

話はそれますが、オリンピックの開会式、閉会式での演出は、個人的には残念な思いでした。いくつかをのぞき、控えめで地味な演出が多くて、あまり評判はよくなかったと思います。コロナ禍での開催だったので派手な演出を控えたのかもしれませんね。

あれはあれで良かったという人も多いと思いますが、せっかく世界数十億の人々が見ているので、選手たちをもてなす意味も含めて、もっと日本の得意分野を生かしたエンターテイメントで勝負してほしかったですね。リオで観衆を湧かした安倍マリオの流れでいくのかと思いきや、それもありませんでした。ただ、それらを挽回してあまりあるほどの日本選手の活躍には大いに救われましたが。深見東州先生のような、人々をあっと驚かす演出ができる人が、日本にはたくさんいると思いますので残念です。

迫力のプロレスと爆笑トークバトル

プロレスは見せる要素が強いので、ウソくさいと思う人もいると思います。しかし強烈な技を繰り出し、それを受けても倒れない強靭な肉体を持ったレスラーがぶつかり合うのを見ると、理屈なく面白いですね。実際に強くてスター性があるレスラーが、トップに立つのでしょう。短い時間でしたが、アナウンスからレフェリー、実況中継も本物で、女子も男子も激しいバトルが行われました。プロレスの醍醐味をかなり堪能できたと思います。

そして、最後はレジェンドレスラーの3人、長州力、蝶野正洋、武藤敬司が登場し、そこに人気アニメ「キングダム」の王騎将軍に扮した深見東州先生が加わるトークバトルとなりました。バトルと言っても、サンバダンサーズから始まり、まさかの王騎将軍が仕切る、笑いにつぐ笑いの展開でした。初っ端の盛り上がりとギャグの連発で、3人のレスラーもあっけに取られていましたが、すぐに3人3様のキャラ全開の、抱腹絶倒のトークショーとなりました。

深見東州先生のよどみなく、次々と相手の持ち味を引き出す話術はさすがだなと思います。そしてプロレスに詳しいことにもびっくりしました。

第1試合は女子(井上京子、デボラK組VSジャガー横田、マドレーヌ組)、第2試合は男子(ザ・グレート・サスケ、GAINA組VS西村修、KEITA in THE House)の試合。レジェンドに最前線の選手が入り乱れ、井上組のセコンド・ブル中野が暴れ回る。

西村組のセコンドとして登場したザ・グレート・カブキは、ヌンチャクを披露し、芝生の緑に映える赤の毒霧を吹き上げるなど、ギャラリーを大いに楽しませた。プロレス初観戦というギャラリーも多かったようだが、その迫力に圧倒され、昨今の社会情勢で自由に応援はできないものの、大興奮の様子が見て取れた。

「第3試合」のトークバトルも豪華そのもの。長州力、武藤敬司、蝶野正洋の3人が、MCのISPS・半田晴久会長と丁々発止のやり取り。「滑舌」「名勝負の思い出」「あの事件の真相」などを、いろいろと語り合った。一時代を築き上げた3人だけに、マイクもお手のもの。ゴルフファンも十二分に満足させていた。

ライブ配信された動画を、まだ見ることができます。

【DAY2】ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント

最後にプロレスの試合とトークバトルが見れます。

【DAY1】ISPS HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント

途中、ゴルフの解説に半田晴久会長(深見東州先生)が加わります。

おすすめの記事