深見東州 (半田晴久) - Profile


深見東州 (半田晴久) 氏の様々なプロフィール

ここでは、深見東州 (半田晴久) 先生の様々な分野におけるプロフィールを、関連団体、役職などを混じえ、書籍やホームページなどからまとめたものを紹介しています。最新ではないものもあるかも知れませんが、ご了承ください。

 

同志社大学入学から就職で上京するまで

同志社大ではESSに所属し、英語でディベ―トを学び、現在ではネイティブレベルと言われています。現在の、深見東州先生のジョークを自在に挟んだ英語のスピーチ、討論、日常会話などを見ると、語学力がインターナショナルな現在の活躍に欠かせない重要な要素であることが理解できます。

実は大学では日本文化を勉強したかったそうです。ところが父親の強い命令と、叔父が神戸大学のESSで活躍していたこともあり、2人から無理やりにESSに入部されられたそうです。深見東州先生はそれを運命と思い、ESSの活動に徹していったそうですが、それが学内でも評判になり、3年時には部員400人の委員長(プレジデント)となります。そして組織の改革を成功させたそのエネルギッシュな活動ぶりは、未だに部内の語り草になっているそうです。

その大学がある京都は、外国人観光客が多く、その中で日本文化を外国人に論理的、具体的に英語で説明する力を養なったそうです。結果として英語によるディベート、ディスカッション、スピーチをこの時期にマスターし、さらに外国人に日本文化を説明するためには、もっと深い勉強が必要と感じ、書や能や茶道を学び始めます。その京都での大学の4年間は、現在の活動のベースになっていると深見東州先生は述べられていました。

それ以外にもイタリア語、フランス語、中国語、ロシア語など、6、7カ国語で歌を歌えるほど、複数の語学に造詣があります。

大学卒業後、ダイワハウスに入社し上京します。そこで初年度からトップセールスマンとなります。しかも仕事と並行して、古典、古書、古文献などの読書や研鑽を重ねたそうです。それでも受注件数は常にトップで、その奇想天外で、度胸のある営業方法により、次々と大手を開拓していかれました。

さらに業務の傍らに、銀座の道院紅卍字会に通い、根本宏氏のもとで研鑽を積まれています。根本宏氏は、国士舘大学教授に招聘されますが固辞し、大道の泰斗への道を歩み続けた、道院紅卍字会随一の碩学であった方です。そこで深見東州先生は、半年ほどで、根本宏氏より任天の導師になる人だと言われます。

 

時計の商社、予備校のみすず学苑を起業し実業家としても成功する

ダイワハウスを退職し、26歳で起業されます。以来、あらゆる業界に精通する修業が続き、現在では国内外に十数社の会社を持つ経営者となられました。なかでも時計業界、予備校業界は、起業時には不況のまっただ中、あるいは斜陽といわれる業界で、修行のために裸一貫で参入しての苦労の末での成功でした。予備校を始められたのは、迷える子羊を救えという天啓を受けたからと言われています。

それこそ並大抵の苦労ではなかったでしょう。その中から研究に研究を重ね、度胸と根性で身につけられた経営手腕が、初期の一時期をのぞく、現在すべての会社の黒字経営に結びついていると思います。

その経営者としての実力を生かして、菱研という会社では、中小企業のコンサルタントをされています。また、経営に関する著作も、銀行系シンクタンクから高い評価を受けるなど、圧倒的な経営、経済に精通した実力をお持ちです。

その菱研で開いたビジネスセミナーでは、過去、キッシンジャー元米国国務長官やP.F.ドラッカー博士、アルビン・トフラー、サッチャー元首相、ゴルバチョフ書記長、ダニエルベル、レスター・ブラウン、ハンチントン教授、フランシス・フクヤマ、などなど、そうそうたる人たちをゲストに招き、お互いに交流を深められました。1990年代のことです。

また予備校経営の経験を生かした教育者としても一流で、今では少人数予備校業界の雄となり、高い見識とユニークな指導で実績を上げられています。その受験教育のありかたについてのコラムが、五大新聞のひとつ産経新聞で長期連載され、好評につき著作としても販売されます。

 

それはそうと、ワールドメイトの教祖として圧倒的な宗教的、神さまごとの実力をお持ちの深見東州先生が、ビジネスにおいても、ここまで実践して成功する必要があるのでしょうか?

