新着記事
深見東州氏と藤岡弘、氏が出演する、ときめく・紅葉盛りコンサート & HANDA Watch World・仙台・たなばた時計店!のオープン
「ワールドメイト独自のビジネスモデル・ギャグ満載広告の真の狙い」を読んで
シドニーでインビクタス・ゲームズ(国際スポーツ振興協会がオフィシャルパートナー)が開催
2015 深見東州 (半田晴久) 関連イベント
2014 深見東州 (半田晴久) 関連イベント
2013 深見東州 (半田晴久) 関連イベント
第4回 ISPSハンダ・HANDA Watch World・カップは、昨年以上の女子スター選手が出場予定
来年の国内男子ツアーから国際スポーツ振興協会の大会が無くなる理由
ブルース・リー祭のドニー・イェン、ユン・ピョウの映像が、HANDA.TVで放映中
深見東州インタビュー「宗教は実業と共存すべき」、東洋経済の宗教特集を読んで
東京大薪能で、日本の伝統芸能を世界に向けて発信
第17回東京大薪能が、9月23日に都庁・都民広場で開催
ISPSハンダ マッチプレー選手権決勝を観戦、マッチプレーの醍醐味はやはりこれ
ISPSハンダ マッチプレー選手権2018、9月5日から開催
ワールドメイトに関する主なカテゴリー別の人気記事
ワールドメイトの神祭事
ワールドメイト会員の証・御祈願
深見東州氏はアーティスト、ミュージシャン、舞台俳優、文学者 + ギャグマイスター
ボーダレス歌手
オペラ歌手
画家・書家
能楽・京劇
劇団
深見東州 (半田晴久) 氏の社会貢献・スポーツ振興・ビジネス
公益活動
ゴルフ振興
サッカー振興
ハンダウォッチワールド
社会貢献
ブラインドゴルフ
深見東州 (半田晴久) 氏のメディア情報
新聞・雑誌掲載
インターネット情報
テレビ放送
深見東州 Q&A 〜 マスコミのインタビューより
究極的な目標は?
深見東州氏の最終的な目標は
国内外を問わず、様々な宗教団体は「自分の宗教が一番素晴らしい」と考えているわけですが、コミュニケーション手段や交通、文明の発展などに伴い、「よくよく相手の話を聞いてみたら、どの宗教もだいたい同じようなことを言っている」ことが分かってきました。それぞれの宗教に若干の違いがあったとしても、やはり愛や悟りは尊いし、殺戮は良くないし、核兵器は廃絶すべきだし、貧困を救い、弱者を救うことは大切。また、争いをなくすためには、理解と忍耐と互いの尊敬が必要だと、だいたい同じようなことを言っているわけです。
  そこで、世界各国の宗教団体が参加するWPRC(世界宗教者平和会議)が組織されました。立正佼成会の庭野日敬さんと金光教の三宅歳雄さんが協力してWPRCを作ったのです。WPRCの設立により、それぞれの宗教の違いを尊重しながら共通項を理解し合い、ひいては核兵器を廃絶し、差別をなくしていこう、人々を貧困から救っていこうという平和活動が始まりました。これを宗教の枠を超えた「宗際化運動」と呼びます。
さらに今から50年ほど前に国連に同様の趣旨のTOU(理解の殿堂)ができたほか、ユニタリアン自由教会がIRF(国際宗教財団)を、また大本教は「万教同根」思想の人類愛善会、比叡山は宗教サミットなどを行いました。そして立正佼成会の庭野さんとPL教団の御木徳近さんが協力して新宗連(新日本宗教団体連合会)をつくり、宗際化運動はますます盛んになりました。この新宗連には4つのスローガンがありまして、私たちワールドメイトもこの考え方には大賛成です。
〜中略〜
そして、私の究極的な目標は、宗際化運動を通じて、日本を中心とした世界平和を実現することに尽きます。
(財界にいがた、2019年1月号、歌って踊るギャグ教祖・ワールドメイトリーダー深見東州の実像より)
 
