ワールドメイトの深見東州先生は、絶対的な不幸なんてないんですよと、言われることがあります。不幸な気持ちがあるだけなんですよと。これは、意味が深い言葉で、たとえば子供が親不孝で、やりたい放題で親に迷惑ばかりかけ、心配ばかりかけていると、親は苦労しますし、病気になったりして、本当に子供のせいで不幸になってしまったと思うでしょう。たしかに、そういう人がいます。こどものことで心配ばかりして、自分を不幸にしている人がいます。でも、子供に気持ちが着さないで生きていけるならば、たとえいろいろあっても、痛み苦しみはあっても、それが不幸とはならないそうです。自分の心が子供に囚われているから、不幸と思う気持ちになるのであり、じっさいに不幸なわけです。

また、比較してみればわかるように、もっと不幸な環境の人はたくさんいますし、上には上があります。それがわかる人は、そういう人たちに比べて、自分の方が不幸だとは思わないでしょう。むしろ幸せだと思えてくるものです。そういう境地や信仰を持っている人は、不幸には絶対にならないそうです。そして大事なことは、生きてるときに幸せな人は、あの世でも浄土のような世界ですが、生きてるときにそれが悟れず、不幸な人は、あの世でも大したことがないということです。

これは、昔から言われていましたが、最近ようやく、本当にそうだと思えるようになってきました。まだ十分ではないですが、環境に支配されずに、環境を支配する側でないといけないのでしょう。そうやって、苦しい環境のときでも、苦しいと思わなくなることができれば、たしかに不幸になりようがないですね。ワールドメイトに入会して、一番すばらしいことの一つは、そのように、自分を不幸な気持ちにしないで、幸せな自分にできることなのかもしれません。それと並行して、より実力も運も備われば、さらにいうことがないです。そのようになれるのが、ワールドメイトのすばらしいとこだなと、最近わかってきました。

そして日々、目標に向かって、ただ今ただ今に生きていけばいいわけです。そうすると、悩む暇もないし、現実的に問題があっても結果的に良い方に向かいます。たとえ良い方に行かなかったとしても、気にならなくなりますから、どのみち不幸ではありません。まず、絶対に自分を不幸にしない自分をつくらないといけませんね。そうすれば、あとは幸せな自分しか残らないし、幸せになる道にしか進みようがなくなりますから。

今でしたら、お盆の季節で先祖を供養するときも、生前幸せだった先祖もいれば不幸な先祖もいたでしょうけど、生きてる子孫が幸せになることは、先祖にとってもありがたいことでしょう。不幸な子孫に供養してもらうより、幸せな子孫に供養してもらう方が先祖もありがたいと思います。また、子孫である自分が不幸な気持ちでいると、不幸な気持ちで死んでしまった先祖を救うこともできないし、かえって不幸な先祖と同期してしまって、ますます調子がおかしくなるかもしれません。

人間というのは、努力すれば努力したで、困難はたくさん出てきます。だから、困難や悩みがあることは、当たり前のことであり、むしろそれは、ありがたいことなのかもしれません。そう思えるようになれば、本当に幸せな人生観ですし、じっさいに幸せな人生にしかならないでしょう。そういうことを自然と学べるのがワールドメイトの特徴ですが、それが実践で身につくことが、本当にすばらしいことだなと思います。

 悩み

人間の幸せとか不幸とかは、どうやって決まるのだろうとか、ワールドメイトに入会する前は随分考えていた記憶があります。ところがワールドメイトに入会してからは、あまり考えなくなりました。考える暇があれば精進努力しようと、そういう気持ちになったからかもしれません。

とは言っても、人間として精進努力していれば、努力しなくてもそうなのですが、いろいろな悩みが次から次に出てくるかと思います。悩みがあるから不幸になるとは限りませんが、それが深刻になれば、たしかに不幸になることもあるでしょう。そういう悩みに関して、深見先生はワールドメイトで、相当な数の悩み相談にのってこられました。最近はあまりに忙しくてそういう時間はありませんが、過去の悩み相談をまとめたビデオなどで、いまでも見ることは可能です。一口に相談といっても、身近な疑問のようなものから、かなりヘヴィーなものまでありますが、あらゆる内容に、いろいろな角度から縦横無尽な答えが出てくるので、わたしなどは、聴くたびに感心しておりました。