それは、まず宗教だけでは複雑な経済活動に生きる経営者の具体的な悩み、サラリーマンの仕事の悩みは解決できないというのがあるのでしょう。経営者として具体的にマネジメント力、営業力、財務、労務管理など経営に必要なあらゆる実力を身につけることで、経済の悩みが多い現代の人たちの問題や苦しみに対して、より具体的な指導、救済が可能になるのではないかと思います。深見東州先生のワールドメイトにおける悩み相談が、宗教的な癒しだけで終わらず、具体的で現実に改善につながる生きたアドバイスになっていることでそれが理解できます。

大きな次元で言うと、深見東州先生自身にとって、宗教家というのは一面に過ぎず、それ以上に芸術家でもあり、福祉活動や、スポーツの支援、人権問題に取り組む活動もされています。最終的に目標とされているのは、日本を中心とした世界平和の実現だと言われていました。宗教だけでは世界を救えないでしょうし、世の中を変えることはできないとも言われていますので、宗教という枠にとらわれず実業家としての実力を養うことも、世界平和の実現に必要な要素になるのではないかと感じています。

深見東州先生は、芸術やスポーツの持つ力で、実際に社会に貢献されていますが、それも経済的な基盤が必要でしょう。また、経済の時代と言われる現代の世界において、経済に強く、実際に成功している人がより広く人脈を築き、世界に影響力を発揮しているのを見ても、現代においてビジネスで成功することの意義は、経済的な基盤だけではなく、とても大きな意味があると私は感じています。

 

30代中頃からは、あらゆる分野にチャレンジし、万能性を発揮し始める

30代からは著作活動が始まり、宗教関係の本以外にも、福祉、料理、ギャグ集、俳句集6~7冊、短編小説2冊、詩集7冊、絵本、アニメ原作、博士号論文など著作は280冊にのぼります。(平成27年末現在)

170万部を越える強運をはじめベストセラーも数多く、どれもオリジナル性が非常に高く、かつハイレベルな内容にもかかわらず、わかりやすいのが特徴だと言えます。

平和を愛する芸術家として、舞台芸術に関してはオペラ、京劇、能楽、40代まではバレエもされていました。特にオペラの舞台は、主役とプロデュースを兼ね、毎年公演を行い、非常に高い評価を受けてきました。声楽のバリトンとして、日本では屈指の実力でしょう。中国でも公演されていて、国立中国歌劇舞劇院一級声楽家に認定されています。

能も一流のプロとして、宝生流家元らとともに、国連本部前や、エジプトのスフィンクス、アンコールワット、他国内のあらゆる場所で、年に何度も共演し、舞台に立たれているほどの実力者です。

京劇は、中国国家二級京劇俳優に認定され、アマチュアの国際京劇コンクールで、トップに当たる金龍賞を受賞されています。

バリトンのトップ歌手として、また、J-POP、アメリカンポップス、ラテン、シャンソン、アニメ、演歌、童謡、まで幅広く歌える一流の歌手として、多くのCD(111枚)あるいはDVD (35本)が、今日(平成27年末)までに発売されています。そして、それぞれの分野において、高い評価を専門家から受けています。

作詞家、作曲家としての才能も素晴らしく、約400曲以上作曲されています。インストロメンタルから、管弦楽曲、ピアノ曲、演歌、ポップス、最近ではシンガーソングライターとして名曲をきら星のごとく作曲されています。どれもが粒ぞろいの作品ばかりなのには驚きます。

また、歌手兼オーケストラの指揮者として、カーネギーホール、ロイヤルアルバートホール、日本武道館など、いくつかの世界の檜舞台で公演を行われてきました。多くはチャリティコンサートでもあります。

さらに、楽器も、ピアノやバイオリン、和太鼓、能管などを演奏されていました。

書においても、大英図書館に現代書家の名品として作品の一つが収蔵されています。また、2014年には大英博物館から招聘され、書のパフォーマンスを行い、好評を博します。これまでに書画集、絵画集が10冊ほど刊行されています。