ー政治家に献金するのはなぜですかー
 
パレスチナ問題にしても、あらゆる揉め事は政治決着するしかない。そのために有用な政治家に頑張ってもらわないといけません。しかしそれは超党派でなければならない。だから選挙運動は一切しません。
落選議員の辛さは父親を見てわかっているので、菱研で顧問料を払って面倒を見ることもします。皆さんが思っているほど政治家には力はありませんけど、人脈づくりには役立ちますね(笑)。
神道なので、基本的には右寄りですが、今は野党が弱すぎて与野党のバランスが悪い。私が最終的に目標としているのは、日本を中心とした世界平和の実現です。それ以外のことには興味ありません。
AERA dot.「電車広告で見かける「深見東州」は何者? 知られざる生い立ち」より)
ワールドメイトについて
信仰がないよりはある方がベター?
「新日本宗教団体連合会」(新宗連)というのがあって、アンチ創価学会でつくった立正佼成会が中心となった新興宗教の集まりがあります。現在60団体ぐらいが加盟している。その新宗連には4つの柱があります。
 一つは政教分離。これは創価学会へのアンチテーゼで、宗教と政治を分離すると憲法にありますから。それから信教の自由。あとは宗教協力。宗教団体が協力して世界平和を実現しなければならない。もちろんWCRP(世界宗教者平和会議)もそうなんです。WCRPは、現在「Religions for Peace」に名称変更してますが。最後は、「国民皆信仰」という考え方です。
 その国民皆信仰という概念が、新宗連の4番目の柱ですが、我々も国民皆信仰に賛同しています。どんな考え方かというと、一つの宗教団体がすべての人を賄うことはできないということなんです。日本人といってもたくさんいますから、一つの宗教団体が、すべての日本国民を変えることはできないと考えるのです。
 ならば、どこかの宗教団体に入って、それが嫌ならどこか別の宗教団体に移ればいい。要は自分に合うところに行けばいい。無神論で信仰を持たないよりは、どこか信仰を持っていた方が、信仰がないよりはベターだという考え方、これが国民皆信仰です。信仰がまったくない人間よりも信仰がある人間の方が、孤独とか不安に強くなり、安心立命が得られる。つまり、最終的に自分の力で自分を救っていく力があるわけです。それが、宗教の持つ社会的役割でしょう。
 ワールドメイトもそうなんです。だから、はっきりと宗教団体としてのカラーを打ち出して、それでいいなという人が来てくれたらいいわけです。どの道、カラーに合わない人は辞めますから。入退会は自由、強制もしない。
 もちろん、暗くて閉鎖的でまじめな宗教がいいという人は、そういうところへいけばいい。日本だけでもたくさん宗教団体があるので、創価学会へ行ってもいいし、立正佼成会に行ってもいい。ワールドメイトだけで全てのニーズは賄いきれませんから。だから、ワールドメイトに合う人だけ来ればいいし、嫌なら辞めたらいいんです。
 この考え方は運営している予備校「みすず学苑」も同じ精神です。はっきり言うと、合う人だけ来たらいい。予備校は予備校らしくあらねばならないという人は、そういう予備校に行けばいいわけなんです。
(【独占インタビュー】謎多き宗教家、深見東州とは何者か『iRONNA編集部』)
ビジネスについて
普通の会社は、収益極大化が最大の目的です。あなたのビジネスの最大の目的は何ですか。
  私の最大の目的は、現代における民衆の教化であり、金儲けや活動資金の獲得ではない。私は、天啓によって予備校に参入し、時計の会社を始めた。出版は、布教のために必要だからやることにした。
  今は「経済の時代」だ。経済戦線に入り込み、それに勝ち抜くことで、人々の苦しみを共有し、それを乗り越える教えを説くことができる。サラリーマンとしての生き方や、社会のことがわかって、初めて民衆を救い、教化することができる。高野山とか比叡山にこもって修行しても、何の意味があり、そこから、いかに今を生きる民衆を救い、教化することができるのだろうか。
 
─では、奇抜な広告のワケは。ー
 
私のポリシーは、「ドリアン・くさや・納豆・フナずし方式」です。どのみち、日本では宗教なんて、うさんくさいものと思われている。ドリアンやくさやは臭い。でも一度、食べてみたらおいしいと思う人もいる。好きになる人もいる。私は、日本中のすべての人によく思われようという気持ちを捨てたのです。「私は、うさんくさいよー!」と、明るくアピールしている。
それでも、無視されるよりはいいでしょう。10人のうち9人に嫌われても、1人がファンになってくれたら大スターです。日本人の1%でも、120万人だ。それでいい。あまりきれいな人間でいたら、思い切ったことができない。うさんくさいと思われるほうが、前人未到の行動ができる、好きなことができるんです。
とはいえ、私も昔からこれほど目立っていたわけではなく、著作でも顔を隠していたほどだった。新聞広告などへの出稿を積極的に始めたのは、7年前の60歳のときからだった。創価学会や幸福の科学の名前は広く世に知られているが、ワールドメイトの知名度は低いから、信者の親が入信に反対している、という声を聞いたのがきっかけだ。
へえ、そういうこともあるのか、世間的な認知度がないと信者が親に反対されるのだなあ、と。その出来事をキッカケに、私は次のような天啓を得た。それならば、新聞広告でよく見掛ける存在になろう、得体の知れない、明るい広告で知名度を引き上げればいい! 新聞広告にはすべて考査が入るので、宗教法人やワールドメイトの名は、すべてNGになる。だから、個人をアピールするしかない。それでも、厳しい考査があるので、その意味でも、信頼性は担保できるわけだ。この戦略のおかげで、もう反対する親や家族はいなくなったようです。本来は、明るく平和で、楽しい宗教なのに、知名度がないために、偏見や誤解が激しかったものが、緩和されたのだ。
今の私を、単なる目立ちたがり屋と揶揄する人もいるが、これほどバカな指摘はない。広告とは、そもそも目立つためにやっているのだから、当然でしょ。すべては「マーケティング理論」なのだから。単なる目立ちたがり屋なら、20代、30代、40代、50代で、とっくに今のようにやっていますよ。
(週刊東洋経済プラス、深見東州「奇抜な広告の狙いは戦略的なマーケティング」)
イベントについて
コンサートなどのイベントに力を入れている理由は。
ワールドメイトでは、「宗教的宗教活動」と「普遍的宗教活動」に分けて活動しています。宗教的宗教活動は宗教法人としての宗教活動。普遍的宗教活動とは人類愛に基づく活動や社会貢献の活動、いわゆる布施行としてのスポーツ、芸術、福祉、国際協力などです。
神様は真・善・美の三つの面を持っています。真とは科学や経営などの合理的なもの。善とは宗教、福祉、スポーツ、教育など。そして美とは芸術です。つまり、宗教は真・善・美という神の一部分にすぎない。
ワールドメイトの目指す究極は、真・善・美によって日本を中心とした世界平和を実現することです。それ故、宗教以外の普遍的宗教活動も積極的に行っています。
 
