深見東州(半田晴久) 氏の年間イベント一覧
単なるツキではない、本当の強運になるには

ワールドメイトに入会し、ここは本物だなと思った理由がいくつかあります。その一つが、日本には神仏のご利益を説く宗教はたくさんありますが、ここは少しばかり違う角度からその意味を知ることができたからです。

神仏に祈ることで、ご利益が授かる、願いが叶うという体験を持つ人は、この世にたくさんいると思います。それはとても素晴らしいことだと思いますが、少し気にかかるのは、本当に正しいご利益であれば良いのですが、そうではない邪なものからくるご利益の場合もあることです。

人にご利益を与えたり、願いを叶えたりする存在は、正しい神仏だけではないということを、はっきりとワールドメイトで理解できました。ご利益の追求にばかり目がいくと、いつの間にか危ない世界に行ってしまいかねません。何がどう危ないのかについては、簡単な話ではないため今回は触れませんが、関心のある方は深見東州著「絶対運」「大金運」「神霊界」などに書かれています。

まずは自力運をつけることから

神仏のご利益を他力と呼ぶならば、正しい他力とは何か、どうすれば得られるのかについて、ワールドメイトで初めて納得がいく答えが得られました。それは、人の生き方に関する大事な教えでもありました。

まずは、自力をつけることが大切であること。それには努力が必須ですが、その結果として、他力である神仏の力が得られること。努力の多寡によっても、他力の働きが違うことは当然ですが、まず自力を身につけるための、あらゆる努力、工夫の仕方を具体的に聞くことができました。

努力することが大事なことくらい、当たり前のことだろうと言われそうですね。しかしそれがいとも簡単にできる人なら何も心配はいりません。努力しているけど、成果が出なくて続かなくなる人、そもそも努力することが思うようにできないという人も、たくさんいると思います。 私も、そこそこの努力はしてきたつもりでいましたが、努力の考え方が甘かったと思いました。そして、もっと上手に努力できるコツがあることもわかりました。もっと早くからわかっていれば、もっともっと違っていたのにと思うと、そこは少し悔しいですが。

潜在能力という自力を引き出すには

自力は、今表に出ているものだけとは限りません。眠っている自力もあると言われています。それが潜在能力と言われるもので、親とか先祖から受け継いだ素質、そして前世において積み重ねてきた能力の、2つがあるそうです。

プロスポーツや音楽のような実力勝負の世界でも、親子にわたって活躍する人たちがいますね。そういうのを見ると、やはり遺伝的な素質とか、親から受け継いだものがあるんだろうなと思いますよね。

一方で親は平凡でも、あるいは親とは全く違う分野で成功する人もたくさんいますね。それは、この世における本人の努力もさることながら、やはり前世で培った素養が関係していると思います。

そもそも同じ人間でありながら、同じように努力しても大きな差がつくのは、やはり生まれながらに才能のあるなしと無縁とは思えませんからね。

しかし、誰にどんな才能が眠っているのかは、本人にもわからないことが多いようです。自分の好きな分野、関心がある分野がそうであることもあるでしょう。今世は違う分野を磨くために生まれている人は、眠っている才能とは別な分野に進むかもしれません。いろんなケースがあるのでそこは複雑のようですが。

ある人物との出会いがきっかけで、思っても見なかった分野で成功したり活躍するようになる人がいます。そのような外部からの刺激によって、眠っていた前世の才能や素質が引き出されるとのことです。瞑想を行い、内在する自分を見つめることでは、けっして潜在能力が開花することはないそうです。

私も、ワールドメイトで深見東州先生との出会いから、大きく人生が変わりました。なぜ変わったのかは自分でもよくわからなかったのですが、思っても見なかった分野で力を発揮し始めたのは間違いありません。私にこんな能力があったのかと思いました。そしてそのきっかけは、やはり良き人物との出会い、私の場合には深見東州先生との出会い以外にはあり得ませんでした。

自力運と他力運で素晴らしい人生に

深見東州先生によると、そのような潜在意識の奥に眠っている能力を呼び覚ます中、自力運が上がっていくのですが、その能力や自力運を何十倍もの勢いでパワーアップさせるものが他力運になるそうです。そのように自力運と他力運は、ほんの一部で重りますが、この自力運と他力運が掛け合わされる時の爆発的な運が真の強運と言われていました。

その強運とは一時的なものではなく、永続性があるものですね。神社仏閣で祈願し、御利益が授かったというのは、一時的なものが多いかもしれませんが、本物の強運になるとそれがずっと続くようになるわけですね。

深見東州先生は、その強運そのものの方だといえます。ワールドメイト会員には、自力と他力の究極のかかわり方をどこまでも追求されて得られたこと、そのことについて、レベルに応じてさまざまな形で教えてくださいます。

自力を伸ばす努力をしていると、途中から他力も加わってくるわけですが、そのことを自助論では「天は自ら助くるものを助く」と表現したのでしょう。ただ自力を伸ばす努力をしても、すぐには結果があられにくいものです。そこには「善なる待機」と言われる、ある程度の時間が必要になります。「人事を尽くして天命を待つ」という故事がありますが、その意味合いを含んでいるように思います。

ワールドメイトでは、さまざまな具体例で、どのようにすれば自力を発揮できるのか、他力を発動させることができるのか、自力と他力の絶妙な組み合わせについての話を聞くことができました。それらの話を聞いてよく理解した上で、本気で実行すれば、それだけでも必ず良い成果につながるのは間違いないと思います。

その過程で、人生で本当に大切なものも自然と理解できるようになり、自分自身にも大きな変化があります。そこまでいくと、多くの人は素晴らしい人生になっていると思います。

おすすめの記事
最近の投稿