しかし本当は、深見先生や人に相談するのではなく、自分のことは自分で解決できるようになるのが、素晴らしいことだと思います。人はいつでも相談に乗れるわけではないのですから、そうならなければ、その人自身も困るでしょう。そして、実際にワールドメイトに入会すると、それができるようになっていきます。

あるとき深見東州先生は、考えるから悩むんですよと言われたことがあります。悩みはいろいろ考えるから悩むのだそうです。では、考えなければどうするのか。問題があれば、考えるのではなく、そのまま瞬時に祈りにしていけばいいそうです。頭で考えて悩んでも、神様も先祖も動いてくれないし助けてくれないそうです。だから悩みになるし、行き詰まりになっていくのだそうです。頭ですぐに考えるからそうなるそうです。ですから頭で考えないで、すぐに神仏に、あるいは背後霊や先祖に祈り向かえば、背後霊や神様が動かれて、じきに答えが返ってくるそうです。

しかし、ワールドメイト会員でない人にとっては、祈りなんかで解決するなら苦労はしないよと、そういう声が返ってきそうです。私もワールドメイトに入会する前までは、そう思っていたと思います。だから、そう思うのは、むしろ普通だと思います。

しかしながらワールドメイトに入会して、実際に深見先生が人間離れしたことばかりされ、次から次に不可能を可能にされるところを見ると、その考えが間違いだったと気づくのに、そう時間はかかりませんでした。深見先生が、あのようなだれもできないようなことを次々とやれるのは、そういう祈りの力と無縁ではなかったのです。それどころか、現実に努力するやる気までも、最短の努力で最大限の効果がでるやり方も、祈りからはじまるようなのです。ただ、その祈り方が、私たちが思うような祈りとは、一味もふた味も違ったもので、到底教えてもらわない限りは、できないという内容であっただけなのです。

そうやって小さい時から神仏に祈り続けて、祈りの力で切り開いていくことを深見先生は体得され、以後は、そのように祈ってこられたからこそ、今では、なんでもできるような人になってしまわれました。深見先生は、他力を常に動かしていて、余計なことは考えないのだそうです。考えてもわからないことは、すぐに祈るそうです。どんどん祈って投げかけていくそうです。そうやって祈って口に出して言わないと、神仏は動かないからだそうです。頭で考えるという分別の知恵ではなく、神仏に祈ることからくる、天来の知恵によって、深見先生は、あらゆる不可能を可能にしてこられているのでした。

たしかに祈れば聞いてくれる、祈らないと聞いてくれないというのは、ワールドメイトに入会して、私もなんども経験しました。にもかかわらず、ついつい祈りを怠ってしまうのは、すぐに頭で考えるという長年の癖が抜けないのと、まだ本当にいのりの極意を会得できてないからでしょう。なので我力と人知でいきづまってしまうことが、今でも多々あります。

しかし、この祈ることで、次々と越えていく訓練をしていけば、以後、死ぬまで素晴らしい人生になることはわかっています。そういう人になれれば、一緒にいるだけで周りの人もうまくいくことでしょう。深見先生がまさにそういう見本のような人です。深見先生と一緒に何かをやる人は、その人の能力以上のことがやれているのではないでしょうか。そして、運まで良くなっている人が大勢いるのです。

祈りは、生まれつきの祈りの才能もあるのかもしれませんが、でも、ワールドメイトで真剣に学んでいけば、だれでもある程度以上にやれるようになると思います。少なくとも最低でも、自分のことは自分で幸せにできるレベルくらいにはなれると思います。

たとえばワールドメイトでは、世界から貧困と戦争をなくし、平和で豊かな世界になるようにという祈りをしますが、その祈りを叶えるには、願うスケールが最高に大きい分、時間と労力がかかるというだけの話です。規模が大きいものほど、それなりの時間がかかるので、それでも、確実にそういう方向へ向かっていってるのです。

事実として、過去に深見先生が実践され、身をもってなんども示してこられています。深見先生のことを知る人で、そのことに異論がある人はいないでしょう。深見先生は、過去、いろいろなことにおいて、不可能を可能にしてきた人です。あそこまでなるのは無理にしても、いままでの自分の何十倍も素晴らしい自分にはなれるはずですので、そうならないと、ワールドメイトに入会しても、もったいない気がしています。

おすすめの記事