ー芸術や福祉などはもうかるものではないでしょう。ー
 
大赤字です。しかし、宗教活動などで寄付されたお金は浄財です。弱者救済や社会還元として使うので赤字でなければいけない。
 
ー世界のVIPをイベントに呼ぶ資金は、ワールドメイト会員の寄付で賄っているのですか。ー
 
会員の寄付が一番多いですが、私が経営する国内6社や(その一社である経営コンサルティング会社の)菱研の会員企業からの寄付もあります。
 
ー今年3月にオバマ前米大統領を呼んでイベントを行いましたね。ー
 
知人から「オバマ前大統領がアジアのツアーを予定しているので日本にも呼ばないか」と言われたんです。日本だけに呼ぶよりも安いというので。といっても数千万円では呼べないですよ。5億円まではいきませんでしたけどね。しかし、金額だけで呼べるわけではありません。親しい人の紹介があり、さらにご本人がピンときたから、日本に来てくれたのでしょう。
 
ーそうした普遍的宗教活動に使う金額はどれぐらいですか。ー
 
ワールドメイトの年間収入は大体100億~120億円で、運営費などを除く大半はそうした普遍的宗教活動に使っています。加えて、グループの収益事業からも約20年間で300億円ぐらい支出していると思います。
(週刊ダイアモンド 深見東州、風変わりな広告の教祖が激白「うさんくさく見られていい」より)
慈善活動について
マスコミはワールドメイトが多大な社会貢献をしている事実をまったく報じようとしません。カンボジアでの慈善活動がその最たるものです。
ワールドメイトは24時間無料救急病院や孤児院の他に、現地に政治・経済・文化系の総合大学「カンボジア大学を設立し、3000人近い学生が学んでいます。今やカンボジアではパンヤサ大学、プノンペン大学と同じトップ3の大きな大学となりました。
そのカンボジア大学ですが、大学とは言っても当初は小さなビジネスホテルを買い取って校舎に使用していたにすぎません。ライバルの私立パンサヤ大学は立派な校舎ですから、カンボジア大学の学長が「教育体制はうちの大学の方が上なのに、小さな校舎だから本当に悔しい」といって泣くんですよ。だから私は、「よし、わかった」と言って、即断即決で大きな土地を買い増しし、長い年月をかけて建設費を投入して、一昨年11月に、ようやく地上11階建ての高層ビル校舎を完成させました。パンサヤ大学よりも高くて大きな校舎ですよ。
それと同時に2008年にフンセン首相と私の本名・半田晴久にちなんで「フンセン・ハンダ・スカラシップ」という奨学金制度を創設し、貧しい地域の優秀な学生に対する、4年間の学費の全額負担を開始しました。これだけで4億の援助となります。
 
ー世界各国に支援の手を差し伸べているようですが、なぜ、とりわけカンボジアに対して多額の援助をしようと決断したのですか?ー
 
カンボジアでは約20年の内戦の間に、国民の約半数がポルポト派によって虐殺されました。そして、その当時、カンボジアはアジアの最貧国だったからです。同じ時に、ヨーロッパではアルバニアを集中的に支援しました。アルバニアは、その当時ヨーロッパの最貧国だったからです。また同じ時、中国の山間部の最貧層の支援もしました。つまり、その当時の、アジアとヨーロッパの最貧国と、世界的な最貧地域を支援したのです。
なぜ、アフリカやインドでなかったかというと、その3カ所は、過去に文明や文化や王朝を築き、末端の庶民に至るまで、国家や文明、文化を再興させる、ポテンシャルがあると思ったからです。それと良き人との縁があったことが理由です。
(財界にいがた、2019年1月号、歌って踊るギャグ教祖・ワールドメイトリーダー深見東州の実像より)