toggle
2015-09-09

ISPSハンダグローバルカップがHANDA.TVに登場


現在、HANDA.TVで、今年の6月に開催された、ISPSハンダグローバルカップの前夜祭、プロアマ大会と表紙式、本戦の最終日のダイジェストと表彰式が見られます。テレビやインターネットで放映されたものとは違いましたので、おそらく、このために撮られたものだと思います。イアンボールターや優勝した武藤選手らゴルファーたちの熱戦は、ユーストリームで見ることができます。今回のHANDA.TVでは、プロアマ大会と、深見東州先生を中心とした爆笑の表彰式が見ものです。ギャラリーの人たちも大笑いしてました。とても格調高い、内容のある話をされているのに、合間合間にジョークを挟まれて相変わらず面白いですね、深見先生は。お話が面白いというのも、才能のひとつだと思いました。

しかし、残念ながら、深見先生が表彰式でされたバフォーマンス「お代官様~。これでお許しを~、」というシーンはカットされてました。最終日に現地観戦に行ったゴルフ好きのワールドメイトの知人から、優勝者に贈られるグリーン羽織を着た武藤選手がお代官さまのようだったので、優勝商品の米俵をもらう時に、深見先生からいじられるというのを聞いていました。なので、その爆笑シーンをHANDA.TVで見れるかなと期待してましたけどダメでしたね。やはり会場までわざわざ足を運ばないとだめということでしょう。

20150909_1477412

 

ところでプロアマ大会も、しっかり見ることができました。ダフナーやシュワルツェルなどの招待選手のスイングが見れます。また、日本のメジャートーナメントで活躍中の日本男子プロも見れます。そして、障害者の方たちを招待してのラウンドですので、そのブレーの一部も見ることができますが、皆さん、上手でした。普通以上に、ガンガン飛ばされています。こういう素晴らしい福祉活動の一環としても、今回の大会は大きな役割があったことを知りました。深見東州先生の、ゴルフの社会貢献に関しては、こちらに書いています。

深見東州 ゴルフと社会貢献

そして、このプロアマ大会の表彰式における、深見東州先生の気合の入ったお話に、とても感動しました。日本のゴルフに関心のある方には、もちろん聞いてもらいたいです。また、ゴルフに関心なくても、いろいろな分野の停滞した状況を、どうやって変えていくのか、動かしていくのか、本当に経験と歴史と成功に裏打ちされた素晴らしいお話でした。

専門的な才能を磨いて、その道のトップになる人も素晴らしいですが、本当に凄いのは、社会に影響を与え、人を動かすことができるリーダーとしての頭脳、度胸、人間味を持つ人なんだなと思いました。

深見東州先生は、万能の天才といわれるほど、いろいろな分野で才能を発揮されてる人ですが、本当はこのリーダーシップが、皆を束ねて世の中に良い影響を与えることができることが素晴らしいと思いました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA