ワールドメイト会員で神社に参拝に行くと、必ずおみくじを引くという人が多いです。みんな引いてるとは限りませんが、おみくじから得るものはけっこうあるので、それで引くのだろうと思います。普通の参詣客や観光客がおみくじを引いて、大吉が出て喜び、凶が出てショックを受けるというような引き方とは、少し違うと思います。

大吉とか小吉とか、あるいは恋愛は吉、引越しは凶とか、項目別にいろいろ書いてあるのは、とりあえず置いといて、私は、おみくじの本文をみます。本文というか和歌だったり漢詩が書いてあると思います。神社仏閣によっても違いますが、最低でも何か短い文章が書いてあるかと思います。

 

最近は、恋みくじとか、何かに特化したおみくじも増えてるようですが、そういうものはあまり引きません。歌の部分がないものが多いですからね。歌の次に解説のような文章も書いてありますが、まずは歌を見るようにしています。そこに、今参拝をして祈ったことに対する、神様からのメッセージがあると思って読むようにしています。

ただし、昔の言葉で詠まれた歌ですから、意味がよくわからないものも多いです。わからないながら、それでも何となく意味を連想しながら、何かを受け取りたいと思って何度も口ずさんだりしながら読んでいます。

 

ワールドメイトの深見東州先生でしたら、和歌を見ただけで、その意を汲み取ることができると思います。なぜなら、深見東州先生は、ご自身で和歌を詠まれますし、勉強もされてきています。和歌に対する知識や鑑賞力が抜群に備わっています。そして、単なる鑑賞力の域を超えたものを感じさせます。

深見東州先生は、和歌を即興で立て続けに詠むことを平気でされます。ワールドメイトの神事では、瞬間に、スラスラと何首でも詠まれるところを、何度も目撃しました。それも、すべて深い味わいのあるものばかりですので、出鱈目に詠んでるわけではありません。それぐらいは、和歌の素養がなくとも誰にでもわかります。

そして神社でも、そのような感じで神様に和歌を捧げられているようです。そうやって神様と交流されていらっしゃるのだと思います。というのも神様は、和歌のような高度な文学性を持った言葉の調べでもって、本来はやり取りをされるようです。古事記や日本書記にも和歌はたくさん出てきますが、出口王仁三郎の霊界物語の後半にも、そのような和歌のやり取りで書かれている部分が多く見られます。

ですので、おみくじから神様のメッセージを受け取ろうと思うのなら、最低でも、文学的な和歌の鑑賞力くらいは、持ち合わせていないといけないのかなと思いました。もちろん、それだけでもダメで、高い霊格というものも必要でしょうね。

 

とは言いましても、なかなかそこまでは一朝一夕に身につくものではありません。気長に学問や教養を身につける努力をしていくしかありませんが、とりあえず今のレベルで、しっかり祈って受け取るしかないと思います。

ワールドメイト会員は、吉凶は参考程度にして、そのようにしておみくじを引いている人が多いかと思います。

 

omikuji

 

その吉凶に関することで、ワールドメイト会員に馴染みの深い白山比咩神社では、大吉が出ても、本文の内容を読むと、とても大吉とは思えないような内容になっています。逆に末吉でも、まあまあのことが書いてあったりします。大吉が出ても油断しないようにという教えなのかもしれませんが。

ただ、誰に聞いても白山比咩神社のおみくじは、吉凶に関係なく厳しい内容のことが書かれていることがほとんどでした。しかもかなり具体的に分かりやすく書かれてます。驕ることがないよう、甘やかさない神様なのかもしれません。最近は、凶を引くと縁起が悪いということで、それを無くしている神社も増えているようですが、どれを引いても凶かと思うくらい厳しい内容の白山比咩神社のおみくじは、貴重な存在と言えるかもしれません。

でも、バンバン凶が出る神社仏閣もあります。私も、ワールドメイトで全国の神社に行きましたが、明らかに凶の出る割合が多い神社仏閣がいくつかありました。関東、関西にもありますが、ただ最近は行かなくなったので、当分は、凶を引く機会もないかなと思ってますが。

ワールドメイト会員の中には、本当に大事なことを決めるとき、おみくじを引いて参考にするという人もいます。おみくじのような神占によって、国のまつりごとを決定していた時代もありましたので、その名残と言えるかもしれませんが。

 

それでは、ワールドメイトのホームページに載っている、おみくじのことにも触れてみたいと思います。本当は、これを紹介しようと思って書き始めたのですが、最後になってしまいました。

「深見東州和歌おみくじ」のところをクリックすると、「ワールドメイト開運おみくじ」と出てきますが、そこからどなたでもひくことができます。

すると、吉凶とともに、「深見東州おみくじ歌」と書かれた、短歌が出てきます。短歌と言うよりも、主に道の教えを説いた道歌が多いですね。初めての人には、若干わかりにくいのかもしれませんが、かなり、平易な言葉で書かれていますので、およその意味は理解できると思います。神社の和歌のおみくじよりは、ストレートに、かつ深い意味が受け取りやすいかと思います。

いくつ種類があるのかわかりませんが、どれも、味わい深い教えが込められた歌になっています。何かに行き詰まった時とか、今日1日の糧にしたいからと思って引くのも良いと思います。あるワールドメイト会員は、そういうのに関係なく、次々と引いて読む人もいます。そうすると元気が出て、頑張ろうという気持ちになるそうです。

ちなみに凶はないようなのでご安心ください。ワールドメイト会員には、あまり気にする人はいないと思いますが、神社でも凶が出ると、大吉が出るまでひき直すという人もいるくらい、世間には気にする人もいるようですしね。
また、中学生で、凶を引いてずっと気にしてる子供を見たことありますので、やはり悪い方に気にする人は、けっこういるのでしょう。

 

何かの時に、ワールドメイトのおみくじを真剣に引いてみるのも良いと思いますので紹介しました。はっとする気づきが得られるかもしれません。

 

84

おすすめの記事