その絵画は油絵、水彩、アクリル、墨彩、など多彩で、一流の優れた美術書を刊行している「美術書の求龍堂」の当時の編集部長から巨匠だと言われていました。中国では、外国人で初の国家一級美術師の認定を受けています。

他にも、華道、茶道の師範であり、ファッションデザイナーとして、2001年にはファッションショーでデビューされます。その時の社団法人日本デザイン文化協会主催の「NDKファッションデザインコンテスト」で、かぐや姫をモチーフにした作品が、5千点中2位に選ばれました。もう一つ七夕をモチーフにした作品も入選しています。

 

劇団、ラジオのパーソナリティ、ギャグの世界でも異色の世界を展開

ラジオのパーソナリティ歴も長く、最長の番組は22年間務められました。
本来ラジオは放送コードが厳しく、宗教家は特定宗派の布教につながるためレギュラー出演ができないと言われています。深見東州先生は多彩な文化人として放送業界で扱われているのでしょう。宗教の枠にとらわれない、普遍的な活動が理解されているのがわかります。以前に、全く無実のセクハラ、脱税、霊感商法疑惑が報道されたときでも、ラジオ局の信頼が厚いのか番組は続いていました。出鱈目な報道というのが、ラジオ局の人には、はじめからわかっていたのでしょう。最近は「レオナルドTOSYUの遊びがナイト」という番組も3年ほど続いた後、現在は「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」が2015年10月から始まりました。

それから忘れてならないのは、ギャク作品集とパフォーマンスです。駄洒落やジョークも天才的な方ですが、芸人でもあのギャグの連発を真似できる人はなかなかいないでしょう。講演会を過去一万回以上されていますが、ためになる内容であるばかりでなく、毎回笑いが絶えないと言われています、ユーモアがあり、魅力的で人を引きつける話法の達人と言えるでしょう。

そのギャグをふんだんに取り入れた、「明るすぎる劇団・東州」という劇団も、2006年に立ち上げられました。言葉遊びの妙が効果的に挿入された、楽しい作品が多いです。短編小説を書かれていて、脚本家としても、また演出家としての細やかな演劇指導も素晴らしいと思います。独学だと思いますが、観察力と研究力が半端ではありません。劇団をかわぎりに、将来は映画、ミュージカル、アニメ制作などへ広がっていくのが期待されます。

 

福祉活動家として、人権活動家として

福祉活動家としては、ワールドメイトを始め、いくつかの公益法人などを通じて、カンボジアへの支援、中国奥地の最貧地域への支援、アルバニアへの支援など、海外の最貧といわれる地域への多様な福祉活動を20年以上前から継続されています。さらに支援の輪は年々広がっています。

主なもので、カンボジアの24時間無料救急病院の設立と支援、ワールドメイト未来の光孤児院の支援、クメールルージュ犠牲者の救済、世界で100校を超えるたくさんの小学校の建設、貧しい子供たちへの教育援助、その他にも数多くの支援活動があります。細かく紹介すると、膨大になるので簡単な紹介にとどめますが、その対称となる人々の将来と現在を大変細やかに考えた上でなされているので、無駄がなく、本当に必要な人に必要なケアをされています。また、その国の将来にとっても良い影響を及ぼすものが多く、その国の政府からも大変高い評価を得ているのも頷けます。

また、盲人福祉として、27年間ブラインドゴルフの支援と発展に寄与されてきました。ブラインドゴルフを日本に紹介し、日本ブラインドゴルフ振興協会を設立され、今日までブラインドゴルフの普及に大いに貢献されてきました。大変多くのブラインドゴルファーが誕生し、盲人の方たちが生き甲斐を見つける様子は、当事者の方はもちろん、それを知った健常者やプロゴルファーの人たちにも、大変な感動と影響を与え続けています。

世界各国のブラインドゴルフ協会と連携し、世界ブラインドゴルフ協会設立を提案し、その会長にも選ばれました。現在に至るまで、世界的なブラインドゴルフの推進にとり組まれていて、このような世界レベルでの障害者スポーツ組織は過去に例がなく、非常に画期的なことだといわれているそうです。

 

ゴルフとスポーツの支援活動

2006年からはシニアゴルフの支援にもとり組まれています。ゴルフの支援については、これから先の高齢化社会を迎える日本人にとって、健康増進や成人病の予防、ストレスの解消など、将来的に様々な恩恵をもたらす結果につながるものと期待しています。

2000年代の前半、日本のシニアゴルフは、特に女子にスポンサーがつかず、厳しい状況にありました。そこを救われたのが深見東州先生でした。その参入に影響を受けて、いくつかのスポンサーとなる企業が現れました。現在は男子シニアを支援されていますが、試合数は男女ともに増えています。

生涯にわたりゴルフができる環境が整うことで、プロを目指す人が増え優秀な選手が出やすくなるでしょう。ゴルフ人口も増えもっと庶民レベルに普及すれば、贅沢なスポーツというイメージから脱却し、手軽に楽しめる状況に変わっていくかもしれません。ただゴルフ人口が増えゴルフが普及するためには、シニアゴルフ界の活性化と平行して、多くのインストラクターの養成が欠かせないでしょう。その分野でも、同時並行で力を入れてとり組まれています。

欧米と日本のシニアゴルフの連携や、シニアプロとブラインドゴルフの連携にもとり組まれ。人望も厚いようで、深見東州先生を慕い、ゴルフの殿堂入りスタープレーヤーが多数所属する米国女子シニアゴルフ協会会長への就任要請があり、就任されています。驚くことに本場アメリカの女子シニアゴルフ界の責任者になられ、今ちにまで続いています。

盲人福祉関係では、ほかにも英国王立盲人協会という、英国一といわれる福祉団体の副総裁にも就任されています。この福祉団体の実質オーナーはエリザベス女王で、当時の総裁はその親戚筋の名門貴族の方で、副総裁はイギリス国教会の大司祭でした。歴史と格式のある団体ですが、日本人である深見先生が就任されたということは、驚くべきことでした。

 

学術関係、様々な公益活動

学術関係ではカンボジア大学総長、中国の一流大学の客員教授など、学術資格も多数あります。名誉教授を含めると、過去かなりの肩書きをお持ちです。また、中国No1とNo3の大学院で論文を書き、口頭試問にもパスして、現在までに二つの博士号(Ph.D.)を取得されています。

政治や国への政策などに関わる分野では、財団法人協和協会の理事長を務められています。

このシンクタンクは、岸信介元総理大臣によって設立された総務省所管の公益法人です。政界、財界、官界、各界の有識者などが、党派や思想を超えて国家的・国民的課題を検討し、政府へ有意義な提言を続けています。その名門財団の理事長に選ばれています。

また、政治、経済、宗教をまたにかけた世界的な活動も多く、アジアでは、ダボス会議のアジア版のような、アジアエコノミックフォーラムを立ち上げて会議を開き、チェアマンを勤められています。
英国公益法人、世界宗教対話開発協会の理事にも就任。こちらは宗教から世界平和の道を探って世界の宗教間の対話を進めている団体です。また、そのアジア版と言えるアジア宗教対話開発協会を立ち上げ、自ら運営されています。

アメリカではインターナショナル・シントウ・ファウンデーションを立ち上げ、日本の神道と文化を世界に発信されています。この団体は、国連と経済社会理事会との協議資格を取得している国際的組織であり、深見先生はその代表を勤められています。日本の神道がその精神性や自然性で、世界平和に貢献するために、国連認可NGOとして様々な提言を世界にされています。

カンボジアでは、フンセン首相の要請を受けて、カンボジア首相顧問に就任されました。外国人が一国の首相の顧問になるというのは、カンボジアでも初めてのことでした。現在は、カンボジア政府顧問(首相と副首相に次ぐ上級大臣)にも就任されていますまた、カンボジア王国福岡名誉領事にも任命されました。もちろん日本の外務省も承認済みです。

ほかにも多数の公職、要職があり。受賞歴、資格も多数あります。

駆け足で簡単に紹介しましたが、まだ、深見東州先生の活動の3分の1程度も紹介できていないので、折々追加していきます。

 

深見東州 (半田晴久) 氏の分野別プロフィール

こちらも随時更新します。