toggle
2017-09-29

ワールドメイトで知った、良い結婚の3条件とは


歌手の安室奈美恵さんが来年引退することを表明しましたが、大きな悲しみに暮れている人も多いことでしょう。私もファンの一人として、まだまだずっと活躍してくれるものと思っていましたのでショックでした。

引退のことを綴ったメッセージの最後に、「引退までのこの1年、アルバムやコンサート、最後にできるかぎりの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思っています」とありました。

今日は、安室ちゃんの引退のことを書くのではありませんが、「精一杯し、有意義な1年にしたい」という言葉を聞いて、いろいろ思うこともありました。

 

「精一杯し、有意義な1年にしたい」というのは、おそらく誰しもが一度は思うことではないかと思います。一度ならず毎年思っているという人も多いことでしょう。そして、できることなら一生涯を精一杯生きて、有意義な人生にしたい。素晴らしい人生にしたいと思うのではないでしょうか。

なんらかの事情で、どうしてもそうは思えないという人もいるでしょうけども、そんな方も含めて、読んでもらいたいのが今日紹介する深見東州著「解決策」です。

 

 

私が思うには、この本の中には、人生を素晴らしくするためのヒントがたくさんあると思います。

有意義な人生にしたいと思っても、現実には、なかなかそうはいかないと思います。また、「有意義にしたい」というレベルも内容も、人それぞれですから、実際にはその人にあった生き方の中でベストを尽くす形になると思います。

それでも誰にでも共通して、人生を素晴らしく生きるためのコツのようなものは存在しているように思います。

この本には、そのようなコツやノウハウが、分野別にいくつも書かれていると思いました。

 

たとえば結婚に関することでは、良い結婚とはどのようなものかについて書かれています。

良い結婚はと聞かれれば、「相性が良くて、気があう人との結婚が何より」「私のことを大事に、幸せにしてくれる人が最高」「お金持ちで優しい人と結ばれる」など、いろんな意見があると思いますが、深見東州先生は、三大条件として、次のことを挙げられています。

一、兄弟のような関係である。

一、自分に足りないところを相手が持っていて、補ってくれる。

一、互いに同じ目標の部分がある。

 

 

それぞれの詳細は省きますが、要は、相性よりも相縁が大事だということです。相性というものも、そもそもなにを基準に言うのか、とても曖昧なものですが、一緒にいてフィーリングが合うとか合わないというような、なんとなく相性といえるものはあるかと思います。

占いが好きな人でしたら、ホロスコープや気学などで、お互いの相性を見ることもできるでしょう。しかし、それで相性が良いからといって、必ずしもうまくいくとは限りません。むしろ、占いでは相性が最悪と出てる人が、ずっとうまくいっている例も知っています。

 

そもそも相性判断ほど難しいものはないそうです。はっきりいうと相性判断ほど当たらないものもないそうです。

実際の人生においては、伴侶に限らず、仕事においても、相性が悪いなという人から助けられたり、逆に相性が普段から良いと思っていた人は、いざという時に何も役に立ってくれなかったりするものです。

結婚ならば、相性を気にするよりも、まずは人間を見てきめると良いそうです。その基準についても触れられています。相性にとらわれてしまうと、かえって婚期を逃してしまうことになるそうです。

 

 

私事になりますが、結婚して数年後に、夫婦の相性をホロスコープで詳しく見てもらったことがあります。すると最低とまではいきませんが、とてもひどい相性でした。そして、それは確かに当たっていました。相性が悪かったことを、その時お互いにはっきりと自覚できました。

しかし相性が悪いことを自覚すると、ここはお互いに触れないでおこうとか、これに関しては相手と自分の考えは逆のはずだから、そこを理解した上で対応しようなどと、知恵が湧いてくるようになります。それまでは、ちょっとしたことで、よくぶつかっていたのですが、だんだんとなくなってきました。

 

そして、なんとなく縁が深いなというのはお互いに感じていましたので、相性が悪くても、これまで無事にやってきています。そして、自分にない性質を相手が持っているためか、それがイザという時には、かえって良い結果になることが多々ありました。お互い似た者同士だと、同じようなことで失敗するかもしれませんが、似たものではないためか、私が失敗しそうなときは、相手が気づいてくれます。そして、相手が失敗しそうなものは、私の方では得意なことだったりするので、しっかりと注意ができます。

 

そういう体験からも、上に紹介した3大条件というものは、これは間違いなく良い結婚のポインドではないかと思えます。

他にも、老けこまないためのコツ、何事においても必ず勝つコツ、相手を見切って思い通りに動かすコツ、など、ビジネスから家庭のことまで、あらゆることに応用できるヒントがたくさん詰まった本だと言えます。

結果として、様々な行き詰まりや悩みも、人事百般における、ちょっとした工夫やコツを知っていれば、それを実行していくうちに打開されていくように思いました。ぜひこの本の中身を参考にして、良い人生のヒントにされると良いと思います。

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA